無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

サンバー旅人、3回目の12か月点検

2011年の11月に納車になったサンバー旅人。

3回目の12か月点検に出しました。

そうしたら・・・3年間、私はこんなもんかと思っていた重めのアクセル、本来はもっと軽かったようでアクセルケーブル交換に。

交換後、最初は軽いアクセルに四苦八苦しましたが、慣れると軽快でいい。

アクセルの重さ一つで車のフィールがこんなに変わるのかと驚きました。

重いアクセルも、定速巡航では楽でよかったのですけど。

あとは渋くなったスライドドア機構をグリスアップしてもらい、オイル、フィルター交換だけでした。

軽バンって本当にお金かからなくてよいです・・・。

レヴォーグ GT日記。 レヴォーグと以心伝心。

ドライバーが慣れたのか、レヴォーグがドライバーの癖を学習したのか、あるいは両方か。

レヴォーグ、本当に思い通りに動いてくれるように急になってきました。

6000キロとあまり走行距離は伸びていませんが、なんといいましょうか引っかかるところが全くなくなり、車自体も非常にスムーズに動くようになってきて。

レヴォーグ、今までのスバルと結構感じが違うので違和感が多少あったのですが今では全くなくなりました。

これは凄い車だぞ・・・。

サスは結構柔らか目のセッティングなのに、中速コーナーなどで何気なしにステアリングきっていっても思った通りのラインを描いてくれることが多いです。

荷物も載るし、これ最高のファミリーカーにもなりえます・・・300馬力なのに。

2014年10月28日 (火)

レヴォーグGT日記。 レヴォーグ2.0GT-S 通勤燃費。

高速道路では燃費良好な300馬力ターボですが、通勤ではどうかと。

というわけで今朝の出勤時のMFD区間燃費表示で。

Levorgnnp

遠乗りなしで通勤・市内のみ230キロの平均が燃費計で8.8km/L。

2L、300馬力AWDとしてはこんなものでしょうか。

アイドリングストップがないので渋滞の時は燃費はしんどいです。

アイドリングストップ付きの1.6だとどのくらい行くのだろう?

ハイブリッド等振興もよいけれど、側道から車等が来ないのに赤信号で無駄に止めるのは勘弁してほしいです。今の技術なら道路キャパを最大限に生かせる信号制御はできそうなものなのに。

朝晩は冷え込んでまいりましたので、皆様お風邪など召しませんよう。

2014年 スバル感謝祭は11月2日(日)です。

今年も群馬県太田市の富士重工業群馬製作所矢島工場にてスバル感謝祭が開催されます。住所は群馬県太田市庄屋町1-1。

11月2日(日)午前9:00から午後2:00予定。雨天決行です。

Knssi2014_2

駐車場等はこちら

Knssi20142_2

詳細は添付ファイルをご覧ください。

新型レガシィ、アウトバックもあると思いますのでどしどしご参加ください!

2014年10月26日 (日)

レヴォーグ GT日記。 レヴォーグと日常。

慣れてきました。レヴォーグ、生活の中にしっくりと。

Levorgrain
最初、すこし過剰か?と多少の違和感もあったデザインもどんどん落ち着いて見えてきました。

乗り味もますますしっとり。

これで頑張ればかなりの高性能車と同じように走れるのですから面白い。

車を一台しかもてない環境なら迷うことなくレヴォーグです。

ガーデニングにもちょっとしたもの運びにも。

通勤からグランドツーリングまで。

以前のレガシィTWが持っていた特性を高性能・低燃費でマッチさせた。

初代~4代目のレガシィTWオーナーの皆さんの乗り換えも今では自信をもって薦められます。

2014年10月24日 (金)

新型レガシィ、アウトバック発表!と試乗インプレ。

今日は新型レガシィ、アウトバックの発表日です!

ディーラーにてさっそく試乗。

Newlegacyf
幅は60ミリ、全長は50ミリプラス。

完全なグローバルサイズになりました。

このモデルはなんと!ターボなし、2.5LのNAのみ。

マッキントッシュオーディオもオプションにもありません。

最初は「ええ~」と思いましたが、実際乗ると・・・。

十分以上。少なくても街中や高速の通常速度ではなんの不満もないでしょう。

トルクの出し方が絶妙でパワー不足感はありません。

驚くべきはボディ・サス剛性。レヴォーグでも荒れた感じの路面を舗装しなおしたがごとく走ります。

ステアリング応答性も電動パワステなのに本当に自然。

あらゆる操作に対する挙動に引っかかる点が全くない。

この車、ターボ、マッキン等、以前のレガシィのアイコンがなくなってもまごうことなきレガシィ。

レガシィのアイコンとはターボでもマッキンでもビルシュタインでもなく、スバルの思想の具現化されたレガシィという車そのものであることが分かった試乗でした。

Newlegacyr

11月中旬にはエクシーガに代わり、レガシィB4 Limited、ラピス・ブルーが納車となりそうです。

考えてみれば初代レガシィTW VZ以来の日本でのNA+AT。

納車されたら等身大のレガシィを等身大に使い倒してみましょう。

しかしNA、CVTの車が試乗後、こんなに待ち遠しくなるとは我ながらびっくり。

大馬力車をずっと乗ってきた私に、「車のバランスとはこういうものだ!」と挑戦されているような感じです。

この挑戦、受けてやる・・・ああ、楽しみ。

2014年10月19日 (日)

レヴォーグ GT日記。 300+285+308

車庫に並んだ3台のスバル。

左から、レヴォーグ 2.0GT-S 300馬力。

レガシィ 2.5GT Sパッケージ 285馬力。

インプレッサWRX STI 308馬力。

トータルで893馬力。STIはチューニングしてあるので実際は合計910馬力くらいかなぁ。

Levorgthreecars
目指せ!スバル車3台1000馬力!を一度やってみたかったのですが昨今の環境・エネルギー問題を踏まえるとどうやらこのあたりがピークになりそうです。

スバル、私のようなマニアの思惑はとっくに超えて未来を見据えているような。

ちょっと昔は水平対向6気筒3Lツインターボで450馬力!とか夢見たこともありました。

80年代まではレオーネターボ3台並べても360馬力がマックスだったので隔世の感はありますが。

車がこれからどうなっていくのか、ちょっと考えることができた秋の一日。

2014年10月18日 (土)

BRZ RA 泥沼?日記 BRZとSUBARU Merope 80A

ふたつのWrBlueです。

BRZ RAとスバルの天体望遠鏡 SUBARU Merope 80A 。

Brzraatr
WrBlueの製品見ると・・・ついコレクションしてしまう(笑?汗?)

望遠鏡本体、光学系は非常によい出来でびっくりします。

あとは架台を重量級の赤道儀に替えれば光学性能がもっと際立ちそうです。

皆既月食は所用で見られず、メローペは貸し出し・・・

BRZ RA、レヴォーグ2.0GT-S アイサイトと比較すると馬力は100馬力落ち、トルクは半分。

でもこの車、結構速いです。

ファイナル落として、ブレーキ強化しているおかげか戦闘力?は抜群。

ダイレクトなマニュアルトランスミッションはやはり面白い。

最初のころのCMで「こんどはどの道で笑う?」というコピーがありましたが、山間部のワインディングロードでうまく走れたら本当に楽しいです。

脚はノーマルなんですが、馴染んでいまが絶好調かも。

機械式LSD入っているため、普通はVSCスポーツモードが基本。

機械式LSD入れるとVSCノーマルモードでは非常に走りにくくなるのです。

その気になったらVSC、TRCオフで。

次のチューニング課題はシート。

今のドラポジでクラッチ、ブレーキ踏み続けると結構腰にくる・・・(汗)

スパルコあたりのそんなに高くないやつが結構合いそう。

ノーマルでもシートポジションは普通では考えられないくらい低いので、社外品のシートレール入れたらポジション上がってしまった・・・なんてことが無いよう、じっくり選びましょう。

国産スポーツカー、じっくりじっくり弄れるのが最高です。

特にこの車はあらゆるパーツがサードパーティーからも出ていますので楽しいです。

BRZ RA、エアコンつけて220万円弱でした。ブレーキ強化(ローター含め)、機械式LSD、ホイール・高性能タイヤ付加しても上級車の定価以下で楽しめるというのはすばらしい。

スバル(この場合は86も)本当に楽しいです。

2014年10月17日 (金)

95万アクセス、ありがとうございます。

95万アクセス超えていました。
皆さん、本当にありがとうございます。
今年は我がフリート?にレヴォーグが加わり、アメリカでも5年お世話になったアウトバックが新型になります。
長年、スバルばかりを乗り継いで来て飽きないの?と聞かれる時もありますが、飽きないのです、これが(笑)
スバル、時には同じモデルでもマイナーチェンジで別物になったりします。
これから保有車の整理をしながらもこのブログを続けていきますので今後ともよろしくお願いいたします。

2014年10月16日 (木)

2015 Outback 3.6R 納車されます。

先ほどメールを受けました・・・2015 Outback 3.6R アイサイト、今週入荷予定・・・。

ありゃ、急に言われても困る(笑)

自分で引取りにはいけないけれど、納車だけはしてもらおう.。

この車、アメリカ生産なのでアメ車カテゴリーにも入れます。

日本には無い3.6L楽しみです。

2014年10月 1日 (水)

94万アクセス ありがとうございました。

カウンター、94万アクセス突破です。

皆様と楽しいスバル車のおかげでこれまで続けられました。

最近は更新滞り気味で申し訳ありませんが、車の入れ替えもありそうで新しいスバル車の記事が書けるようになりそうです。

レヴォーグあたりからスバル車も大きく変わってきているような感じです。

古き良き?スバル車と新世代スバル車の比較等、これからも自分の感覚で書いていきますのでよろしくお願いいたします。

Wrxmrm

上の写真はUS仕様丸目2001年WRXセダンと2002年WRX ワゴン。

これは素晴らしい、大好きな車でした。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31