無料ブログはココログ

« 電力供給を考えてみた | トップページ | ガジェット通信・・・巻きつく・張り付く懐中電灯 »

2011年4月21日 (木)

群馬県のエネルギー・食料自給率、100%を目指せるか。

群馬県の電力エネルギー消費量は年間159億kWhだそうです。

県内の発電量は年間32億kWh。

原子力発電所はありませんし、火力も小さいのが一箇所、主に水力発電でしょうか。揚水発電は入ってるのかな?

単純計算でエネルギー自給率約20%

食料自給率はカロリーベースで32%とのこと。

これがエネルギーで50%、食料で70%くらいの自給率になればかなり安心な県になると思います。

じゃどうするか。

まずは省エネで159億kwhを20%減らして130億kwhへ。

水力タービン・発電機等の最新型への更新で発電量を40億kwhへ。

残り90億kwh・・・ん〜、原子力発電所は考えられないし・・・火力も燃料輸入じゃ意味ないし、石炭でないし・・・。

風力だと300kw1基で年間実績20万kwhだそうです。

10基で200万、100基で2000万、1000基で2億kwh・・・風力で不足分まかなうには5万基作らなけりゃ・・・それでも風任せ(汗)

太陽電池だと1000㎡の土地使った発電所で年間2万kwhかな。

風力・太陽電池約半分半分として・・・風力発電機2万5千基、太陽電池発電所1000㎡x20万箇所・・・現実的でないなぁ。

やはり高圧蒸気でタービン回すのって効率良いです。

エネルギー県内自給100%って今の生活・産業スタイルでは無理なのか。

食料も同じような感じでしょうか。

これだけ考えて生活革新、技術革新が必要だとわかっただけ・・・でありました。

« 電力供給を考えてみた | トップページ | ガジェット通信・・・巻きつく・張り付く懐中電灯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県のエネルギー・食料自給率、100%を目指せるか。:

« 電力供給を考えてみた | トップページ | ガジェット通信・・・巻きつく・張り付く懐中電灯 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31