無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

777の翼とBRZのテールランプの共通点。

ボーイング777の翼。

777vltx
翼の前縁の突起部からベイパーがでて虹色に光っています。美しい。

突起部はボルテックス・ジェネレーターというのでしょうか、わざと乱流を作り失速を遅らせたり舵の効きを保ったり・・・まあこういうのは見た目は単純ですがノウハウの塊のようで難しいです。

2代目インプレッサWRX STIの一部モデルにもリアガラスの上のほうについていたなぁ・・・。

Brzrafn
現行のスバル車ではBRZのテールランプの前のほうに透明なフィンが付いています。

写真見にくくてすみませんが、オレンジ色の枠で囲ってあるところです。

これにより乱流を発生させ、車体後部への空気の巻き込みを防ぎ空気抵抗を下げる効果があるとか。確かにBRZ、高速域でスルスルと加速する感じがあります。

トヨタ車に多くみられるようなのでこれはトヨタのノウハウなのでしょうか。

100km/hで走るのに必要な力の40%は空気に抗うために使われるとか。

見えない空気を相手にするノウハウ、飛行機も車も性能をかなり左右するようです。

2015年5月17日 (日)

Movies Under The Thunderstorm,

週末、ドライブインシアターに行ってきました。

Outback36rdrvnthtrpnrm

約180度パノラマだとこんな感じ。

映画を見ると同時に家族でピクニック。

大きなテールゲートある車はゲートを開けてスクリーン側に。

中にはマットやクッションでリビングを再現。

テールゲート、なるほど、こういう使い方があるんだ・・・。

Outback36rdrvnthtrf
クッションは思いつきませんでしたが、椅子は持ってきた(笑)

Outback36rdrvnthtrppcr
売店は、たぶん50年代からあまり変わっていない。

何の気なしに「ラージ」といったら・・・これがきた(汗)

Outback36rdrvnthtrthnd
気持ちの良い宵の雰囲気に和んでいると・・・雲行きが怪しく・・・雷までなってきた!

サンダーストーム。幸いあまり強くはなりませんでしたが、上映開始後は椅子を車に入れたり出したり(笑)

Outback36rdrvnthtravng_2

皆さん、きちんとエンジン停止で。途中で入退出する車も鑑賞の邪魔でないタイミングで、ライトを消して最徐行で。

アウトバック3.6R、バッテリー残容量の問題か、1本目見終わった瞬間にシャットダウン。

バッテリー上がり防止機構が働きました。

次はラジオ持ってきたほうが良いなぁ・・・。

田舎のせいもあるのでしょうが、マナー最高でゆったりした気持ちの良い時間を過ごすことができました。

ドライブインシアター、私の住むカウンティー(郡)でもここ一箇所だけだそうです。

次は、クッションたくさん持って、バッテリー満充電で楽しみたいです。

2015年5月15日 (金)

Movies Under The Stars.

ドライブインシアターって覚えてますか。

前を通るたびに気になっていたのですが、ちょっと寄ってみたら・・・まだ営業中でした!

Outback36rbmvtckt
チケット売り場。夜はサインと下のガラスの部分が怪しく?赤く光るようです。

Outback36rscrn
ブランコの奥がスクリーン。サイトは芝生で広々。

Outback36rbmvspkr
もう何年(何十年?)も使用されていないと思われる車の窓にかけるスピーカー。

今はFM電波で音声を飛ばしています。

週末の夜のみ営業。二本立てで大人8ドル。

営業開始は1950年。

いろいろな設備もここはオリジナルと変わっていないのではないのかな・・・。

週末の夜に来てみようか・・・AVENGERSとFAST FURIOUS 7の二本立て。

”• Our drive in has a comfortable grass lawn, so don’t forget to bring lawn chairs, blankets, bug spray, frisbees, footballs, etc.”

だそうで今は失われつつある古き良きアメリカが連綿と続いているドライブインのようです。

それにしてもアウトバックのデザイン、アメリカの田舎にも溶け込んでいます。

これは凄いデザインだ・・・。

アメリカ中西部の片田舎にて

車関係の税金(登録料)を払いに地元の役所へ。

Outback36rbmv1
こんな田舎の役所のパーキングにも、仮登録されたフォレスターが。

スバル、本当に一般的になりました。

州道にはこんなものが。

Outback36rbmvtrctr
農業用トラクターですが・・・でかい!

路肩うまく使ってくれて、車線をはみ出ていないのは凄いです。

アメリカ中西部のこんな田舎でもスバル、本当に増えてきました。

愛すべき普通の道具として普通に使われています。

スバル、極めて日本車らしいこの車が、これほどこの地で受け入れられているのは一つの驚きです。

Love Subaru・・・

アライモータースポーツ謹製WRX STI

アライモータースポーツ謹製WRX STI。

ディーラーさんの大規模展示会にて。

Arais
久万高原ラリーで新井選手優勝!!!

おめでとうございました!

しかも新型WRX STIが1,2,3フィニッシュだとか。

やはり、ラリーで勝つということが、WRX STIのイメージには大変大切であるということを実感しました。

WRCでなくても何らかの国際ラリーにはWRX STI復帰してほしいです。

「10年間変わってない。」とか辛辣な意見も出てきたWRX STIですが、このあたりでそんな意見をぶっ飛ばすような量産版とは隔絶したSTIチューンのWRX STIが出てほしい。

340馬力、トルク50kg/mのチューンドSTIなんかそこらじゅうに走っているので(EJ20は耐久性そんなに落とさないでこのくらいのチューンは可能とか)STIの限定モデルならこのくらいは出してほしいです。

ブレーキはローター等消耗部品が高いブレンボじゃないほうがいいです。エンドレスの6/4ポットで十分。

MFDはスポーツ表示を追加して。設定レブ超えるとMFD全体が真っ赤に光るとかいいなぁ。

フロントシートはレカロクラスのフルバケ、5点シートベルトのアンカー付きで。

冷却関係は最重視で、夏のショートサーキット全開でいけるように。

・・・と書いていたら現愛車のGRBじゃん(笑)

車少し整理して、GRBから新型に乗り換えてチューンすればいいのか・・・。

うん、頑張ろう。

2015年5月11日 (月)

BRZ RA 泥沼?日記。 箱根とか30000km突破とか。

サーキットライセンス更新期限・・・インターネットでも更新可能ですが実際に行ってきた。高速で直行しないで箱根経由で。噴火は・・・まあ大丈夫だろうと(汗)

Brzratnpk
久しぶりのターンパイク。MAZDAターンパイクに変わってました。

箱根の山坂道を久しぶりに走ってみると・・・BRZ面白い!

絶対スピードは抑え目で、キレイなコーナーリングを心がける。

4.5ファイナルの3速固定でステアリングとブレーキングに集中して楽しむことに。

そうしたら・・・コーナー突っ込む前に以前はシフトダウンの操作に忙しくて、ライン取りとかステアリングの切り方、ブレーキングがいい加減だったことを発見。

Sのブレーキに交換、スポーツパッドにステン配管、RF650ブレーキオイルの軽量RAは相当のハードブレーキングの連続にも音をあげません。ブレンボいらず。

軽いっていいなぁ・・・。

直噴2Lエンジンの低速トルクは大したもので、コーナー脱出時、3速固定でスルスルと加速してくれる。

Drft
サーキットではドリフト大会。さすがにここにはスバルは一台もなし。

ドリフト、面白い・・・BRZだとパワー不足でこういう長いドリフトはできないけど、機械式LSD付の私のやつならなんとかドリフトに持ち込めそうなので、今年はチャレンジしたいです。

なんだかんだで500km超走った燃費は・・・13.7km/L。

Brzra137

行き帰りの高速道路ではゆっくり目に流してましたが、山坂道ではそれなりに走ってこれ。

しかも4.5ファイナルに機械式LSD。

直噴のNAって走行状況による燃費の変化が少ない印象です。

BRZ、走るのが好きな方々にはいまだに非常に良い選択だと改めて思いました。

CAOSバッテリーに交換後はパワーも燃費も向上したような。

備忘。

・30000キロ超えて、タイヤはそろそろどうするか。BSのS001、寿命も性能劣化の少なさも特筆できるいいタイヤですけど、同じタイヤでもなあ・・・。

・3000rpm~4000rpm結構使いますがやはりトルクが落ち込んでいる感じ。スロコンでカバーできるのかな・・・。

・駆動系のブッシュ類がくたびれてきたかなぁ。STIの強化ブッシュ入れまくるかどうしようか。

・ステアリング操作の正確度を上げるためにはフルバケシート必要・・・2ドアでフルバケだと乗り降りどうする(汗)

・・・と悩みもいっぱい(笑)

2015年5月 6日 (水)

1933 StutZ DV32と2015 Jeep Cherokee.

1933 StutZ DV32 HOLLYWOOD SEDAN.

インディアナポリスで作られた車。

直8!5.3L 156馬力。トップスピードは90マイル/h(145km/h)。

これは一度でいいから運転してみたい!

映画「パブリック エネミー」に出ていそうな車です(出ていたかも?)。

Stutz_2

2015 Jeep Cherokee 4WD Sport.

Jeepf
少し前の直線基調で質実剛健なチェロキーのイメージは全くありません。

Jeepr
リアも現代アメリカの典型的なSUV(CUV)ルックです。

横置きV6 3.2L 184馬力。

今回オフロードを走る機会はありませんでしたので、残念ながら4WDの実力はわかりません。一般道路だと普通のクルマ。この前借りたシボレー インパラのような感銘は無し。

ダイムラー・クライスラーからFIATの資本が入ったクライスラーになり、JEEPブランドの再構築がされたようです。ビジネス的にはFIAT、なかなかやるなぁ。

個人的には「チェロキーに横置きはねぇだろ・・・」とか思ってしまいます(汗)

しかしこう見ると、車って80年の時が流れてもあまり変わっていません。

信頼性とか、取得性とかは全く違うのでしょうけれど。

それにしても直列8気筒エンジン、一度経験してみたいです。

2015年5月 2日 (土)

Life with OUTBACK 3.6R.  サンバイザーの秘密?

木々が青々してきました。

Outback36rsprng

アウトバック3.6R Limited、横の面がカッコいい。

派手でなく、地味にカッコいいです。

今頃、サンバイザーの秘密?に気が付きました。

Outback36rbzrnml

サンバイザー、通常状態で横にするとこんな感じ。左側隙間ができます。

ところが・・・

Outback36rbzrtlsc

サンバイザー、伸びます!

アイサイトver.3のステレオカメラをクリアするための小さ目なサンバイザーですが、こんな工夫がされているのですね。

日本に帰ったら、レガシィB4はどうなっているのか確認しないと(笑)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31