無料ブログはココログ

« Outback 3.6R Limited 納車とか下取りとか。 | トップページ | アウトバック3.6Rを買ったわけ+牽引能力など。 »

2014年12月 5日 (金)

USアウトバック、サイドミラー死角にクルマがいるのがわかるんです。

これは日本仕様でも欲しいなぁ・・・

Outback36rrdr

ミラーの左上にオレンジの警告が出ています。

これはミラーの死角に車がいるという警告です。

リアバンパー両端にレーダーが付いていて斜め後ろ並走車をセンシングしてくれるようです。

これは慣れると非常に便利。

アメリカ、速度違反に非常に厳しいので、追い抜きもじっくりじっくり。

気が付かないうちに死角に車がいたとかよくあります。

アメリカで免許を取るときは車線変更の時はミラーに頼らず必ず目視確認といわれます。

また駐車場からバックで出る時、死角から車が来ているとミラー面と純正ナビではナビ画面に警告が出ます(これ写真とれません・・・)。

頑丈なボディによる物理的安全性、アイサイトver.3やこういった装備による人間の注意力をサポートしてくれることによる安全性、それらが総合してスバルのブランドイメージになっていくのだなと納得。

電波法とかの関係で日本では難しいのかもしれませんが、同様のシステムが日本版にもほしいです。

« Outback 3.6R Limited 納車とか下取りとか。 | トップページ | アウトバック3.6Rを買ったわけ+牽引能力など。 »

コメント

斜め後方の車両を感知して警告してくれるシステムはメルセデスやボルボなど数社で実用化されていますよ。もちろん日本仕様でも。
とてもありがたいシステムなんですが、これに慣れると、このシステムが付いていないクルマに乗った時に要注意です(苦笑)。

それと、○とか△とかもっと大きくはっきりと点灯した方が見やすくないですか?

こんばんは!
欧州車、早かったですよね。アメリカは汎用品がでてきて急速に拡大中。
見やすさは視差の関係で写真では暗いですが、ドライバーには昼夜ちょうどよいくらいの照度と見やすさで表示してくれます。
アイサイトとかこういう装備とか、慣れてしまうと本当にない車に乗るのが怖くなるかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Outback 3.6R Limited 納車とか下取りとか。 | トップページ | アウトバック3.6Rを買ったわけ+牽引能力など。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29