無料ブログはココログ

« 2012デトロイトオートショー スバル | トップページ | サンバー旅人のデザインと使い勝手 »

2012年1月24日 (火)

2012デトロイトオートショー トヨタ・レクサス

スバルの次はトヨタ・レクサス・サイオン。

5年くらい前は圧倒的集客を誇ったこのブランドも、今回はアメリカ勢やドイツ勢に押されぎみ。

その中で人気を博していたのがこれです。

レクサスLF-LC!

Lffcf

ムチャクチャカッコいい。

Lffcr

インテリアも最高。

Lffcin

ハイブリッドでなくてもLF-AのV10押し込んで高くて結構、販売するべきと思いました。

ドイツ車、アメリカ車がどんどん高級化する中、天下のトヨタがアメリカでこのくらいの車売ってなければおかしい。

もう一つの人気車はLF-A。

Lfas

LF-A、もう買えませんが、やはりカッコいい。

プロトタイプはあまり好きでありませんでしたが、この展示モデルは最高。

なにが違うのだろう???

ボンネット開けるとき、つっかい棒?でボンネットを上げておくとは今回初めて知りました。

日本のアクア、アメリカでプリウスCもありました。

Prscs

人が・・・いない・・・。

アメリカ人、小さいのは興味ないのか・・・でもミニやフィアット500の周りには人たくさんいたぞ・・・。

私はこの車、結構好きなんですけど、アメリカ人の好みじゃないのか。

でも中東でなんかあったら、突然プレミアム付きになるような。

ハイテクの塊。FCV。

Fcvf

これも観客いない・・・。

Fcvs

ベンツとか、一時期燃料電池!と煽りまくって、今はおとなしくなってしまったので、燃料電池車にネガティブイメージがあるように感じます。今、バラード社ってどうなってるのか・・・。

トヨタのこれはほとんど市販段階の素晴らしい車だと思います。

側だけの燃料電池車とは月とスッポン。

プリウスが世界中走っているのは凄いことだと思います。

このFCVもおそらく冬の中西部でも問題ないくらい完成度高いのだろうと思いますが、まだまだユーザーは理解していないのかも知れません。

トヨタが訴求しているエコとアメリカのマーケット、少し乖離している感じがします。

気になったのはサイオン。

Frs

昨年のNYショーでは結構人気のあったFR-Sですが、土地柄か人がいない・・・閑古鳥が鳴いているといってもいいくらい。

サイオンブランド、急成長後停滞している感じです。

せっかく別ブランドでいろいろ出来るのだから、もっと悪い子?のイメージでもいいのに。

ちょっと迷いの見えるトヨタ系ブースでしたが、着々と新技術は仕込んでいるようで、なにかがもう少し変われば、また飛躍できそうな気がします。

トヨタ、ファイトォ!

« 2012デトロイトオートショー スバル | トップページ | サンバー旅人のデザインと使い勝手 »

コメント

レクサスLFAいいなぁ。スーパーカー世代にはたまらない。ニュルブルクリンクを走る姿もポルシェやアストンに負けず劣らず。

LF-A、プロトタイプの頃は「・・・」だったのですが、実戦を重ねてくるにつれ、風格が出てきた気がします。
今年は上位入賞して欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012デトロイトオートショー トヨタ・レクサス:

« 2012デトロイトオートショー スバル | トップページ | サンバー旅人のデザインと使い勝手 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31