無料ブログはココログ

« 気に留めたこともなかった | トップページ | 群馬県のエネルギー・食料自給率、100%を目指せるか。 »

2011年4月21日 (木)

電力供給を考えてみた

ISO14000(環境ISO)対応で大きな会社は結構天然ガスのコジェネ入れてたみたいです。使ってなくてお荷物になってたらしいですけど。

また廃棄寸前だった自家発電装置を持っている会社も実は多いらしい。

私の勤務する会社も大枚はたいて小規模ですがコジェネ手配したし。

石油や天然ガスは必要ですが、なんだかんだと電気は湧いて?きそうです。

夏のピークも節電は必須ですがなんとか乗り切れるかも。

でも短期的には乗り切れてもエネルギー輸入はどんどん難しくなってきます。では太陽光や風力?

私は民生用には可能性あるかも知れませんが、大きな安定した電力量が必要な工業分野等考えると再生可能自然エネルギーだけでは難しいと思っています。

よって、原発はまだ必要だと思っています。安全に不安のある炉は数を減らしても早期に廃棄して、今回の事故を踏まえて安全性を各段にあげた原子炉に替え、災害の予想される地域の原発は段階的に停止しなければなりませんが。

原発減らした分は火力発電所を徹底してリファインして効率を上げていけば、温室効果ガス増やさず電力維持できるような。

最新鋭の石炭火力増やして夕張や筑豊の炭鉱復活させたら当面は国内エネルギー自給率維持しながら原発への依存減らせるのではないでしょうか。

« 気に留めたこともなかった | トップページ | 群馬県のエネルギー・食料自給率、100%を目指せるか。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電力供給を考えてみた:

« 気に留めたこともなかった | トップページ | 群馬県のエネルギー・食料自給率、100%を目指せるか。 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31