無料ブログはココログ

« 55万アクセス突破・・・本年もありがとうございました。 | トップページ | アイサイトにブレーキ踏まれてしまいました・・・ »

2013年1月 2日 (水)

正月はレガシィ B4 DITアイサイトと

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

年の初めはBRZでもなくサンバーでもなく、レガシィB4 DITアイサイトとともに始まりました。

ドア開けるとこのオープニング画面が出迎えてくれます。

Ditopn

メーター中央のマルチファンクションディスプレイですが、凝ったCGです。

ライトがパッシングもします。カッコいいです。

スバルも変わってきたものだなぁ・・・。

渋滞の高速をアイサイトの追従式クルーズコントロールで楽ちんに。

Diteyesitepanel
レガシィの場合は電動パーキングブレーキにより停止時ホールド機構も備わるので、本当に両足遊んだまま。これはすごいわ・・・。

高速でクルーズコントロール使用で150キロほど走りましたが、本線上でブレーキを使ったのは左から割り込みがあった一度だけ。

こちらが100キロで走行中に合流車をよけるため80キロほどの車が割り込み。アイサイト任せでも減速したでしょうが、あらかじめ予測できたのでブレーキふんでクルーズコントロールを解除。

年始の混んだ高速を150キロ走って本線上のブレーキ使用が一回だけとはアイサイトの追従クルコン、ものすごい精度です。

一般道でのクルーズコントロール使用では、赤信号ではブレーキ踏んでクルコン解除。これも前に車がいれば止まってくれますが先頭では止まりません。当たり前と言えば当たり前ですが、「赤信号でも止まってくれそう・・・」とか思ってしまいます(汗)

他では先行車がお店に入る時など、微速まで減速して左折すると結構強いブレーキがかかります。

人間では「この車間なら前の車は曲がりきるから大丈夫だろう」と「だろう運転」してアクセル緩めるくらいで走ってしまいますが、アイサイトは正直に停止寸前の車が前にいると判断するようです。

「だろう運転」の人間と正直?なアイサイト、総合的にどちらが安全かは一般道では微妙なところでしょうか。

アイサイト、いろいろなケースで試してみようと思います。

ん?せっかくの300馬力直噴ターボのDITエンジンや、高トルク対応のCVTの話がでてこない・・・。

アイサイトのインパクト、私にとって結構おおきいなぁ・・・。

« 55万アクセス突破・・・本年もありがとうございました。 | トップページ | アイサイトにブレーキ踏まれてしまいました・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月はレガシィ B4 DITアイサイトと:

« 55万アクセス突破・・・本年もありがとうございました。 | トップページ | アイサイトにブレーキ踏まれてしまいました・・・ »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29