無料ブログはココログ

« 議員定数考察 | トップページ | NYへ »

2011年4月27日 (水)

天皇皇后両陛下 被災地へ

朝日新聞の記事から。

転載開始:

両陛下、市街地跡に黙礼 避難所見舞う 宮城

朝日新聞2011年4月27日21時11分

写真:津波で被害を受けた市街地に向かって黙礼する天皇、皇后両陛下=27日午後1時8分、宮城県南三陸町歌津、越田省吾撮影津波で被害を受けた市街地に向かって黙礼する天皇、皇后両陛下=27日午後1時8分、宮城県南三陸町歌津、越田省吾撮影

写真:避難所を訪れ、被災した人たちに話しかける天皇陛下=27日午後1時51分、宮城県南三陸町の歌津中学校、越田省吾撮影避難所を訪れ、被災した人たちに話しかける天皇陛下=27日午後1時51分、宮城県南三陸町の歌津中学校、越田省吾撮影

写真:避難所を訪れ、被災した人たちと話す皇后さま=27日午後1時52分、宮城県南三陸町の歌津中学校、越田省吾撮影避難所を訪れ、被災した人たちと話す皇后さま=27日午後1時52分、宮城県南三陸町の歌津中学校、越田省吾撮影

 天皇、皇后両陛下は27日、自衛隊機で宮城県に入った。東日本大震災の後、両陛下が東北の被災地を訪れたのは初めて。津波で壊滅的な被害を受けた南三陸町では、高台にある町立伊里前小学校の校庭に立ち、がれきの山と化した市街地跡に向かって深く黙礼した。避難所を慰問した両陛下は、ヘリで同町を発つ直前にも校庭の端に立ち、再び黙礼した。

    ◇

 天皇、皇后両陛下は同日午後、南三陸町と仙台市の避難所を見舞った。

 約200人が身を寄せる南三陸町の町立歌津中学校の体育館で両陛下は、床にひざをついて「どうですか」「お体は?」と声をかけて回った。

 千葉みよ子さん(64)が自宅のがれきから見つけた行方不明の孫娘ゆうちゃん(3)の写真を見せると、天皇陛下は「見つかることを願っています」「体にだけは気をつけてください」と気遣った。千葉さんは「孫を何とか見つけてあげたい。今日のことを励みに頑張っていきたいです」。

 同日夕には、約270人が避難生活を続ける仙台市宮城野区の宮城野体育館を訪れた。

 佐藤美紀子さん(64)はこの日の朝、流された自宅の跡地を見に行った際、スイセンが今年も花をつけているのを見つけて避難所に持ち帰った。佐藤さんが「このスイセンのように私たちも負けないでがんばります」と話し、10輪ほどの花束を差し出すすと、皇后さまは「ちょうだいできますか?」と大事そうに持ち帰った。皇后さまは、東松島市の基地から自衛隊機で東京に戻る際も、スイセンの花束を両手で握りしめていた。

 この日案内役を務めた村井嘉浩知事によると、両陛下はヘリで移動中も、転覆した漁船や壊れた養殖施設を見つけて「あれは元に戻るのでしょうか」、沿岸の平野部を見て「塩を抜くのにはどのくらい時間がかかるのでしょう」などと案じていたという。

 両陛下は、5月2日に岩手県、11日には福島県を訪問する。

:転載終了

朝日新聞さん、素晴らしい天皇皇后両陛下の写真ありがとうございました。

天皇皇后両陛下、大変お疲れになるつらい行幸だと思います。

お体、お気をつけください・・・

ありがとうございます。

« 議員定数考察 | トップページ | NYへ »

コメント

父が昭和天皇の巡幸を想起させると言っていました。
被災者に心を寄せられている事が伝わってきます・・・
国民の希望につながるメッセージを政治や役人も出して欲しい。

Tanacさん

あのお姿、本当に涙がでます。
ご高齢で移動だけでも大変でしょうに、一人ひとりと親身にお話しするということはその悲しみを共有することでもあり精神的にもかなりのご負担だと思います。

政治家、お役人・・・公務員の方々、消防、警察、自衛隊頑張っておられるのに、霞ヶ関は別世界ということでありましょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下 被災地へ:

« 議員定数考察 | トップページ | NYへ »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29