無料ブログはココログ

« 待ち遠しい車 | トップページ | インプレッサ 22B STI VERSION »

2011年9月 7日 (水)

レガシィのフロントシート

レガシィ購入してから新幹線いらず?になった理由の一つがシート。

FSWドライビングレッスンで尊敬する講師に教わったドラポジにしたら全然疲れなくなりました。

シート自体は今までのスバルと比較すると柔らかめ。でもコシがある。

柔らかくて体が沈み込むのだけど、ある程度で止まって横Gにも耐えられる。

過去乗った中で一番近いのはレクサス IS-Fのシート。これも柔らかめなのにしっかりサポートしてくれました。

ドラポジはシートクッションの前を上げて後ろは下げる。

シートバックは少し寝かせ目で体重をシートバックとシート座面に分散させる。

ステアリングは結構上までチルト。テレスコで肘が少し曲がったくらいに維持。

シートバック寝かせ気味なので視線は自ずから遠くへ。

これが長距離では非常に楽。腰痛なし。

B4fseat

レガシィ購入してから本当に新幹線乗らなくなりました。名古屋や仙台位なら日帰りも苦にならない・・・レガシィ、三代目よりは四代目、四代目よりは現行型が長距離は楽。

二代目のGT-Bは・・・これも確か新幹線いらずだった気がする。でもあの頃は若かったし。

かくしてまた走行距離は伸びていく・・・この車、車検までには8万キロ超えそう・・・。

ん?サンバーに距離食われるかも・・・(汗)

« 待ち遠しい車 | トップページ | インプレッサ 22B STI VERSION »

コメント

そのシートポジション、笹目二朗氏も同じことを言っていて、私も実行しています。

高速長距離移動には向いているように思います。

以前ブログに書かれていたシートポジションの件を参考に私もエクシーガでやってみています。
最初違和感ありましたが座っていると確かに楽。
特に長い時間座るときはいいです。
シートの座面の前を上げて、後ろを下げるのは、バケットシートをノーマルのシートで再現するここうなるよ、という事でしょうか。

笹目氏もおっしゃってますか。
長距離移動は本当に楽ですよね。

サンバー・・・どうしよう(汗)

三太郎さん

なるほど!そういう解釈も成り立ちますね。
上体もホールドしやすくしてブレを止める。

シートポジションの奥は深いようですね。

サンバーにはシートリフターついてないですよねぇ。

サンバーは・・・DIYです!
ウレタン適当に切って調整して、シートカバーで包む・・とか。
でもステアリングが立っているので無理かぁ。
赤帽ドライバーが信頼していてくれるのは腰痛にも優しいと勝手に考えとこ・・・。

納車されたらサンバー大テスト?敢行します♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レガシィのフロントシート:

« 待ち遠しい車 | トップページ | インプレッサ 22B STI VERSION »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31