無料ブログはココログ

« VAB(207)近況など。 | トップページ | 新型レガシィB4とVAB 207との休日。 »

2016年4月28日 (木)

VAB(207)日記。207とはどんな車なのか。

11000km突破。

Vab207

207、ノーマル状態ではそれこそこれ一台で乗り心地等、家族から全く文句も無く、なんでもこなせる万能車。

ただ走りの面では一枚皮をかぶったようなところもあり。

STI純正ライトサーキットパッケージを装着すると・・・これが本来の207なのだろうなと思います。ただクラッチワークがシビアになるのでよほどうまい人でないと家族からは「ガクガクする!」とか文句が出そう。

ようやく強化クラッチにも慣れてきた今。

あらゆる場面でリズムに乗れる。思い通りに車が動く。

アクセル1ミリ踏むと1ミリ分だけ車が前に進む。戻せば戻した分だけエンブレがかかる。

カーブに合わせて早めのステアリング操作するだけで幅広い速度領域でニュートラルに一定横G発生させて車が曲がる。

速い速度領域(公道における)では角度を増したGTウイングが効きだし、リアを沈めながらより高いスタビリティで旋回する。

ショートサーキットがめちゃくちゃ楽しかったチューンドGRB(HB)とは違った挙動をします。

11:1の速いステアリングギヤ比をもつステアリングをどう扱うかという課題(まだ腑に落ちていない・・・)はレーシングコースで走れば答えが出そうです。

冷却系の不安はあるので真夏になる前、サーキットに持ち込みましょう。

 

« VAB(207)近況など。 | トップページ | 新型レガシィB4とVAB 207との休日。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

相変わらずまだ体調が戻らず遠出は無理、B4は買い物の足になっております。
それでも良さはますますよくわかってきて運転しない家内にも乗り心地は大好評です。

貧弱な表現ではありますが、4輪が常に路面をグリップしていてそれぞれ駆動や制動などの仕事をしているなというのが実感です。
FFのインスパイアでは感じられなかった安心感です。

また思ったよりずっとパワーがありますね。
鋭い加速はCVTがよほど適切なギア比(?)を選択しているからでしょうか。

VAB(207)の投稿も楽しく読ませていただいております。
「アクセル1ミリ踏むと1ミリ分だけ車が前に進む。戻せば戻した分だけエンブレがかかる。」というダイレクト感、すごいんだろうなと思います。

MABEさん

ご無理なさらないで、B4お楽しみくださいませ。
1ミリの話、B4もかなり良い線で207のノーマルクラッチより一度速度に乗るといいくらいです。
スバルのCVTというかB4のCVTは本当にセッティングが素晴らしい。
B4、いろは坂の上りなどでもエンジン出力を疑ってしまうくらい速いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAB(207)日記。207とはどんな車なのか。:

« VAB(207)近況など。 | トップページ | 新型レガシィB4とVAB 207との休日。 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31