無料ブログはココログ

« 真面目な群馬県 その2 積算放射線量 | トップページ | 東電 腐ってる・・・ »

2011年3月31日 (木)

安全な水への挑戦

政府は無策でも、住民の安全に直結する地方自治体はいろいろ始めたようですね。

雨の直後に放射性物質の値が高くなることから雨の直後の取水制限とか、対策を講じ出したようです。

群馬県でも、測定は現時点では外注のためタイムラグはありますが、

http://www.pref.gunma.jp/04/d6900015.html

で各浄水場の検査結果を公開しています。

ここ群馬県太田市は水源はいくつかに分かれていますが、利根川水系、渡良瀬水系、地下水でざっと計算して地下水が50%くらいでしょうか。

検査機器が入るようになって自己検査ができるようになれば一時的に河川水の取水を止め、地下水だけにするとかこのまま対策が進んでくれば安全な水が手に入りそうです。節水は必要ですが。

太田市の水道安全に対するHP

http://www.ota-mizune.jp/saigaijyouhou.html

太田市の各地域の浄水場、配水マップは以下の通りです。

http://www.ota-mizune.jp/pdf/ootasino-suidounituite.pdf

http://www.ota-mizune.jp/pdf/haisuikuikizu2.pdf

ちなみに太田市の水道事業は日本で唯一、完全民営化されているとのこと。

頑張れ、東北、関東の水道事業に携わる方々!

日本人、結構タフですね。放射線量が比較的高くなっているなか、安全に生き抜く方法をいろいろ編み出しつつあるようです。

« 真面目な群馬県 その2 積算放射線量 | トップページ | 東電 腐ってる・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安全な水への挑戦:

« 真面目な群馬県 その2 積算放射線量 | トップページ | 東電 腐ってる・・・ »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31