無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

居心地いいトライベッカ

 トライベッカのリアシートでうとうと。

 改めて居心地のよさを感じました。リアドアのガラスがかなり長いのでパノラマビュー。

 広くて、インテリアのアイボリーがいい感じ。

B9_room  家族4人でマイナス10度の中、雪だ氷だも関係なし。

 車内は平穏な時間が過ぎていきました。

 レガシィだとここまで和めないです。

 トライベッカ、おおらかで、抑えるところはしっかりしていて、ほんとにいい車。

2007年1月27日 (土)

Lexus LF-A

 Lexusのスポーツカーコンセプト LF-Aです。

 公式サイトはこちら。 http://www.lexus.com/fcv/lf_a.html

 ほんとに出るのでしょうか。

 過去、現在のレーシングカー、スポーツカーのモチーフの集まりのような気がして、いまいちオリジナリティーが感じられないと思うのですが。

 IS-Fの方がインパクト大きいかも。それと勝手な想像ですが、IS-200hに期待。

 Dscn0364

2007年1月26日 (金)

2008 アウトバック(米国のみ)

Dscn0350  米国仕様の2008年アウトバックです。

 フロントのボリュームを増してきましたが、後ろとアンバランス?

 現行のアウトバックがアメリカで今一歩の理由のひとつが、グリーンハウスならびに、リアのボリュームが乏しいためと私は思っているのですが。

 あと2インチ天井が高く、リアルーフの絞込みが少なければ、もっと売れるような気がします・・・。

スバルのデザイン 日米での比較

 スバルのデザイン、アメリカで見たほうがいいデザインと、日本で見たほうがいいデザインがあります。

 アメリカでのほうが良く見えるデザイン

 ・2代目のアウトバック

 ・3代目のアウトバック

 ・丸目インプレッサ

 ・初代フォレスター

 ・トライベッカ(たぶん。すごくマニア受けのするデザインですが・・・)

 日本でのほうが良く見えるデザイン

 ・初代レガシィ

 ・2代目レガシィ

 ・4代目レガシィ、アウトバック

 両国でまあまあのデザイン

 ・現行フォレスター

 ・現行インプレッサ

 なんとなくアメリカでの販売台数があらわしているような気がしますが。

 現行アウトバックなどは、アメリカでは ”なんだかな”ですが、日本では無条件に格好いいと思います。現行レガシィもしかり。デザインって難しいです。

2007年1月24日 (水)

雪道にトライベッカ

 アメリカで雪が降ったら、妻には”トライベッカ使え。”といいます。

 アウトバックのXT 250馬力だとウインタータイヤ履いてても少し不安。VDCないし。

 トライベッカ、標準のオールシーズンでもかなり雪道意識したタイヤだし、VDCがよく出来ているので安心感違います。

 アメリカ市場ではスバルのAWDはVDC標準か、必ずオプションにすべきですね。

 また、オールシーズンタイヤは雪道に強い方に振ったほうが安全です。安全第一。

2007年1月21日 (日)

ディーラーにて 

 レガシー マッキン付いてますが、この3週間くらい、なぜかAM放送受信中路面が荒れたところにくると微妙な雑音が。音がぶれるような不快な感じ。

 原因はわかっているようで、部品待ち。

 ステラなかなか渋いブラウン調の色追加。シートもダークなオレンジ、インパネも布調のアイボリーでいい感じ。

 ステラ雪道でも解ったように非常にいい車なので、埋もれさすのは惜しいです。

 こんなてこ入れ大歓迎!

2007年1月20日 (土)

ステラ スノードライブ

 ようやくステラで雪道走行。

 今年はほんとに雪無いです。山の頂上付近でやっと雪道。

 ブリザック REVO2の性能も凄いのでしょうが、ステラも普通車並みに雪道走ります。

 最初は緊張していましたが、帰るころにはリラックス。

 コーナーの加速でLSD無いことを思い出しますが、ビスカスのAWDとは思えないくらいです。

Stellaonsnow_1   車高、トレッド、タイヤサイズの違いからレガシィの高レベルな安定感はありませんが、必要十分以上。

 4輪独立サスペンションが良く働き、雪と氷が混じる荒れた雪道でも乗り心地は破綻しません。

 雪道走る機会の多い人は迷わずステラに決めてよいかもしれません。

 ABSも不満の無いセッティング。

 細かくタイヤロックさせながら最大限の減速かけてくれます。

 一度だけ左折でハンドル大目に切ってブレーキかけたら、思った以上に右に流れましたが(雪の下がミラーバーン状態)、そのときも挙動はゆっくりで不安感はありませんでした。

 さすがに雪道走行はスバル安心です。

 

Lexus IS-F 続報 写真リンク付

 だんだん詳細わかってきました。あっちこっちに”F”のエンブレムだらけ。IS500ではないようです。たぶん IS-F。

 ミッションはLexus LS460ベースの8速+パドルシフト

 ブレーキは、フロント14.2インチ 6ピストン、リア13.6インチ 2ピストン。

 タイヤはフロント 225/40 R19、リア 255/35 R19。

 メーターは300km/180mph。 レブリミットは7000rpm。

 写真は下記参照のこと。

 http://www.autoblog.com/photos/lexus-is-f/

 トヨタ本気で作ってきましたね。

 ちなみに USA TODAYによると、

 Lexus says,the IS-F is "a unique interpretation of raw driving thrill at all speeds."

 だそうです。好きだな。

 片方でエコエコいって、もう一方ではでかいトラックとか、5Lスポーツとか出来るトヨタってすごい。

 スバルもいよいよ ”Legacy STI”必要ですね。2.5Lターボ 360馬力 AWDで、通称”スバル360”とか。

2007年1月19日 (金)

ステラ カスタムSTI

 東京オートサロンのステラ カスタムSTI、面白いですね。

 ステラ版 tuned by STI、かそれ以上です。

 ステラは、ムーブとかと比べると、いろいろなところに無駄がありますが、それがゆえにこんなチューンが出来ちゃうのですね。

 昔の零戦に対する、改良に対応できた欧米戦闘機のようなものかな。

 STIが部品出してくれたら、だんだんチューンしたいです。

 レガシィ tuned by STIとステラ STIチューン組み合わせいいですね。

 あとトライベッカが出ればなんの文句もありません。(これもSTIチューンで。)

 妻と、娘と、私の3人で上の三台の組み合わせ、最高っす!

2007年1月17日 (水)

Lexus IS-F vs Legacy tuned by STI

IS-F、欲しいモードから冷静に考えてみる。

・ポルシェチューン・・・ポルシェのエンジニアリング子会社による、チューンだと思う。他社例からいって操安と乗り心地のバランスは取れていると思う。

・V8 5L・・・ISの車体にV8 5L突っ込んでいるので、やはり直線帝王の感じはあるのではないか。アメリカではそれで十分だが、日本ではどうか興味がある。デザインは少し頭でっかちで零戦64型を思いだした。

・出力・・・450馬力から500馬力の間か。どっちにしても十分以上。tuned by STIの260馬力(AT)~280馬力(MT)とは大差。

・駆動系・・・FRですよね?電子デバイス目いっぱい入れて、いいタイヤ履けばそんなにやばくなく500馬力弱を吸収可能。ドライなら。ウエットならtuned by STIでいい勝負するかも。

・ブレーキ・・・写真の感じではブレンボクラス以上か。tuned by STIのブレンボも実はタッチはインプレッサSTIのやつより良かったりします。この辺も微妙な勝負か。

・値段・・・日本で650万くらいから?もしそうならtuned by STIの400万と比べてもそんなに高い感じはしない。BMWにはちょっと脅威かも。

 もしお金があっても、試乗しないで予約という感じではないですね。ちょっとしたコーナーで気持ちいいかどうかが判断ポイント。

 気に入った方は、日本で売り出したら、速攻でLexus店直行ですね。デリバリー台数も少ないでしょうし、知り合いの車好きのお金持ちの目の色変わってきてますから。

 私の場合、その他、あれもこれも考えると、tuned by STIって結構いい線いってるのが改めて解ったりして。

 次期インプレッサSTIも結構よさそうだし。今年はスポーツモデル当たり年かも。

2007年1月14日 (日)

iPhone

iPhone使用方法見ました。

 これは長年のキャリア変えてもiPhoneにしたい。

 15年越えの日本のキャリアも、7年越えのアメリカのキャリアも変えちゃいます。

 それほどのインパクト。日本ではどこの会社から出るのでしょうか?

2007年1月13日 (土)

女は怖い?

 昔、妻が3代目レガシー初期のGT-Bから、E-tuneⅡに乗り換えました。

 納車後、街中の中速コーナーを曲がり切ったら、”今度の車、凄くいい”、”カーブの安定感が違う”と言いました。

 E-tuneⅡ、サス、ボディがなんだかんだと強化されていて、初期の3代目とは別物に近いです。

 ”うちのおカーちゃんでもカーブ一個でわかるのか!”と驚いた記憶があります。

 奥様方、意外と走れる、わかる人も多いです。(難しい用語は別にして)。スバルは走りも忘れないでね。

Etune2

2007年1月12日 (金)

カートピア

 ”カートピア”というスバルの広報誌があります。

 毎号、結構面白い記事が出ています。

 1月号の記事の中で、SIドライブ、SIクルーズのレガシィ3.0Rでどのくらい長距離走れるかという記事がありました。

 高速80k巡航でリッター15キロ。SIドライブより、SIクルーズの威力かな。

 私のtuned by STIはクルーズコントロール無いので、80k巡航は不可能です。右足が我慢できません・・・。

 でも、もし80k巡航根性ですれば、この記録は破れるかも。

 それほど、最近tuned by STI燃費がいいです。

2007年1月11日 (木)

Lexus IS-F ( レクサスIS500 ?)

 Lexus IS-F、写真、資料が出て来ましたね。

 http://www.lexus.com/fcv/is_f.html?_ocid=11305

 5LV8 0-60マイル 4.9秒 パドルシフト付きオートマ。

 写真で見ると少しエグそうですが、実物はなかなかと見た!

 これでベース5万ドル切ってればすごいです。

 BMWもベンツも、”レクサス? 中身はトヨタでしょ。” と言えなくなる。

 ほんとに初めて欲しくなったレクサス。

  右上のカテゴリー ”Lexus”も見てね。私の撮ったIS-Fの写真も載ってます。

2007年1月10日 (水)

ステラ NAVIオーディオ その2

"性能、音の評価は次の機会で。"とか書いてましたが、9月のバックナンバー、9月24日の記事にすでに書いてありました。 (まずい、物忘れが・・・)

 その後の印象の変化はありません。

 今、考えているのはいかに内部スペース食わないで、サブウーハうまく入れ込むか。

 やはり、低音と中高音は分けた方が、日ごろBOSEの音聞きなれた耳には心地よいようです。

 オプションのラゲッジリッド形状の板に穴あけて、裏にTS-W2010サブウーハー組み込み、隣にGM-A3200アンプを入れて配線しとけば、通常は荷物も入り、さらにボード外しも可とよさそうです。

 まあ、暇見つけてポチぽちグレードアップします。

 

2007年1月 7日 (日)

ステラ NAVIオーディオ その1

 ステラ、NAVIオーディオ無理しちゃいました。

オーディオレスのRS買って、最初はNAVI無し10万円以下で最高のパフォーマンスのオーディオ組むという目標でいろいろ考えていたのです(昔、コンポではやった考えです。DENONの39800円のアンプに、どーのこーの)。

 ところが、久しぶりになじみのショップへ行ったら、びっくり。プチハイエンドオーディオ思考に変化(アキュフェーズとまで行かなくても、DENONの15万クラスのアンプ中心にくらい)。おかげで自宅のオーディオは10年更新無しに。

 見た目、純正以上のフィッティングを目指し、

Navi

 ヘッドユニット:パイオニア サイバーナビ AVIC-ZH009 オーディオスペースと完全に面一。すごく美しいです。

 スピーカー :TS-J12A(ダッシュ)とTS-J16A(Fドア)

 オプション :光ビーコンVICS、iPodアダプター、携帯接続コード

 ETCはパイオニア純正だとダッシュ上にアンテナが来るそうで、パナソニックのアンテナとスピーカー一体型。これもなかなか優れものです。

 スピーカー妥協しましたが、ツイーターが中なので外観は完全純正。

 iPodアダプターと携帯のコード、取り付けショップがシンプルにセンターコンソールから床に出してくれました。最初は”むむ”と思いましたが、これは大正解。

 カーペットの下を通して、フロントシートの間に出しました。一人乗車が多いので、助手席に携帯とiPodを接続したままでパタンとシートをワンタッチで前に倒せば外からはまったく見えません。防犯上もバッチリ。ちなみに小さなかばんならつぶれずにOKです。

 ステラオプションの助手席が前に水平に倒れるユーティリティーパッケージ、オススメです。近づくだけで鍵も開くし。

 性能、音の評価は次の機会で。

 

 

 

2007年1月 5日 (金)

tuned by STI とE-tuneⅡ

tuned by STIとE-tuneⅡが集合しました。

 E-tuneⅡ2回目の車検を取った後ですが、いまだ新車然としています。

 tuned by STIもいいですが、E-tuneⅡもこれはこれでとても良い車です。

 ワゴンとしては4代目で無くなった、ラゲッジネットがあるので、後方視界さえ我慢すれば、でかいスーツケース3個に、キャリーオンバッグやらなにやらどんどん積めちゃいます。

 タイヤをBSレグノに換えて、車検したら新車みたいになりました。スバル丈夫です。

Stiandetune2

2007年1月 4日 (木)

ステラ大人気

 久しぶりに家族全員そろいました。

 ステラ家族に大人気です。街中どこに行くのも4人乗りでステラ。

 かさばる買い物も、なぜか収まってしまいます。

 混んだショッピングセンターの駐車場も、軽専用Pが使えるので得します。

 妻いわく、”軽自動車じゃないみたいで、運転しやすい。”

 子供いわく、”この距離感がちょうどいい、話が弾んで好き!”

 レガシィ tuned by STIは車庫でお留守番。

 いやー、こんなに評判いいとは思いませんでした。

 4人乗っても街乗りで安全性に不安が無いところがすごいです。

 ルーミーなのに、しっかり囲まれ感があります。シートも大きくてがっちり。

 乗り心地は4人乗っても及第点で、ハンドリングの悪化もありません。

 小さくてしっかりできている車、いいですね。

 

 

 

2007年1月 2日 (火)

ステラで雪道走りたい!

 お正月降った雪ももう路面には無いそうです・・・。

 ステラのブリザック REVO2も活躍の場面なし。

 早くステラのAWD試したい。

一番安全な車、B9トライベッカ

 今日も、ハリアーとかムラーノたくさん見ました。これからCX-7も増えてくるのでしょう。

 トライベッカ、日本で乗りたいです。3列目狭いとはいえ、7人乗り。

 スバルの中で一番の乗り心地、2tもあるのに軽快なハンドリング。

 安全性も折り紙つき。アメリカの安全性評価でトップ。

 実は身をもって体験済みです。

 アメリカで、前方左折車のため止まっていたら、後ろから突っ込まれました。

 相手はカマロのV8モデル。前くちゃくちゃで廃車になったとのこと。

 トライベッカはなんと室内異常なし。ちゃんとリアハッチもドアも問題なく開きました。

 鞭打ち防止ヘッドレストが働いて、事故の割には入院も必要ありませんでした。

 これなら7人乗っても、怖くて3列目子供乗せられないなんてことはありません。

 3列目も強固な構造。AWDでしかもVDC標準。パッシブとアクティブ両方でこんなに安全な車ありません。

 日本の交通環境なら、シートベルトさえきちんと着用していれば、まず大事には至らないと思います。

 日本の大型ミニバンよく高速でかっとんでいますが、トライベッカの操縦安定性とは大きな差があります。安全マージン大違いです。

 スバルさん、ぜひとも日本導入検討の再開お願いします。

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

 今年もブログ続けますのでよろしくお願いします。

 2007年スバルは、インプレッサとフォレスターがモデルチェンジするらしいです。

 今の2台の買い替えに悩む車になって出てくるか、楽しみです。

 Tunedbysti2007Stella2007

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31