無料ブログはココログ

« インプレッサWRX STI。タフなボディにちょっと労わり。 | トップページ | 骨太な新型レガシィB4。 »

2015年8月25日 (火)

初期型GRBの素晴らしさ。

GRB。初期型。

Wrxstigrb
片側二車線。

前方交差道路左方より車線侵入車。こちらを見ていない。

アクセルオン。ちょっと抜いて右マニューバ。左マニューバ。

きつめのステアリング操作にぴったりついてくる・・・。

この型のインプレッサ、スバルSIシャーシの最初のクルマです。

しかもこれは最初期のセッティングのクルマ。

このセッティング、実に奥が深い。

ステアした時のGの出方が実にしっとりかつリニア。

脚もしっかり、しかも固くない。

ヒョウロンカの皆様が好きな「クイックな鼻の入り・・・」とかとは全く違うのでクルマ雑誌等の評価はあまり高くなかった気がしますが、長距離やるオーナーとしては最高。

ビックマイナー後はかなり固くなってしまい、「?」と思ったことも。

ピロ足からノーマルに戻し、購入した時の感動を思い出しました。

GRB初期型、素晴らしいです。

« インプレッサWRX STI。タフなボディにちょっと労わり。 | トップページ | 骨太な新型レガシィB4。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初期型GRBの素晴らしさ。:

« インプレッサWRX STI。タフなボディにちょっと労わり。 | トップページ | 骨太な新型レガシィB4。 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31