無料ブログはココログ

« 新型レガシィB4 モード別エンジン回転数。 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »

2014年12月31日 (水)

BS ブリザック REVO GZと ミシュラン X-ICE XI3インプレッション。

レヴォーグに履いているブリヂストン ブリザック REVO GZ。

Blzk
レガシィ B4に履かせたミシュラン X-ICE XI3。

Xice
こうしてトレッドパターン比較してみたら性格の違いに納得です。

ここまでサイプの数が違うとは。

BS ブリザック REVO GZ。今年から旧作になってしまいましたが、これは傑作スタッドレスタイヤです。

ドライ路面から、氷結路までオールマイティー。寿命も短くありません。

ブリザック最新でなくても、まあこれを履かせていれば全く問題ありません。

ネックだった価格もこなれてきているようですので、氷結路走る機会のある大馬力車には絶対のお勧め。

ミシュラン X-ICE XI3。これは高性能オールシーズンタイヤ的にとらえれば間違いないと思います。

ドライでの走行性能、騒音、乗り心地は極めて良いです。ECOサマータイヤのよう。雪道でも圧雪路ではブリザック並み。きちんとグリップして操安性も自然でよいです。

差がつくのが凍結路面でのブレーキ性能。

REVO GZとミシュラン X-ICEでは明確な差がつきます。

私の個人的な印象では同スピードでの凍結路制動距離はREVO GZが3割くらい短い感じ。細かいサイプが効いています。

スタッドレスとしての性能では騒音以外はブリザック REVO GZの圧勝。

しかし、ミシュラン X- ICE XI3も取得の容易さとか、ドライ路面でスタッドレスであることを気にしなくても済む気安さとか、これもなかなか。

レガシィB4が300馬力もあれば悩まず最新のブリザックでしょうが、NAの気持ちよさを楽しむにはミシュラン X-ICEもありかと。

レヴォーグのBS ブリザック REVO GZ。

レガシィB4のミシュラン X-ICE XI3。

まあ、各々の車の性格にはあっていそうで、今年の冬はこれで行きましょう。

X-ICEは凍結路では少しスピード落として、慎重に走ればOKかな。

« 新型レガシィB4 モード別エンジン回転数。 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新型レガシィB4 モード別エンジン回転数。 | トップページ | 今年もありがとうございました。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29