無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

丸目インプレッサWRXワゴンとTAB

Img_2061_1  懐かしい写真が見つかったのでアップします。

 アメリカで妻が乗っていたWRXワゴン。

 後ろはドイツメーカーのものをアメリカのRVメーカーがノックダウン生産した、TABというキャンピングトレーラーです。

 あのころ、イエローストーン公園にキャンプに行くという計画をしていました。

 あそこは熊がでるため、折りたたみキャンパー不可なので、インプレッサで引ける2000ポンド以下で、ハードウオールのキャンパー探しまくって、やっと手に入れたものです。

 学校の関係もあり、まとまった休みが取れなくて、結局計画は流れましたが、WRXいい車でした。

 TAB、日本でも買える様なので欲しいのですが、実際は使わないでしょうね・・・。

2007年2月27日 (火)

M3 ブラッドレー

M2 スバルブースの隣はなんと USARMY.

 M3 ブラッドレーが持ち込まれていました。

 会場で一番高い ”アメ車”か?

 M3inside 後ろはこんな感じ。ミサイルが中に10発?積めるようになっているのでM3だと判断できます。

 しかし、このミサイルラックの設計凄い。

 機能を突き詰めています。

 車体の前半分は狭くて、ゴツゴツしていて大変。この中で時速60キロで飛ばされたら凄まじいだろうな。

 

Scion xB

Xb アメリカ版bBです。私、最初のbBモデル大好きでした。

 ポップなようで品もありました。

 New xBは悪くないですが、先代を超えたかというと難しいところもあります。

 展示は力入ってました。

2007年2月22日 (木)

Lexus LF-A vs TOYOTA FT-H vs Audi R8

Lfa  レクサスLF-Aです。

 改めて実車見ても最初の印象変化なし。

 古今東西のレーシングカー、スポーツカーのモチーフの集合体風。

 量産するとすれば、もっと手が入るのでしょうが、MID-4みたいな運命にならなければ良いが・・・。

Hybridsports  トヨタFT-HS。個人的には、インパクト凄く受けました。新しい感覚。

 これが正常発展していったら、ドイツのメーカーも怖いかも。

R8  こちらはそのドイツのメーカー。

 アウディがこんなの作るんですね。

 ドイツメーカー間の住み分けはもう無いってこと?

 皆さんはどれが一番いいですか?私はFT-HSデス。

2007年2月21日 (水)

2008アウトバック と 2007トライベッカ

2008outback  2008年モデル米国仕様アウトバックです。

 クライスラー風のグリルになりました。

 2007年モデルから、2.5Lターボにも待望のVDC、タイヤ空気圧警告、SIドライブ付いたりしてかなり進化しています。

 でもアメリカの人、大きいですからルーム不足は否めません。

2007b9  トライベッカ、そんなに売れてませんが、人気はあります。

 販売力が付いていかない?

 乗ってみると、乗り心地、ハンドリング最高です。

 

マツダのCX-7よりいいんじゃないかな。

 ほんとに万能車。

コブラ

Cobra レプリカかも知れませんが、やはりコブラいいですよね。

 永遠の憧れ。(憧れだけにしといたほうが幸せ?)

2007年2月20日 (火)

SUBARU vs TOYOTA

 会場でスバルがトヨタに圧勝していたのがこれ。写真にはありませんが後ろは列作ってます。

Gt4  ちなみにトヨタのはこれ。

この辺は航空機の実績があるスバルの勝ち。

 

Toyotagame_1

レクサスLS 大人気の展示

 今回行った米国のオートショーで一番人気だったのは下の写真。

Ls460parkingsys  何やってるかわかります?

 ドライバーのお姉さんが窓とサンルーフから手を出してます。

 LS460の自動縦列駐車の展示です。

 ほんとにブレーキ踏むだけで自動で縦列しちゃうのですね。

 実際の路上では私はちょっと引いちゃいますが。

 いろいろなフェイルセーフがあるらしい。

 私はアメリカの田舎に7年住んでて、縦列駐車は免許の試験で一回やっただけです・・・。NYとかシカゴでこれやったら、インラインスケーターとかスケボー小僧とかメッセンジャーバイクにぶつかりそうで・・・。日本の表参道なら必要かもしれませんが、この巨体で縦列すること考えれば、ステラでチョコっと駐車した方が楽な気が・・・。

 でも観客は一番集まってました。

2007年2月18日 (日)

オートショーにて レクサス IS-F ( IS500 ) VS WRX

 Isfside 米国のオートショー見てきました。他国と違ってコンパニオンはいません・・・。

 IS-F実車結構いいです。Lexusのイメージ変えます。

 アメリカ、スポーツコンパクトブーム急速にしぼんでしまいましたが、高級スポーツはありでしょうね。

Isffront_1

 数売るつもりは無いでしょうが、お金持ちのセカンドカー(!)需要取り込みそうです。でもなんでイメージカラーはブルー?

Wrxrally  ブルーの本家はこちら。イメージは市販のSTIと変わらないので、現行WRX STIを少しブラッシュアップすれば意外とIS-Fのライバルになるかも。

Wrxsti

 WRX、スポコンブームにあまり影響受けてないのでイメージも悪くありません。

 IS-FとWRX比べる人は少ないでしょうが、個人的には激しく悩みます。AWDは魅力です。

2007年2月17日 (土)

SRT8 タクシー

 朝、ホテルから空港までタクシー頼んだら、なんとダッジ マグナムのSRT8でした。5.7L HEMI オーバー450馬力。

 料金は普通のボロボロのタクシーと同じ。

 ちゃんとウインタータイヤ履いて、パイオニアのナビ・シリウスオーディオ付。

 リアに乗りましたが、なんとなく乗り心地がtuned by STI風。

 なかなか快適でした。

 この手のメーカーチューンの車乗ると、スバルのSTIはいい仕事してるとよくわかります。

 ドライバーのおじさんも半分趣味でやっている感じ。信号やインターチェンジでは時々アクセルドカンと踏んでくれます。

 大排気量エンジンの感じもいいなあ・・・。

 

2007年2月15日 (木)

Winter storm ! 冬の嵐

 ここ 二日ばかり、”Winter storm”でどうにもならず。

 中途半端に気温があるせいで、みぞれ交じりの雨が地上で瞬間凍結。

 写真のように、車に氷のコーティングしたようになってしまいます。

Freezing_rain  郊外では、道路もあちこち通行止めで、こうなるとウィンタータイヤ履いたアウトバックが頼りです。

 二日間学校も緊急に休み。(凍結でバスが動かない、また停電の可能性大)

 会社も、午後操業中止、翌日も昼から。(通勤できない、できても危険)

Freezing_and_snow  昨日夜から、朝まで、緊急車両以外の通行禁止。

 おまけに雪まで降ってきて、この通り。写真ではただの雪ですが、表面はうっすら雪をかぶった0.5インチの氷です。

 車庫のトライベッカはシャッター開けたら氷の8インチの段差突破できず。外にアウトバックいるので勢いつけてドーンもできず。オールシーズンタイヤの限界。ウインタータイヤなら楽勝でしょうが、18インチの255 50サイズこの辺では売ってない。

 念のために外においていたアウトバックで出勤。

 写真とったすぐ後、除雪車が来てくれたので喜んでいたら、家の駐車場と道路の間に壁作られてしまいました。

 アウトバックで強行突破。こういうときやはりLSD付のAWDは良い。腹擦りながらもじりじりと脱出。

 アップダウンの激しい圧雪路に出てもそんなに不安なく45マイル走行。スバルのAWDタイヤさえ良ければ最高です。(タイヤ悪ければがっかりですが。)

 日本では車高の低い車に乗ってますが、アメリカではアウトバック、フォレスター、トライベッカと最低地上高の高い車ばかり。tuned by STIこの地域では乗れません・・・(道路に穴もあるし)

 アメリカでSUV、クロスオーバーが大人気なわけがわかります。カッコでなく実際必要なのです。

2007年2月13日 (火)

スカンク!

 今日は尾篭な話ですみません。

 会社行くとき、強烈なにおいが車の中に。卵の腐ったのとも少し違う、なんともいやな臭い。

 ”スカンク轢かれてるのか。” 轢かれたスカンク踏むと2週間くらい臭いが車の中から抜けません。

 この辺田舎のせいで、轢かれているのは、スカンク、アライグマ、リス、鹿。

 北米では、スカンク、アライグマ、リスは狂犬病を持っている可能性あるので、いくら可愛くてもリスに餌付けなんてトンでもありません。

 鹿はぶつかると大事故になるので、要注意。

 ポリスに鹿のウエイティングリストがあって、ポリスが轢かれた鹿を発見し、まだ新鮮だとリストの人に電話。すぐ取りにこれる人に渡すとのこと。

 Rural life is fan.

 

2007年2月11日 (日)

雪の後

 空は快晴、気温はマイナス10度が続いてます。

 洗車したいのですが、近くの自動洗車機は凍結のため使用中止。

 アメリカ、岩塩バンバン撒くので車は真っ白。

 明日は洗車専門店にいかねば。

B9_4

2007年2月 9日 (金)

悪路に一番強いスバルは?

 初めて四輪駆動のスバルを買ったのは、確か昭和60年(1985年)でした。レオーネの最後のモデル。

 レオーネGTセダン パートタイム4WD 3速AT、エアサス。1800ターボでなんとグロスで135馬力、JISだと120馬力!。インタークーラー無し。

 デジタルメーター、トリップコンピュータ付なのに、なぜかラジオは、なつかしの選局プッシュボタン。友人からさんざ馬鹿にされました。

 でもこれ雪道抜群に良く走りました。出始めのスタッドレスBS WT-02で。エアサスで車高調整もできたので、ノーマル車高でどんどん雪山道走っていって、スタックしたら車高上げて脱出なんてことしてました。アプローチアングルがすごくあったので多少の路面の段差は全く気にならず。

 山を登っていって、圧雪路になるとハンドリングもドアンダーからスポーツカーに変身。

 初代レガシィVZエアサスになってミシュランのXM+s100スタッドレス履きましたが、最初雪道ですごく疲れました。フルタイムがかえって仇になったようです。高速性能は段違いですが、悪路性能はかなり落ちました。タイヤ自体はとてもよかったです。

 レガシィGTに換えて、リアLSD付いたらずいぶん良くなりました。

 レガシィからずいぶんオンロード重視になったので、悪路、雪道(非除雪)一番はレオーネの車高調節付き(油圧とエアサスありました)のパートタイムデュアルレンジではないでしょうか。

 

2007年2月 7日 (水)

大雪とアウトバックとトライベッカ

 寒波の次は雪でした。

 久しぶりの雪のせいか、除雪が間に合わず路面は真っ白。気温摂氏マイナス10度。

 前走っていた車が、左の路肩に突っ込んでいきました。こわー。対向車来ていたら大事故です。

 この雪みて実験してみたくなりました。

 AWD+VDC+ノーマルオールシーズンタイヤのトライベッカと、AWD+リアLSD(VDCなし)+ウィンタータイヤのアウトバック、どちらが走りやすいか?

Outback_and_b9  このような非除雪の圧雪路では、やはりVDCよりタイヤ性能です。

 アウトバックの圧勝。特にブレーキングディスタンスが違います。

 微妙に重心の低さ、重量の軽さ(トライベッカ マイナス380キロ)のメリットも感じました。

 トライベッカもウィンタータイヤ履かせればすばらしいと思いますが、オールシーズンの限界を感じます。

 特に、アウトバックに履かせた、ダンロップのウィンターM3というタイヤがいいのです。

 ドライでも純正タイヤよりいい感じ。多少燃費は落ちる感じですが、履きっぱなしでもOKなくらい。

Dunlop_m3  雪道絶対性能ではBSのREVO1や2に敵わないでしょうが、ドライ、ウエットの高速移動距離の長さや路面の悪さ等を考慮すれば、アメリカではこっちのほうがいいかな。

 ちなみに米国版アウトバック純正のオールシーズンタイヤ BS ポテンザRE92Aは最悪。ウエット、スノーで滑りまくり。

 2.5Lターボには対応できてません。アメリカでは、もう少し良い純正タイヤを履かせたほうがスバルの将来のためです。

 

 

 

2007年2月 6日 (火)

カヌー アンド フォレスター

 あまりの寒さに、今回は夏の思い出。

 アメリカの湖で良く見る光景です。

2006072916_1  カヌー、カヤックやる人の車、ほんとにスバルが多いです。

 湖ちゃんとコントロールされていて、エンジンボートの”アイドル ゾーン”か”エンジン禁止エリア”ではカヌー、カヤックの天下です。

 この辺は基本的に特大ため池なので、澄んだ水は望めませんが、蓮の下のバス狙ったり、イーグルネストエリアで双眼鏡で見たり、なかなか楽しいです。

 

 

 

寒波来襲!

 この地域、ここ一週間寒波来襲中です・・・

 華氏で0度。摂氏で言うとマイナス18度弱。頭キーンです。

 0f

 日本は春らしいですね。

コルツ優勝パレード

 今日(月曜)夕方から、コルツの優勝パレードがありました。

 コルベットのオープンカー先頭に、選手たちはGMアバランチェに引かれたトレーラー!もう少し暖房が足元効くようなものなかったのかしら。

 もしかして、優勝するとは思ってなかった?

 摂氏でマイナス10度の中、手袋もなしでご苦労さんです。さすがにこの寒さでは沿道の観客も少なめ。

 市中引き回し(1時間以上!)のうえ、RCAドームへ。

 さすがにドームの盛り上がりは最高。

 背番号88番のハリソンが無理やりマイクの前へ。”・・・Thank you・・・”。仕事は出来るが、口数は少ないって感じでよかったです。

 来年はどうなるか楽しみです。Go! COLTS!

 

2007年2月 5日 (月)

NFL コルツ優勝!

コルツ優勝! 29対17。詳細はスポーツチャンネル見てね。

 キャデラックのCMもGoodでした。砂漠の一本道走る、初代キャデラックから、歴代キャデラックが次々メタモルフォーゼ。やはり50年代がベストですね。

 ともかくおめでとう! コルツ!

スーパーボウル サンデー

 今日はスーパーボールの決勝日なので、夕方から前の道、車がほとんど走ってません。

 月曜日、学校は2時間ディレイだそうです。(天候のためとかいって、本当か・・・)

 インディアナポリス コルツ と シカゴ ベアーズ。

 夕方は、ピザ屋の前のパーキングいっぱいでした。

 ピザ食べながら、バドワイザー飲んで観戦。ほとんどの家そうだろうな。

 車関係では、コマーシャルでやけにGM力が入ってます。

 GMブランドの広告ですが、いつもとは少し違います。

 不良品作ったロボットが、GMの工場を出て行って、いろいろな職業を転々としながら、最後は川に飛び込んだら、夢だった(ロボットの)、なんてのは少し泣かせます。

 まあ、今日は全米お祭りですから。今のところ 22対17でコルツ優位。

 

2007年2月 2日 (金)

Lexus, LSよりIS-F

 ぽちぽち見るようになってきた、LS460ですが、偉い人が後ろに乗る車としてはパーソナルカーの雰囲気が強すぎる気がします。セルシオの方がそれらしい。

 日本ではレクサスのイメージリーダーはLSでなくIS-Fになるのではないでしょうか。

 ここでスポーツイメージ出しておけば、トヨタも含めいい影響が出るでしょう。

 実車路上で見るのが楽しみです。

 

 

2007年2月 1日 (木)

アウトバックとフォレスター

 フォレスターはインプレッサベースなので、本来はレガシィベースのアウトバックより小さいのですが、リアの見た目はフォレスターの圧勝。実際乗ってみると見た目ほどの差は無いです。

 写真のように後方視界もフォレスターいいです。これが来年?モデルチェンジすると、アメリカではアウトバック売れなくなっちゃいますね。

 日本で見ると、レガシィ、アウトバックの方がものすごくかっこよく見えますが。

 デザインって、ほんとに周りの風景に影響されるのですね。

Forester_and_outback

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29