無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月27日 (日)

新型インプレッサ! 2016年ニューヨークオートショー。

というわけでNYC。

2016nyshowmnhttn

私にとってNYCは鬼門だったのですが今回は順調に到着。

土曜日、やってきましたショー会場。

今回の目的は・・・これ!

2017impsdn5dr

パッと見「レヴォーグ(WRX)風インプレッサ?」と思いましたが結構違う。

2017imp5dr

三時間近く会場に居座り・・・慣れてくると・・・「これは結構凄いデザインだ・・・」と思いだしました。

個人的にはリアドアに集中するプレスラインがお気に入り。

2017imprd

テールランプからつながるラインと、前からのラインが交差しないでリアドアで抑揚を付けてる。これカッコいいなぁ・・・。

2017impsdnr

セダンのリアもいい感じ。

2017imp5drr

品の良い若いカップルが熱心に見ていました。

このお二人が乗られたらピッタリだろうなぁ・・・。

2017imppnrm

上のパノラマ写真は本日アメリカ土曜日の13:05撮影。

右端はスバルVR体験のイベントの列ですが、それを除いても全メーカーの中でも来てくださる方が多かった気がします。

全体的には素晴らしい展示でしたが、見ていて「なにかもう一つスパイス効かせればさらによくなる・・・」という感じは否めませんでした。

シカゴやNYCのオートショーは実際に購入を考えられている堅実な家族連れの方々が多い、派手なショーカーは似合わないオートショーです。

「スパイス」、チューンドカーでもなければトライベッカの後継車でもない・・・ITの活用でも燃費でもないなぁ・・・。

意外とSIAの「ゼロランドフィル(廃棄物埋め立てゼロ」ではないけれど、「スバルは数分で一台生まれてきます。役目を終えたスバルは完全にスバルの管理下にある工場で○○時間で解体されそのほとんどが補修部品として、素材としてリサイクルされます。」という感じかなぁ・・・これならスパイスとして(本体がおいしいのは当たり前として)、アメリカのスバルユーザーに訴求できそう・・・とか考えてみた(汗)

 

 

 

日産アルティマ。

アメリカでの足は日産アルティマでした。

Outback36raltmf

売れているだけあって、よく走ります。

しかしレンタカーの為、個体の状態が悪ったのかもしれませんが敏感すぎる・・・。

ステアリングゲインが高すぎて結構神経を使う。直進安定性自体は良いので席を倒し気味でステアリングに手を添えるだけなら良いのでしょうけど。

Outback36raltmdb

ちょっと驚いたのがダッシュ。5代目レガシィのようなプラスチック成型品のみ。柔らかい表皮じゃありません。個人的にはフロントウインドウに反射しなけりゃこれで良いと思ってしまいます。

グッドフライデーで会社も休み。午前だけ出社して「NYオートショーやってるじゃん!」とNY経由で帰国することに・・・。

Emb170ny

数年前は天候不順で8時間以上かかったNYですが今回は順調でした。

2016年3月19日 (土)

新型レガシィB4とアイサイトと次世代プラットフォーム。

夕方からちょっと遠めのところで楽しみな会合。
夜は帰らなければなりません。
こういうときは新型レガシィB4にお任せ。
久しぶりにものすごく知的刺激をいただきました。
日本の航空宇宙産業の歴史や頑張りを改めて感じた夜でした。
お話しいただいた皆様、大変ありがとうございました。
帰路。アイサイトをフルに使いながらテンポよく。

Legacyb4izrghr

アイサイト、起源?にはいろいろな説があるようでなかなか面白いです。

帰りの高速道路で感じたこと。車線逸脱警報一つとってもほとんど運転感覚に逆らうことがありません。

単純なライントレースではありえない高精度で、ラインの切れたところも薄くなったところも前後の状況を判断して的確に把握してくれているのがわかります。

ステアリングコントロールもそっと手を添えてくれる感じ。

アイサイトの素晴らしい人間の感覚にそった制御を実現するためにシャーシ・エンジン・ミッション・ブレーキもそれに応えなければなりません。そうするとさらに全体のレベルが上がるという好循環になっているのだと思います。

ニューヨークオートショーでではスバル新世代プラットフォームを初めて採用した次期インプレッサが登場するようですが、アイサイトとの協調制御のレベルアップも含めどこまでクルマとしての基本性能が上がっているのか楽しみで仕方ありません。

基本性能の高いクルマであってこそ、アイサイトの素晴らしさが生きることを実感したナイトラン。

また新型レガシィB4、本当にタイヤの性能に頼らない素晴らしいバランスであることを理解できました。

素晴らしいSTIコンプリートカーから乗り換えてもまったく違う、でも極めて完成度が高い新型レガシィB4。国内でももっと乗る方が増えてほしいです。

 

2016年3月13日 (日)

VAB(改)日記。STIコンプリートカーのセッティングの凄さ。

ミーティング終了。ご参加くださった皆様、完璧な段取りのスタッフの皆様に心より御礼を申し上げます。
翌朝、いまだ天候は回復せず・・・。

Vabsnwd2fsp

また軽く降ったようで。

Vabsnwd2gtw

気温1℃。

路面凍結してるだろうなぁ・・・と思いながらも帰路へ。

途中凍結路面でフルブレーキングテスト。

流石にサマータイヤじゃ止まらないけどコントロール全く不可能でもない(徐行なら)。

Vabsnwd2tg

路肩と橋の上は凍結気味。しかしほとんどは融雪できています。

Vabsnwd2tg2

それでも凍結前提、エンジンブレーキのみでゆっくりと。

こんな状態でもVAB STIコンプリートカー、路面フィードバックも確実で結構自信をもって走れる。こういうときは間になにもない(DCCDはあるけど)6MTは走りやすい。

なんだかんだ言っても最後はタイヤのグリップ頼りなので、私の地域だと11月末~3月末まではウインタータイヤマストであることが改めて実感できた週末。

2016年3月12日 (土)

VAB(改)日記。ミーティング。

一年に一回の大切な集まり。
この会には保有する最新の車ででかけるというポリシーのため(汗)、天候を気にしながらもスタッドレスからノーマルタイヤに戻して全開可能?となったこの車を選択。

Vabsnwmrnng

朝早く起きて支度して。

向かうはゴルフ場。

Vabsnwglfst

VABでもフルのゴルフバックが入ります。でも四つは無理。

この車には二人乗りでバック二つで出かけるのがふさわしいような。

ゴルフのスコアは・・・まあアレだ・・・。

ゴルフ場からミーティング会場へ移動・・・山のほうへ(汗)

Vabsnwf

いつもは下道のワインディングロードで向かうのですが、今日は積雪でノーマルタイヤでは無理と判断、高速経由で。

でも結構降ったようで。

Vabsnw

目的地手前ではこんな感じ。融雪されていることを祈りながらゆっくり走る。

なんとか到着。日本の除雪・融雪も進歩したなぁと思いながら感謝。

Vabsnwgvf

古くからのリゾート地。お客様いっぱい。駐車場もいっぱい。やっぱり景気良くなってるよな・・・。

弄ったGVBの隣がたまたま空いてた!並びで駐車。

こうしてみるとボディレイアウトが全然違う。でもGVBはGVBでVABはVABでどちらもなかなか個性的。

このGVBも・・・ギンギンのスポーツタイヤ履いてました・・・。

さて、この一年お世話になった皆様にご挨拶。

 

 

 

2016年3月 2日 (水)

新型レガシィB4の底力。

今日はお酒の席でスバルの良さとかお話しすることができました。楽しかったです。

Legacyb4bw

新型レガシィB4、ドイツブランドの目立つ部品は全く使ってません。

ブレーキもダンパーもシートもステアリングも国内部品メーカー製。

見た目はごく普通のシートですが、500kmイッキ乗りしても全く問題なし。

シート前を上げて後ろを下げて、ちょっと背もたれを倒してF16風のドライビングポジションをとるとお尻と背中にちょうど荷重が分散し、腰痛知らず。

スタブレックスダンパーも微小入力は軽くいなしながらも大入力はしっかり押さえてくれる。

結構骨太なサスセッティング。しかもしっかりした乗り心地は心地よい。

前16インチ2ポット、後ろ17インチ(間違いではありません)シングルピストンのブレーキも数値でみるよりはるかにいい感じで思い通りに止めてくれる。

ダウンサイジングしていないNA2.5L、直噴でもない普通のエンジンがよくできたCVTの制御と相まって日常領域では極めて自然にしかも速く走れる。

一つ一つは飛びぬけた性能はなくてもトータルでは極上の乗り味を提供してくれる。

STIコンプリートカーと比較しても色あせるどころか、素上の良さがかえって際立ってきました。

新型レガシィB4の良さをお話し通して改めて感じた今日一日。

アルコールが入ってしまったので走りだせないのがちょっと寂しい(笑)

2016年3月 1日 (火)

新型レガシィB4、アイドリングストップの効果。

ふと気が付きました。TripB、しばらくリセットしていないことに。

というわけで9500km強走ったあとのアイドリングストップの効果。

Newlegacyb4idlngstp
9517km走って7時間18分のアイドリングストップ。

節約したガソリンは10.4L弱。

これを多いと見るか少ないと見るかは微妙ですがガソリン価格で言えば1400円くらい。

5万キロ走れば50L。

アイドリングストップ車が10万台で5万キロなら500万Lの節約。ドラム缶で言ったら25000本分。

これはチリも積もれば山となるってことですね。

アイドリングストップ、私の新型レガシィB4一台だけ見ると効果は少ないですが、日本全体でみれば相応の効果を出しているということでしょうか。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29