無料ブログはココログ

« BRZ in Nagoya Motor Show | トップページ | サンバーのオーディオ »

2011年12月26日 (月)

New Imprezaが来た。

会社に新しいインプレッサが納車されました。

1.6iLの2WD、CVTにアイドリングストップ付きのスポーツ(5ドア)。

Newimpf

フロント。最近の典型的スバルフェイスですね。

Newimpr

リアは結構個性的。好きです。

コンソールはこんな感じ。

Newimpcnsl

ナビの上にマルチファンクションディスプレイ。

Newimpmfd

デザインがちょっとスバル離れしてます・・・(良い意味で)どうしたんだ、スバル。

乗ってみます。

第一印象・・・「これで1.6LのFFかぁ!」

195/65 R15の普通のタイヤですがハイグリップタイヤのごとく1260キロの車体重量とサスがタイヤを路面に押し付ける。

過去乗った中ではGM提携時代のトラビック(オペルザフィーラのOEM)に近い。

これなら普通はAWDいらないかもとAWDファンの私に思わせる・・・。

コーナリング・・・いつもの高速?90度コーナーをえらくあっけなく回る。

ボディ、サス、タイヤが高度にバランスしている。

1.6L 115馬力/5600rpm、15.1キロ/4000rpmのエンジンが2Lのように感じる。

新型リニアトロニック(チェーン式CVT)がエンジントルクをうまく引き出してる。

アウトバックのCVTより更に自然な感じ。これなら変速域の広さ、スナッチの少なさ考えればメイン市場のアメリカや日本ではDSGに勝るかもしれない。

アイドリングストップ。過去に乗ったことあるのはプリウスだけ。

さすがにプリウスのそれと比べると歩が悪いです・・・。

この寒さ、しかもライト点灯だと信号で停止でエンジンストップ、しかし青になる前にブレーキ踏んだ状態で再始動。気温がもう少し快適なら効果大きい気がします。

この車、今度はNAのみでGTやWRXはありませんが、これで不満がありません。

まさかターボAWD命?の私がこれでいいかと思うとは思わなかった・・・。

これでいいか、というよりはこれがいいに近いかもしれない。

自動車としての基本性能が非常に高いです。

VDCも全車標準。

中もルーミーだし、自転車も乗りそうだし。

価格もこのモデルで171万円。

しかしあの自然なコーナーリングには驚いた・・・。

« BRZ in Nagoya Motor Show | トップページ | サンバーのオーディオ »

コメント

スバルしいですね!!

これで、確信に変わりました(^_^;)
スバル、サッカーのFCバルセロナの一員になった?
 (実は問われているのはこちらのセンスなのでは・・・)

私は2Lのアイサイト付きで充分以上のパワーと素直さ感じました。

1.6も今度乗せてもらいに行ってきます。

久々に人に勧められる普通の良いクルマです。

アクア プリウスさん

ありがとうございます!!

プリウス会社にあるのですが、弄る気になりません。
でもアクアは弄れそうで、面白そうで。
興味あります。

Tanacさん

以前より、もう少し大きなマーケットを狙っている感じです。
この中で個性を出し続けること、大変だと思いますが、スバルならやってくれるか・・・。

福太郎さん

日本で娘に乗らせるなら、これのアイサイトかなと思っています。
本当にいい意味普通の車ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New Imprezaが来た。:

« BRZ in Nagoya Motor Show | トップページ | サンバーのオーディオ »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31