無料ブログはココログ

« USアウトバック3.6R、脱出不可能!・・・ | トップページ | アウトバック3.6Rのオフロード性能を考える。 »

2015年7月17日 (金)

スタックの後始末・・・(汗、汗)

助けていただいて脱出はしたものの・・・ホイール、サス、ボディ下面の一部は泥だらけ。

粘土質なので乾くと大変なことに・・・。

40マイルも出すと盛大な振動、というか地震がきているような大きな揺れ。

そりゃそうです、タイヤバランス調整はグラム単位でやるのに、粘土状の土がキロ単位でついているのですから。

Outbac36rstkhpw_3
まずは高圧洗浄機でノズルが届くところは洗浄。

走ってみると・・・だめだぁ、まだ盛大な振動。

覚悟を決めてホイール外し。

Outback36rstkhpw1
油圧ジャッキで上げて、ん?上げて・・・タイヤが離れない(驚)

あと数センチ。仕方がないので板をかまして。

タイヤのトラベル量が増えているのですね。

Outback36rstkhpwtire_2

一番ひどかった左前輪は作業に真剣で写真撮るの忘れた・・これは左後輪。

フロントサスペンションも泥に埋もれていましたが、これも写真撮り忘れ(嗚呼)

大きな塊は手と木片で除去。あとは高圧洗浄で。

Outbac36rstkhpwclp_2

少ない知識を総動員で、できるだけダメージが少なくなるように洗浄。

おお、ピカピカ・・・。

ジャッキアップでホイール外し洗浄を3回繰り返し。右後輪は車体に潜ってなんとか洗浄。

車体底面も潜ってできるだけ洗浄。

これならディーラーさんに点検に出しても怒られないかなぁ・・・。

走行試験。大丈夫そうです。スタック前の乗り味に戻った。良かった。

まあ、これだけやってダメージがなさそうなのは設計段階からこういう状況も考慮されているのではと。

スバル、凄いなぁ・・・。

まあ、いくら車がよくても過信は禁物・・・。

« USアウトバック3.6R、脱出不可能!・・・ | トップページ | アウトバック3.6Rのオフロード性能を考える。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタックの後始末・・・(汗、汗):

« USアウトバック3.6R、脱出不可能!・・・ | トップページ | アウトバック3.6Rのオフロード性能を考える。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29