無料ブログはココログ

« 某国空港にて | トップページ | そして我が祖国日本 »

2011年9月26日 (月)

某国感想

飛行場へ。

隣には見慣れた機体。

Cana_2

ANAのボーイング767-300。

ANAって英語表記だとAir Japanだと初めて知りました。

搭乗機は離陸。

眼下には開発地区。

Cnewtown

こういうのはバブルのノリであまり評価しません。

しかし感心したのはこれ。

Coiltank

この地域でもこれだけの巨大石油備蓄基地をちゃんと用意するんだ。

開発独裁の某国ですが、こういうとこは感心します。

将来を見据えて計画しているエリート?がちゃんといる。

あれだけ車が急速に増えても供給が追いついている理由の一つはこれか。

世界中でなりふり構わず資源獲得をしているわけです。

いろいろ考えることの多い旅でした。

« 某国空港にて | トップページ | そして我が祖国日本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 某国感想:

« 某国空港にて | トップページ | そして我が祖国日本 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29