無料ブログはココログ

« Night Run. | トップページ | 新型レガシィB4の凄味。 »

2016年4月17日 (日)

STI純正ライトサーキットパッケージ、インストール。

走行距離10000km直前で207の純正オプション導入。

Vablspprts

軽量フライホイール、セミメタ材フェーシング3PADクラッチディスク、クラッチカバー、STIブレーキパッド、スカートリップのセット。

207、ノーマルではものすごくジェントルな半面、車の性格を考えるとこれでいいのか?と悩むことも。

低いギヤで引っ張るとオーバーシュート気味。回転合わせてきつめのシフトダウンするとエンジンブレーキの効きが弱い時も。「これフライホイール重いんだなぁ・・・」と決断。

結構大工事(汗)。

Vablspsd

導入すると・・・「STI、わかってたのでこのオプション設定したのだろうなぁ」と納得。

全然生かされていなかった前6ポット/後ろ4ポットの”モノブロック”ブレンボもブレーキパッド交換後は本領発揮。ブレーキオイルも純正はDOT3(なんでや・・)だったのでRF650に交換。

これでノーマルエンジン前提では役者はそろった・・・と思いきや・・・。

この仕様でフルブレーキングするとタイヤが負ける。

「でもなぁ、タイヤ替えると今度はダンパーも容量足りなくなりそう・・・」とかまだまだ(楽しい)悩みは深い今日この頃。

実走行感想。

ひゃー、エンジンダイレクト感増して良くなった!でもフライホイールまだ1kgくらいは軽くて良いかも。クラッチ踏力は40%重くなった感じ。でも許容範囲。

セミメタ3PADクラッチディスクは走っているときは最高・・・でも坂道発進は汗汗汗・・・。急な坂道ではヒルホールドとケンカして発進不可能の時も(下手なだけ?)。

きちんとサイドブレーキ使って発進すれば問題なし。なんでだろ?

ブレーキ、まだジャダーでてます。一度ダウンヒルでもやって表面すり合わせしないとなぁ・・・。でも制動力はモノブロックの本領発揮ですさまじい。タイヤ完全に負けてます。

純正タイヤはコンフォート重視っぽい。う~ん、タイヤどうする・・・RE71RかAD08Rか。でもここまでやるとオーリンズDFVあたりが欲しくなりそう・・・じゃ207じゃなくなっちゃう。

GTウイングの角度変更、リップ追加で空力は驚くほど変化しました。

高速道路制限速度くらいでも明らかにリアグリップ向上。高速入路などの安定感は別世界。FSWのレーシングコースで180km/h超えるようなところはウイング純正位置のほうがよいかも。GTウイング、「公道走る車にいらねェ」とか思ってましたけど・・・けっこう実際にも効くのに驚いた・・・。

 

 

 

« Night Run. | トップページ | 新型レガシィB4の凄味。 »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

スポーツ走行とは縁のない私には夢のような投稿ではありますが、こんなカスタマイズができるスバルのポテンシャルってすごいんですね。

私のレガシーB4はいよいよ今週22日に納車の予定で今からワクワクしております。

MABEさん

明日納車ですか、楽しみですね!
新型レガシィB4の凄さ、今日も感じてきました。
青い207に全く劣らないどころか勝る所も多く・・・。
B4、お楽しみくださいませ。

最初乗り心地が固めに感じますが、1000kmほどで馴染むと思います。
納車時はタイヤ空気圧が高めだと思いますので、馴染んだら指定空気圧にするとまた良い感じになります。

STELLA55さん、

ご連絡ありがとうございます。
今日はちょうど午後は通院しますので、終わり次第B4を取りに行こうと思っております。

足回りの固さと空気圧の件、ありがとうございます。
とても参考になります。

Limitedを選んでおりましてスタブレックスライド・ダンパーについては自動車評論家の間でもいろんな評価がありますが、ロードホールディングについては評価が高く一番大事なことだなと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STI純正ライトサーキットパッケージ、インストール。:

« Night Run. | トップページ | 新型レガシィB4の凄味。 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30