無料ブログはココログ

« サンバー、タイヤ選びⅡ・・・ | トップページ | A380 横風着陸 »

2011年7月25日 (月)

これはまずいぞ中国高速鉄道

朝日新聞の記事より引用。

普通URL貼り付けるだけですが場合によって記事が消える場合もあるため今回コピーさせて頂きました。

オリジナル記事はこちら:http://www.asahi.com/international/update/0725/TKY201107240595.html

以下引用開始:

2011年7月25日3時1分

事故車両の運転席、当局が現場の穴に埋める 中国脱線

写真:高速鉄道が脱線し落下した事故現場。一夜明け、地上では重機で車両(右下)を埋める作業が続いていた=24日午前8時18分、中国浙江省温州、樫山晃生撮影拡大高速鉄道が脱線し落下した事故現場。一夜明け、地上では重機で車両(右下)を埋める作業が続いていた=24日午前8時18分、中国浙江省温州、樫山晃生撮影

図:高速鉄道の脱線現場拡大高速鉄道の脱線現場

 中国浙江省で23日夜に起きた高速鉄道の追突・脱線事故から一夜明けた24日早朝、中国当局は、追突したとみられる車両の運転席部分を、現場に掘った穴に埋めてしまった。事故から約半日後の24日午前4時半過ぎ、現場に入った記者が一部始終を目撃した。

 夜明け前。現場では、落下した1両の車体が、一部は地面に突き刺さり、高架に寄りかかるように立っていた。わきの地面の上では、追突した後続列車とみられる先頭車両が、真っ二つになっていた。切断部分は鉄板や部品がめくれ、後ろ半分は原形をとどめていなかった。

 空が明るくなり始めた午前6時ごろ、7台のショベルカーがすぐ横の野菜畑に穴を掘り始めた。深さ4~5メートル、幅も約20メートルと大きい。午前7時半過ぎ、ショベルカーがアームを振り下ろし、大破した先頭車両を砕き始めた。計器が詰まっている運転席も壊した。そして残骸を、廃棄物のように穴の中に押しやってしまった。(温州=奥寺淳)

:引用終了

この記事が真実なら、中国当局は原因究明もしないまま運航を続ける気持ち満満です。

各国からの導入技術に最近では中国国産技術で開発されたシステムが絡んでいることがわかってきました。

メーカーが異なる機械間のインテグレートが大変だということは製造業の多くの方々は身にしみているはずです。

そのような基本的な問題がありながら、事故の原因究明もいい加減だとしたら、第二第三の大事故が発生する確率は著しく高いです。

この記事が本当なら・・・中国高速鉄道崩壊ですね。

その場合、膨大な投資が不良債権化。

まあ、少し古い高層ビルなどでもロビーのフロアが柱なしでものすごく広くて立派なビルがありますが、あれなども強度上大きな問題があるのではと思います。

中国高度成長の陰で膨大な資産が実は不良資産であるという可能性も考慮しなければなりません。

中国高速鉄道の記事はセンセーショナルに書いているわけではありません。

中国に行く機会も増えた今、社員や自分の安全保持を最優先に考えた場合、中国リスクをいろいろ調べるうちに、交通関係の事故リスクがバカにならないという事実がわかってきたためデータ収集を続けてきました。

また中国高速鉄道は中国の公共投資の考え方(経済的合理性と国威発揚のバランス)をよくあらわすものとしてとくに気にしてきたものです。

追記:毎日jpの記事より引用

引用開始:

中国高速鉄道:事故の独自報道の自粛通知 中国共産党

 【温州・隅俊之】中国のメディア関係者は25日、高速鉄道の列車追突事故について、中国共産党中央宣伝部が独自報道を控えるように国内メディアに通知したことを明らかにした。通知では、国営新華社通信の記事を使うよう求めている。高速鉄道について「安全対策は万全」と宣伝してきた当局の責任を問う声を封じ込める狙いがあるとみられる。

 一方、新華社通信は24日夜、死者35人に加えて新たに8人の遺体が見つかったとする記事(英語版)を配信したが、鉄道省の王勇平報道官がその直後の記者会見で「私が把握している情報は35人だ」と述べ、報道内容を事実上否定した。負傷者も211人と報じられたが、192人と説明した。

:引用終了

・・・まあ、なんというか・・・。

7月26日追記

引用開始:

埋めた車両を掘り出す=批判受け、原因究明へ―中国鉄道事故

時事通信 7月26日(火)12時48分配信

 【北京時事】中国浙江省温州市で起きた高速鉄道事故で、先行列車に追突して高架から転落した後、地中に埋められていた後続列車の先頭車両が26日、掘り出された。高架下には転落した車両がほかにも残されていたが、中央テレビは、車両が解体され、大型トレーラーで温州西駅に運ばれる映像を伝えた。
 先頭車両が地中に埋められたことについては、「証拠隠滅ではないか」との批判が高まっていた。鉄道省報道官は24日夜の記者会見で「作業の危険を回避するための緊急措置」と釈明していたが、当局は車両を掘り出すことで批判をかわし、原因究明に当たっていることを示す狙いがあるとみられる。 

:引用終了

一度パワーショベルでばらばらにしたもの掘り返したって何がわかるというのでしょうか。

日本政府もひどいものですが、中国政府も・・・ナウシカに出てくる言葉みたいだな(たくさんありますので想像に任せます。)

« サンバー、タイヤ選びⅡ・・・ | トップページ | A380 横風着陸 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはまずいぞ中国高速鉄道:

« サンバー、タイヤ選びⅡ・・・ | トップページ | A380 横風着陸 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31