無料ブログはココログ

« 新型レガシィB4、黒子のAWD。 | トップページ | ダブル ラピス ブルー。 »

2015年10月 2日 (金)

新型レガシィB4、ミッション神学論争の終わり。

新型レガシィB4は全車CVTです。

自動車関連のSNS等では、「MTだ!CVTはちょっとやだ、至高はDCT!」などとこの話題になると炎上?することも多いようですが・・・。

新型レガシィB4に乗っていると「ミッション形式なんてどうでもいいじゃん。」という気になります。

ただただ「良いミッション」としか感じません。

遅い流れの地方道でアクセル離した時の自然なエンジンブレーキ。

普通の加速時、感覚にぴったり合ったエンジン回転数と速度の上がり具合。

日光いろは坂を全開?で上がるとき、エンジン出力を四輪にフルに伝える以心伝心の減速比変換。

いろは坂をゆっくり下るときのアイサイトが前車を見ているかのような的確なエンジンブレーキ。

そういえば、この車ではパドルにほとんど触れなくてすみます。

状況によりSIドライブの切り替えと以心伝心のアクセルワークだけで十分。

新型レガシィB4に乗って、初めて「形式問わず良いミッションは良い。」という当たり前の感覚が持てました。

私の中ではミッション形式の「神学論争」は終止符を打たれたようです。

Newlegacyb4pdk

« 新型レガシィB4、黒子のAWD。 | トップページ | ダブル ラピス ブルー。 »

コメント

ご無沙汰しております。
ご活躍のご様子は、はこちらで拝見しております☆


「ミッション神学論争」、面白いタイトルですね(笑)
MT、CVT、プラネタリーAT、それぞれに 特徴があると思います。

SNS等で炎上している人達の言い分は一理あるモノ無いものいろいろですが(笑)、私は『アクセル踏んだ先の 車両の反応』が 大事なだけで、その あいだ の仕掛けは 「目的のための手段」だと思っているので、ホントのところ、あんまりコダワリ無かったりします(苦笑)

初期の頃のCVTは、それをセッティングする人達が 「大事にすべきもの」の指標がちょっとズレていたからの、その後の悪評価に繋がっているような気がしますね。プラネタリーATは多段化が進んでいますが、究極多段化させれば 無段変速ですもん。

私の理想は「変速しない」変速機かも知れません(笑)


機械としての機構的には効率云々あるでしょうけれど、ドライバビリティの問題は セッティング次第だと思ってます。

お久しぶりです!

コメント、大変勉強になりました。納得です。
どんなハードでも最後はセッティングが大切なのでしょうね。

なるほど、変速なしで十分な加速減速してくれれば異次元の感覚でしょうね。
社用車のEVなどはそれに近いので一度乗ってみてくださいませ。足短いので地元限定となりますが(汗)
11月1日はスバル感謝祭です。お時間ありましたら皆様お誘いあわせの上どうぞ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型レガシィB4、ミッション神学論争の終わり。:

« 新型レガシィB4、黒子のAWD。 | トップページ | ダブル ラピス ブルー。 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31