無料ブログはココログ

« フォレスター LLビーン | トップページ | アメリカで運転中、警官に止められたら。 »

2006年11月21日 (火)

交通行政 in US

 アメリカと日本、自動車交通に対する考え方がまったく違うように思います。

 アメリカは(州で違いますが)、ともかく車を”流そう流そう”とします。

 日本は、”車は走る凶器、止めよう乗らせない”という感じです。

Img_7874 この写真も、道路が5本交差するところで、一年に事故で3人が死亡していますが、3人目の事故発生時に点滅信号付いただけ。

日本なら、一人目で信号付くところです。

この道も45マイル(72㌔)制限なので、下手に信号つけて交通止めると今度は追突事故が多発することになります。

告訴社会で気は使いますが、自分でリスクは管理するといった基本は変わっていないようです。

 

« フォレスター LLビーン | トップページ | アメリカで運転中、警官に止められたら。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通行政 in US:

« フォレスター LLビーン | トップページ | アメリカで運転中、警官に止められたら。 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31