無料ブログはココログ

« レヴォーグ GT日記。 レヴォーグとサンバー旅人 | トップページ | 備忘 サンバーの5MT。 »

2015年4月15日 (水)

リッド付きセンタートレイの意義。

今度のレガシィ、アウトバックはレガシィ系で初めて(たぶん)リッド付きセンタートレイとなりました。今までは「こんなの必要なのか?」とか思っていましたが・・・便利でした。

ショーファードリブンカーのようにレガシィB4を使うとき。

Legacyb4ldopn
普通はこんな感じです。USB充電用のコードとか、ガムとか。

リッド内にUSB出力2つあるのでこの中に充電しながらスマホもおけます。

ショーファードリブンするときはこのように。

Legacyb4ldcls
閉めるだけでパーソナルカーからショーファードリブンカー?に早変わり。

なるほど、こういう使い方も想定しているのでしょうね。

小さなことですが、レガシィB4大きくなって運転手付きで使われる用途も以前より増えるでしょうからこれは大切なことかもしれません。

« レヴォーグ GT日記。 レヴォーグとサンバー旅人 | トップページ | 備忘 サンバーの5MT。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リッド付きセンタートレイの意義。:

« レヴォーグ GT日記。 レヴォーグとサンバー旅人 | トップページ | 備忘 サンバーの5MT。 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31