無料ブログはココログ

« 新型レガシィB4 日常メンテとか。 | トップページ | 驚愕! アイサイトver.3、感動の認識能力。 »

2015年12月20日 (日)

新型レガシィB4、こんなモデルを夢想してみた。

1年・2万5千キロ。本当に満足して乗っている新型レガシィB4。
スバルブランドとして2.5NA+CVT一本で出してきたのは素晴らしい決断だと思いますし正しいと感じています。
しかしエイプリルフールで、3.6Lツインターボ!という記事を出した時の反響が大きかったのもたしか。
http://stella55.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/b4l-294e.html
ここでより現実的?に夢想(言葉矛盾してるけど・・・)
・レガシィB4 STIなんとか。(あえてS403とかは言わないけどSTIコンプリートカーとして売る)
エンジン:3.6L水平対向6気筒NAをハイオク仕様ECUチューンで300馬力弱。
ミッション:3.6L版ベース、シフト?スケジュール等を若干チューニング。
ブレーキ:前4ポット、後ろ対向2ポットブレンボ前後17インチローター。
ダンパー:ここはあえてスタブレックスの可能な限り最大径(58mm?)で。
ホイール:ここもあえて18インチで、冬タイヤでは17インチも可能にして(この車なら結構距離稼ぐオーナーも多そうで、ランニングコストも考えて)。OP19インチはあり。
最低地上高:現状維持、雪道走れる程度のエアロで。
走りのチューン:STIさんにお任せ!
マフラー:左右二本出しで十分だけど6気筒の快音重視で。
内外装デザイン:これもSTIさんのセンスでお任せ。
シート:現行のは結構良いのでデザインのみで。
:アイサイトver.3、OPで復活マッキントッシュ(開発費用は別としてこれ結構STI製B4の目玉になりそう・・・)
これでWRX STI TypeSと車体価格同じくらいなら結構ほしい。
開発したダンパーはビッグマイナー時やアメリカ向けに使えば開発費用も回収できそうだし(勝手な意見・・・)、ハイオク指定にすればECUチューンでなんとかなりそう(素人の意見ですみません)。ミッションは今でも300馬力、40kg/mに対応verあるし。
うーん、最大の敵は・・・自動車税・・・。
 
 
 
 
 

« 新型レガシィB4 日常メンテとか。 | トップページ | 驚愕! アイサイトver.3、感動の認識能力。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型レガシィB4、こんなモデルを夢想してみた。:

« 新型レガシィB4 日常メンテとか。 | トップページ | 驚愕! アイサイトver.3、感動の認識能力。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29