無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

アメリカからのe-mail

STELLA55-san,

Subaru BRZ made the lineup this year in the Motor Trend “Worlds greatest Drag Race for Fun to drive Cars”     Just think if it had a turbo what could’ve happened…

http://autos.yahoo.com/news/the-world-s-greatest-drag-race-2-.html

enjoy!

Mt-san

これ面白いです。

ようつうべのオリジナルはこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=JaS7n6qKQe4&feature=player_embedded

BRZゴール後のシーンなんかは、作っている人わかってるなぁ~という感じ。

BRZ、直線番長じゃありませんものね。

でも0-1/4マイル、14.9秒っていうのは大したものだと思います。

アメリカ限定で良いから過給器付き直線番長仕様のBRZがこの車たちの真中ぐらいに入ったら痛快だろうなぁ。

WRX STIの308馬力、43キロのエンジン突っ込んで3万5千ドルくらいで・・・夢は膨らむ(笑)

2012年8月28日 (火)

ある晴れた週末と10式戦車とか

カタログ撮影できるようなこの建物は・・・

Brzratyp10brzf

BRZ、よく似あってます。

Brzratyp10brzr

陸上自衛隊広報センター。

ニュースで最新鋭の10式(ひとまる)戦車が展示されたときいてやって来ました。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=1s-yLXhRxxA#!

このようつうべ見ると機動性もドイツ戦車に追いついたのかな。

陸上自衛隊AFVの後ろ姿。

Brzratyp10afvr

これが10式戦車です。諸外国に先駆けて軽量・小型化したとのこと。

44tと48tバージョンが有るようです。

Brzratyp10f

隣は74式戦車。主砲の横の箱は赤外線サーチライト。

スバルアイサイトではありませんがパッシブ式が世界の趨勢になっている今から考えると時代を感じる装備です。

Brzratyp1074

90式戦車。

ソビエト連邦との実戦の可能性があった冷戦時代に開発された戦車です。

北海道侵攻するソ連軍と殴りあいをするために生まれた車両。

大きいです。52tあります。性能的には素晴らしいのですがこの大きさ・重さ故に北海道でしか有効に活用できないため、10式戦車の開発につながりました。

Brzratyp1090

AH-1S。戦闘ヘリコプター。後ろの小さいのは遠隔操縦観測システムの一部である無人ヘリコプターです。両方共BRZにも縁があります。

Brzratyp10ah1s_2

他にも陸上自衛隊の装備が沢山。隣接して広大な朝霞駐屯地で、東日本大震災の時はここから多数の自衛隊員が災害救助に向かったそうです。

関越自動車道所沢インターから国道254号線に入り池袋方面へ20分ほど。

入場無料。施設も充実。

子供の頃、タミヤの1/35戦車などをよく作った私としては、こうして常設展示で実物が見られるようになるのは嬉しいことです。

日本のエンジニアたちが少ない予算で苦労して国内開発したいろいろな装備。

先人の苦労や歴史も感じることができます。

2012年8月26日 (日)

BRZ RA 泥沼?日記 ゴルフとBRZ RA

BRZ RAでゴルフ行ってきました。

Brzrans_2

集合時間までちょっとあったので、お山も少しだけ走ってきました。

ん~、やはり公道の山道を綺麗に走るのは難しい。

WRX STIだとコーナー手前で急減速、前輪に荷重ドーンと移動させて大転舵、鼻先が回ったら大トルクを生かして加速、のようなセンターラインに寄らない対向車のオーバーランに備えた走りもできるのですが、NA FRのBRZだとどうも勝手が違います。

全開、全開のサーキットやジムカーナとはまた違う難しさ。

同じ速さで走るのにエンジン出力やトラクションが劣る分、運転技量がまた要求されます。この車、綺麗に走らせることができたら楽しいだろうな、精進精進。

BRZでゴルフバック積めるのか?と言われれば、フルサイズのバックが二つ余裕で入ります。後席倒すのは必須ですけど。

Brzragb
こんな感じ。ゴルフバック二つに荷物も入ります。

こういう用途にはRAは向きません。ああ、トランクの内貼りが欲しい(笑)

帰り、寄り道して富士重工業製の製品?も某所で見学。

そんなこんなで400キロ、ストレスフリーで走ってきた燃費は、

Brzransnp
14㎞/L。

燃料タンク容量は50L。購入時は心配でしたが今では十分だと思っています。400キロ走って燃料計の針はこのくらい。

これ見るとファイナル変えなくてもいいかぁ・・・と再び泥沼に・・・悩む・・・。

2012年8月21日 (火)

サンバー旅人の魅力

週末の夜。

ふとどこかへ行きたくなる。

サンバー旅人のキー。

走る。気ままに。

Smbrnght

145R12のノーマルタイヤ。

中速コーナーが続くワインディングロード。

右足の動きに車速がぴったりついてくる。

踏めば加速。緩めれば減速。

ステアリング切れば切っただけ。

限界どうこうでない。サンバーと自分がシンクロ。

深山。

路肩に光る眼。鹿、鹿、鹿。

パーク。エンジンカット。金属の収縮する音。

遮光カーテン、ウインドウシールド。

小部屋。

夜の音。風の音。

ノイズの混じるFMサウンド。

まどろみ。

さえずり。

Smbrmrn
朝。

スバルって面白いのはRRのサンバー、FRのBRZ、AWDのインプレッサWRX STIやレガシィ、どれに乗ってもスバルなんです。

コーナーリング速度は異なりますけど。

サンバー、いつ乗っても本当に自然で驚きます。

トルクの出方、ギヤ比、燃費優先ではないでしょうが、それが故か運転感覚とぴったり。40Lの燃料タンク容量も十分。もっとも長距離が楽な軽自動車だと思います。

加えてサンバー旅人 スタンダードパッケージは、必要最小限の装備による広い就寝スペース。

信頼できるサブバッテリーシステム。

意外と使える頑丈なサイドテーブル。

シンプルですが十分な遮光性能を持つカーテン、シールド。

簡単に脱着できる網戸。

手動で開け閉めでき、下まで下がりきるスライドドアの窓。

マイクロキャンパーの基本はばっちりです。

あとは創意工夫で。

長年営農サンバーや赤帽サンバーで鍛えられた耐久性は折り紙つき。

サンバー旅人、数多くある豪華装備のキャンパーや軽キャンと比較してもメインテナンス性も含めた実用性能は最上位にあるかもしれません。

2012年8月18日 (土)

WRX STIのカーボン燃やしてきた・・・

今日は一日、インプレッサWRX STIに乗ってました。

休み前、オイル交換も済ませてあったし、最近稼働も少なかったのでカーボン燃やしてきました。

Imp8

弄ったWRX STIは・・・やはり奥が深かった・・・。

BRZ RAと比較するとあらゆる点で限界が高く、手ごわい車でした。

速さは・・・ボールベアリングタービン換装、高熱価プラグ、スポーツECU装備のこの車はライトチューンとはいえダイナパック実測で馬力、トルクともカタログ値10%以上アップ。その馬力を路面に伝えるタイヤはポテンザRE11、245 40 R18、DCCD付AWD。

公道のドライ路面ならスイッチ切らなくてもVDCとか顔を出しません。

最高速以外の速さは有名スポーツとトータルではドッコイかも・・・腕さえついて来れば(汗)

前に1way、後ろに1.5wayの機械式LSD。

ちゃんと荷重移動してズバッとステアリング切ると恐ろしいくらいの回頭性。

その代り、荷重移動不足ならどアンダーに苦しみます・・・。

前後機械式LSD+ツインプレートクラッチ+40%軽量のフライホイール・・・低速大転舵ではガキガキバキバキです。

Brzraandwrx
しかしスバルって二車種もスポーツカー(いろいろな定義はあるでしょうが)現行車で販売しているのってすごいな・・・。

それを二台ともWRブルーで車庫に入れている私も私だけど・・・。

スバルの車ってチューニングパーツが豊富でノウハウあるショップも多いっていうのは素晴らしいです。

BRZもスバル初めてのFRスポーツ。多少の欠点はありますけど、ユーザーとショップがよってたかって(たまにはメーカーも一緒になって)仕上げていってしまうのだろうなぁ。

国産スポーツ、信用できるショップで弄ると・・・面白いです、本当に。

2012年8月17日 (金)

VIVIO RX-R

VIVIO RX-R。

これちょっと弄るだけで本当のスポーツ・レーシング・ラリーカーだわ・・・。

これは凄い。

Rxrhpn

関係者の皆様、ご苦労様でした。

最高でした。

詳細は後ほど。

BRZ RA 泥沼?日記 久しぶりのBRZ。

人のせる機会が多いこの時期、レガシィが活躍してました。

レガシィ、快適で速くて改めていいなぁと思いました。

雨だろうがワインディングだろうがどこでも極めて安定。エアコンも強力でマッキントッシュの音も疲れないいい音です。

ビルシュタインの脚は少し固めですが、雨の東名400Rをリラックスして駆け抜けられる。

B4fsw

そんなレガシィに満足した後、BRZのキーを持つ。

溜まった埃をホースでざっと洗い流して。

2L NAの6速MT。

クラッチミート。意外と軽く1210キロの車体が動き出す。

いつもの3000rpmマックスでなく少し元気に走る。

赤信号。

軽くブリッピングして3速、ブレーキングしながら踵でアクセルちょっとだけ深く踏み込んで2速。

うまく決まれば驚くほどスムーズに車速が落ちるし、失敗すればガクガク。

アクセル、ブレーキ、クラッチペダル。

ステアリング、シフトノブ。

これら5つのエレメント(笑)を組み合わせて操る。それだけ。

シンプルな楽しさ。

Brzraaug_2

ドイツ車みたいな理詰めの気むずかしい感じはなし。

アメリカ車の少し大雑把なところもなし。

ラテン車はFFばかりになっちゃったし。

215 45 R17のS001。1210キロ。NA200馬力のFR。

ちょうどいいです。

400馬力、500馬力あったって実際に性能をフルに味わえるのはμの高い平坦な直線道路で一瞬でしょう。

それ以外でアクセル踏みこんだら電子制御デバイスが介入しっぱなし。ドライバーは気付かないかもしれないけど。

トラクションコントロールとVSC切れるFR。

普通の道で性能を普通に味わえる200馬力。

実測1210キロ。

車の楽しいって、シンプルなのかもしれない。

2012年8月10日 (金)

BRZ RA 泥沼?日記 素晴らしいシート

BRZのシート、いいです。

たぶん一番安いRAからSのレザーパッケージまでシート自体は同じ。

WRXのフルバケは前を上げて、F16戦闘機のように寝せた感じでセッティングしました。

シートバックと座面両方で体を受け止めようと。

BRZは座面全体の上下調整は出来ますが、前後別々の上下は不可能です。

よって脚を投げ出してシートバックを倒す、私の嫌いだった姿勢が必要です・・・が、それが悪くない。

Brzrast

背中のホールドは文句ないですし、座面のホールドも見た目よりずっと良い。

アイボルト付けて4点ベルトつければ、このままサーキット走行こなせそう。

長距離走行も苦にならないし、このシート、インプレッサWRXのオプションのレカロにもまさるとも劣らない。シートバックのホールドなどはむしろ良いくらい。

下手なバケットシートつけたらがっかりすることもありそうです。

BRZ、過大な費用なしにモータースポーツ楽しむには最高の車かもしれない・・・。

2012年8月 9日 (木)

BRZ RA 泥沼?日記 やっぱり泥沼か・・・

BRZ RA、ナビも付いたし、日常の使いかっては最高だし、泥沼ともおさらば、タイトルの「泥沼?」を取ろうと思っていましたが・・・やはり「泥沼?」はとれないかも(汗)

泥沼その1。

STIから待望のブレーキパット出ましたけど・・・RAは除外(汗)

まあこれはエンドレスかどこかのやつ使えばいいか・・・。

泥沼その2。

私のBRZ RA、RX-8乗りや34Z乗りに今一歩評判が良くない理由の一つ判明(たぶん)。

3.727のファイナルですね、こりゃ。普通に使う分にはなんの問題もないどころか低燃費が素晴らしいのですけど、スポーツカーと見ると今一歩か。

4.3とか4.5に替えればいいのですけど、どのLSDとどう組み合わせるかとか、その場合のメーター補正はとか、VSCの作動はとか悩みが一気に。

まあ、これも情報収集しながら決断すればいいだけですけど。

最近、マフラーは替えなくていいかと思い出しました。

社外品でも12万、STI製だと16万くらいしますけど、別にマフラーエンドにデカイリングいらないし。

そのぶん、ファイナルや機械式LSDに使ったほうが良いなと。

泥沼=楽しみ、ということではあります(笑)

サンバー ダウンヒルで驚いた。

ダウンヒルというか・・・急坂下り。

BRZだとアクセルペダルオフで1速でも40キロ超えて加速していってしまうような急坂。

サンバーの1速では20キロくらいでトコトコ下れる。

これならよくオフロードSUVに付いているダウンヒルコントローラーのたぐいはいらない。

目的にあった適切なギヤ比がいかに大切かわかりました。

EL付きの4WDサンバートラックなら荷物フルに積んでもみかん山の急坂トコトコ下れるのだろうなぁ・・・。

長年厳しいユーザーに鍛えられた車は凄い。

2012年8月 8日 (水)

FA-200 エアロスバル サービスブリテン他

今も多くが空を舞っているので当たり前といえば当たり前なんですけど・・・

http://www.fhi.co.jp/fa200/

FA200、エアロスバルのHPです。

サービスブリテンとか掲載されています。

メーカー発行の機体の安全運行上必要な整備情報や改修情報などがまとめられており、必ず実施する必要があるもの。

FA-200、昭和40年に初飛行した機体です。

こういう資料拝見すると本当に航空機ビジネスとは大変なものだとわかります。

大変なのはわかっても・・・FA-400?とか見てみたい・・・。

2012年8月 6日 (月)

BRZ RA 泥沼?日記 毎日乗れる。

BRZ、いろいろ付いていないRAですら、毎日乗れます。唯一のメーカーオプション、エアコンは必須ですけど。

Brzrapremio

5ナンバーのトヨタ プレミオと比較してもコンパクトに見えます。

エンジンも、6MTミッションも毎日乗るのになんの大変さもありません。

後退時の左後方以外の視界も不満なし。これはバックカメラでカバーできました。

良くないと言われている乗り心地も、私にはなんの問題もなく感じます。

なんだかんだで9000キロ突破。

日本では自然吸気の2000cc、6MTのFRってなんの我慢もなく日常使えて、スポーツ走行も出来る車のベイシックかもしれません。

等身大のスポーツカー。

最近は、5年前に買った飯塚昭三著、「ジムカーナ入門」の飛ばしていたFRのページ、一生懸命読んでます(笑)

2012年8月 5日 (日)

BRZとインプレッサWRX STI

車庫の二台。

2007年のインプレッサWRX STIと2012年のBRZ RA。

Brzrawwrx_2

WRXはこれでも車高を20ミリ下げています。

運転席はレカロのフルバケでこれもノーマルシートよりヒップポイントで30ミリ以上下げています。

BRZ、最近のノーマル車でこんなに低いのはすごいと思います。

BRZからフルバケのインプに乗り込むと視点の高さに少し戸惑います。

WRXはタービン交換、ECU交換、冷却系強化、車高調、強化エンジンマウント、レーシングブレーキ、ツインプレートクラッチ、前後機械式LSD・・・とかなり弄ったサーキット仕様です。

WRXから比べると、BRZ物足りないかというと・・・不思議にそうではありません。

走った時の重厚感とか高性能感?、限界性能はWRXの圧勝です。

パワーも100馬力以上少ないし、トルクなんて半分以下。

それでもWRXより250キロ軽いというのは効いてます。

同じ速度ならWRXより丁寧な運転を要求されます。

でもそれに慣れるとWRXでもよりスムーズな運転につながることがわかりました。

BRZ、これはこれで立派なスポーツカーです。そしてドライバーの腕を上げてくれる車でもあります。

おまけ・・・

BRZ、こんな車高が低いのに、さすが国産の実用車、コンビニの輪留めも楽々クリア。

Brzrawdm
こういうのは国産車ならではかな。

ヨーロッパ車なら修理代うん十万のような気が・・・。

BRZ RA 泥沼?日記 真夏の太陽

ベタなタイトルですみません。

37度cを超える灼熱の太陽のもと、BRZのボディに雲と太陽が映り込んで。

Brzrakumotaiyo_2

サイドは

Brzrakumo
BRZ、意外とグラマー?なんですね。

WRブルー、やっぱりいいなぁ。

2012年8月 4日 (土)

45万アクセス突破、ありがとうございます。

カウンター、45万アクセス突破・・・。

ここにいらっしゃってくれている皆様、誠にありがとうございます。

このブログではできるだけ自分が実際に感じたこと、やったことを自分で撮影した写真と共に書いていこうとしています。

車って、スバル車って、本当に楽しいです。

車やスバル車の楽しさをこれからも書いていこうと思いますのでよろしくお願い致します。

BRZ RA 泥沼?日記 パイオニアAVIC-MRZ09

BRZ RAナビ/オーディオはパイオニアの楽ナビライト、AVICーMRZ09です。

スピーカーはパイオニア TS-C1710AⅡの17センチセパレート2Wayをフロントのみ2chで、トゥイーターはダッシュへ。

BRZ RA、フロントへのスピーカー配線はないのに、リアスピーカーへの配線はあるそうです・・・。

このスピーカー、中音域はトゥイーターから出すというコンセプトで、ダッシュ上、左右のスピーカー取り付け位置にトゥイーターをセットしてもらったので定位もバッチリ決まって下手なマルチスピーカーより素晴らしいです。

Brzraavic

リアビューカメラも付けていただきました。

メディアはDVD、CD、FM、AM、地デジ/ワンセグ、iPod、ブルートゥスオーディオ対応とフルスペックです。

ここ太田市でも地デジバッチリ見られます。レガシィ純正マッキンの地デジより感度いいかも・・・。

iPodのビデオまで見られるのは感動しました。画質もVGA。

ナビ機能はFM VICS+スマートループ。

地図データもSDカードへのダウンロードで常に最新の物が使えるのは素晴らしいです。

楽ナビライトでお気軽に・・・と思いましたが結構凄いスペックです。

最近BRZ RAばかり乗っているのもこのナビのおかげも大きいなぁ。

今はスマホのナビとかPNDとかありますけど、やはりフル2DINの専用ナビは使い勝手いいですね。

BRZ RAにはナビ・オーディオはつかないとか、難しいとか言われていたのにサクっとリーズナブルに付けてくださった凄腕エンジニアさんに感謝です。

BRZ RA 泥沼?日記 ノーマルサス

BRZ RAでジムカーナ走行してみて。

ノーマルサス、結構いいなぁ。

Brzrasus

この写真、全開で走ってきてフル制動、ブレーキ戻してターンインに入ったところですが、ロールもこの程度。

BRZ、微小転舵領域ではフィーリング良くないとか言われてますが(私はそう思わないけど)、ハキハキ走ると、ノーマルサスで十分かぁと思ってしまいます。

車高調入れても投資ほど変わらないような気がします。

特にスポーツ走行領域だとノーマルサス良くできている。

豪雨時の素晴らしい高速安定性や、まだ走れてませんけど雪道走行など総合的に考えればノーマルサス超えるのは難しいかも。

JC08で3.727ファイナルMTのマニュアルエアコン付きRAは13.0㎞/L。

4.1ファイナルのSで12.4㎞/L。

4.3ファイナルにして機械式LSDつけても11㎞/Lはいくかなぁ。

メーターの補正とかできるのかは調査しないと。

ノーマルサス、ポテンザS001、4.3ファイナル、機械式1.5wayLSDの組み合わせがいいかも。

4.3とか4.5ファイナルのギヤはトヨタ純正のが使えるとかなんとか・・・。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29