無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

2008 Tribeca and Lund boat.

2008_tribeca_boat_rump2008 Subaru Tribeca and Lund Aluminium boat, a good combination!

If you are not heavy boat user, please try Subaru Tribeca and light boat combination.

At weekday, you can safty and sporty drive by Tribeca.

Early morning on weekend, your kid's sleep well in Tribeca's silent and comfortable room.

When Kid's eye open, they can see beautiful lake. Enjoy boating with Subaru Tribeca.

 2008年モデル トライベッカとLund ボートです。

 妻が自分でボートをランプから下ろせるように練習中。

 ”B9”が取れてから、デザインは随分コンサバに。遠目に見るとトヨタ車風です。

 エンジンが3.6Lになったので、ボートを引くときは本当に良くなりました。

 これなら途中に山道が入っても大丈夫です。モデルチェンジの最大の効果。

 レギュラーになったのに燃費も同じくらいです。ただ55マイルのときのエンジン回転数が3.0Lのころと同じようなので、もしかしたらギア比は同じ? ならこの索引時の走りやすさも納得です。

 燃費は高速中心で270マイル走って(索引なし)で20.3MPG。ボート索引して一般道100マイルで14.0MPG。新車のためか燃費はいま一つ。3.6Lもあるのでもう少しハイギヤードでも良かったかも。

 乗り心地、安定感は大幅に向上し、これなら800マイル/DayもOKですね。

 ハンドリングはなぜか”B9”トライベッカの方が随分スポーティーな感じ。絶対的パワーは別にして、3リットルエンジンも良く回り(バイワイヤのプログラムがそうなっているのかも?)、いい感じでした。

 今度の3.6Lはアメリカ的。とても走りやすいですが回転にメリハリがあまり無い。まあ出たばかりなのでその内見違えるようによくなると思いますが。

 スバルマニアの私としては、車は非常に良くなっているのに今ひとつハートが燃えません。”B9”と比べてなにかが違うんですよね。

 ディーラーに聞くとこの車も含めて先週6台売ったそうで、販売的には成功のようです。

 3.6Lトライベッカは素性は大変良いので、私のようなマニア向けに ”tune by STI”でも出してくれませんかね・・・。

2008_tribeca_boat

2007年7月30日 (月)

New Tribeca.

 3.6Lトライベッカであちこちへ。

 更新できる環境になったら、アップします。乞うご期待。

2007年7月22日 (日)

Impreza 20S テストドライブ。

 小雨の中いつものコースをテストドライブ。

20s

 インプレッサ20S 2000cc、140馬力、AWD。

 動力性能ははっきり行って普通。通常ユースでは不満なし。市内や流れる一般道などでは非常に軽快。高速の追い越しや、山道の登りを飛ばすと不足感が出ます。

 でもそれでどうかというとトータルバランスでカバー。いつものテストコースで最もリラックスして乗れた一台。

 コーナーでも普通の速度ならオンザレール。凄いのは”しまった、荒れた道で突っ込みすぎた!”と思ってもサスがフルバンプしない(してるのかも知れないがボディー剛性も十分なようで解らない?)。とにかくハンドリングの奥が深い。

 乗り心地もあらゆる路面で、フラット感を維持。勘に触るような振動やぶれもなし。これ200万の車ですよ・・・。名だたるヨーロッパ車より実質いいんじゃないか?

 ちょっと上すぎるように思えたナビの位置も、下すぎるように思えたバックミラーも、これはこれで視線の移動が最小限でいいかも。

 リアタイヤ周辺からの水跳ね音や、石跳ね音などは目立ちますが、それがどうした?といえる車です。

20srear  280キロ走った燃費は11.5km/ℓ。もう少し伸びて欲しい気もします。

 スバルは走行距離につれ燃費が向上する傾向がありますので3000キロ過ぎたらもう一度トライかな。

 ほんとにギミックは一つもない。本質を磨きぬいた5ドアで、スバルの車つくりはこれで良いんだよなと納得できる車でした。

2007年7月19日 (木)

おかげさまで一周年。

 昨年7月18日の初めてのステラ記事アップ以来、なんと一年が過ぎました。

 日記は常に三日坊主だった私が、一年間続けてこられたのは、皆様の応援と、やはり自動車の面白さ(一部他の乗り物もありますが)のためでしょう。 

  ステラとtuned by STI、金レガ、B9トライベッカ、アウトバックXT、フォレスターLLビーンと日米、新旧のスバル車に囲まれて思うことは、”スバルって次から次へ発見があって、奥が深くて飽きない”ということでした。8年目の金レガですら新たな発見があります。

 これからもスバルや気になる車、船や飛行機を追い続けますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

ステラ・・・一年経過故障なし。いまだ乗ると”いいな!”て思います。

レガシィ tuned by STI・・・やっと乗りこなせてきたかな。2年間でマイナートラブルは3回。燃費の良さと絶対性能は抜群。軽いっていい。乗り心地も向上中。

金レガ・・・一箇所でも調子が悪くなったら下取りに出そうと思ってはや5年。8年間故障・トラブルほんとにゼロ。直進性抜群、アイドリング振動も最小、DSP無しアナログマッキンの音最高。ここまできたらどこまで最高の状態が維持できるかレトロカーの世界へ。

B9トライベッカ・・・これは文句なしにいい車。故障なし。ボート引くときパワー不足なので、3.6Lトライベッカも気になります。

アウトバックXT・・・新型と比べるといろいろ問題もあり。(VDC無いとか。)ただ真っ赤なメタリックが最高にかっこいいので、妻、手放すつもりなし。

フォレスターLLビーン・・・最高の使いかって。視界も現行スバル車最良。ともかく乗りやすく、しかもハンドリングはスポーティー、乗り心地は堅くなくやわらかすぎずベストチューン。娘のためには本当にいい買い物した。

 

2007年7月17日 (火)

CNG Legacy. レガシィ CNG

Cnglid_2  この変わった燃料注入口はなに?

 超レアもののレガシィのCNG(天然ガス車)です。

 現在は生産中止?ですが2004年にデビューしました。  (初代は2002年から)

 Cngb

給油?はこんな感じ。時間はガソリンの給油と大して変わりません。満タンまで2~3分。

車自体の外観も変化無し。

最大の相違点がトランクの中。大きなボンベが2本。

乗った感じは普通の2.0i。特に変わったところもなし。Cngavg Cngtank 燃費計はℓでなくN㎥。

車燃料の多角化は人間の食料からの燃料以外進めるべきなので、スバルのこんなチャレンジも歓迎。

ただ少量生産のため、史上最も高いレガシィだそうです。

2007年7月16日 (月)

Grumman F4 Wildcat

F4ワイルドキャットの着艦シーンです・・・。ちゃんとアレスティング・フックまで出して。

零戦でこのシーン見られたら最高ですね。

F4

2007年7月15日 (日)

台風とtuned by STI.。

 台風の影響による雨の中、tuned by STIでドライブ。

 やはりスバルって、条件が悪くなればなるほど、”いい車ね・・・”と思います。

 ぬれたワインディングもオンザレール。VTD(四駆の前後輪トルク配分コントロール)がバッチリ効いてます。

 30ミリのローダウン、条件が悪くなるとメリットをはっきり感じます。

 ごついワイパーも雨を確実に拭き取り、頼りになるハンドル剛性、ブレーキ剛性。

 レガシィ tuned by STIっていいわ。これカタログモデルにしてもいい気がします。

Tunedbystinight

2007年7月11日 (水)

新旧インプレッサ

 偶然撮れた新旧インプレッサ。両方とも1.5リットル、FF。

Impreza15s  こう比較してみると、ワールドカーへの脱皮が一目瞭然です。

 スポーツワゴンもいい車でしたが、後半は値段が訴求点になっていました。

 車のモデルチェンジごとの拡大には批判的な私ですが、今回は必要だったと改めて感じます。

 新型15Sはエンジンよりシャーシ、ボディが完全に勝っている車で、非力ですが結構魅力的です。乗っていて、”これでいいかも。”とふと思う時があります。

 最初、”あれ!”と思った、バックミラーの低い位置や、壁のように感じたダッシュボードの高さも、全然気にならなくなりました。

 過剰な装備はありませんが、乗り心地やハンドリングの奥深さはレガシィ以上ですし、ダッシュのプラスチッキーな質感なども不思議と気になりません。(トライベッカも同じ。)

 インプレッサのほうが金レガの正常進化版のような気がします。(レガシィ tuned by STI毎日乗るのは結構気合が必要です・・・。)

 車としての基本性能の高さでは、1.5FFでも現行国産車の中では最高の部類だと思います。最高の蕎麦屋の掛け蕎麦みたい。

 こういうのは世界的にじわりじわりと評価されてきますね。

 ごちゃごちゃオプション付けないで素で乗るのがかっこいいかも。

 

 

2007年7月10日 (火)

B17 Bomber.

B17のアップ写真。やはりプロペラ機最高だわ。いつかエアショーで隼とか疾風とか飛ぶのを見たい。

B17takeoff1

2007年7月 9日 (月)

Impreza S-GT

カーキャリア上のS-GTのリアを見上げたところです。なんとなくロボットアニメ風。

 LEDリアランプは反応も速く、安全に寄与すると思いますが、ちょっとデザインはなじめないかな。

 雨の日ウインドー越しの午後7:00過ぎの写真で見にくいですが、最近のコンパクトデジカメの手振れ補正って効くんですね。

Sgt

2007年7月 5日 (木)

Air Show Season.

  夏です! エアショーシーズンです! 最近見にいけませんが、2005年の写真。

P51b25p38 B25とP51とP38。

B17  もっとも好きな大戦機の一つ、B17。

B22  いきなりB2ステルス。カメラのAFが効きにくい。

B21  これ視覚的にも見えにくいです。

Bac130

Bacloss_3 Bapass_1

最後はブルーエンジェルス。C130のロケット使用離陸から、各種演技項目へ。さすが戦闘機の大迫力。(2007年4月、6番機がショー中墜落、パイロットの方がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。)

2007年7月 3日 (火)

SUBARU LEGACY B4 3.0R

  親が最新のレガシィB4 3.0Rを購入。

 乗らせてもらってびっくり。

 私がトライベッカだ、インプレッサだといっているうちに、大進歩。

 嫌いだったリアの乗り心地の悪さも、中立付近ステアリングのデッドな感覚もなくなってる!

 私が購入したアメリカでの2.5GT、XT、日本でのtuned by STIに見られる内装のきしみや異音(この件は3台続けてハズレ。前期車全般の問題?)も解決。

 これならインプレッサの上級車の立場は守られます。

 もしかしたらアウトバックもいいのかな? トライベッカ待ち切れない今となってはアウトバック3.0選択もありか?悩む。

 トライベッカ日本で売ってくれればすべての問題は解決なのですが・・・。

 

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31