無料ブログはココログ

« VAB(207)日記。207とはどんな車なのか。 | トップページ | B777、富士重工謹製 中央翼の上で、2016年5月版。 »

2016年5月 1日 (日)

新型レガシィB4とVAB 207との休日。

家族中が信頼しているレガシィB4。

Legacyb4gw

買い物荷物を降ろしてちょっと掃除。

そして207。

Vabgw

GTウイングのため、洗車機に入らないので何十年かぶりの手洗い洗車のクルマです。

コーティングはしたので水洗いだけなのは助かります。

跳ね石等の傷、2か所発見・・・ん~、ちょっとショック(汗)

まあ、走りの車だから仕方ない。

GWスタートですが・・・アウトバック3.6Rと一緒のGWであります。

« VAB(207)日記。207とはどんな車なのか。 | トップページ | B777、富士重工謹製 中央翼の上で、2016年5月版。 »

コメント

STELLA55さん、

連休中にご出張のご様子、お疲れ様です。

私は思わぬ用事で急遽横浜から大阪へB4で行ってきましたので少しご報告です。

5月2日の早朝に出発、先ほど5月3日の昼に戻りましたが日帰りもできたぐらいに疲れませんでした。

総走行距離977.3Km、燃費は15.6Kmでした。
行程は行きは東名、新東名、伊勢湾岸道、新名神、名神で渋滞は少しでした。
その日のうちに豊田市まで戻って泊まりましたが、途中に奈良の実家に寄りましたので大阪から奈良までは大渋滞している一般道を走り、さらに奈良からは高低差のあるワインディングロード、名阪国道、大渋滞(10Kmを40分)の東名阪道、横風の強い伊勢湾岸道を通りました。
今日は新名神の事故渋滞がひどく藤枝岡部で降りて国道1号を20Kmほど走って富士から東名に乗って帰ってきました。

まず思ったのは「スバルってよくこんなすごいクルマを造ったものだ」と言うことです。

アイサイトの全車速追随機能付きクルーズコントロールとアクティブレーンキープを使うと、これまで高速走行では前車との車間の維持と車線の維持にどれだけ神経を使っていたかがわかりました。
その仕事から解放されることでまったく疲れませんでした。
特に夜の伊勢湾岸道の強い横風の中でも微妙にステアリングが修正されて本当に運転が楽でした。
直進性も素晴らしいです。

高速は渋滞していても流れていても関係なくこれはもうアイサイトの独壇場ですね。
急に割り込まれてもそのクルマをきちんと認識しなおしますし、認識しなおしたことがわかるようになっているのもありがたいです。

夜間もアクティブレーンキープは正しく働きましたし車線を認識するまで少し時間がかかるのも如何にもきちんと映像解析をしている感じです。

また山道でも良く曲がり運転しやすかったです。
FFでは経験のない感覚でした。
特に登りはギアの選択がない分非常にスムーズにかつパワフルに加速していく感じですし、下りはエンジンブレーキが必要になればパドルを使えばギアのあるATと同じ安心感がありました。
勝手にDに戻るのはどうなのかと思いましたが、いえいえこれはむしろ使いやすい。

TPMSを付けているのですが、高速走行後の空気圧の上昇は前輪後輪共に0.2前後、前輪と後輪のタイヤ内部の温度の差は2度ほどでした。
FFのインスパイアでは空気圧の上昇は前輪が0.3~0.4、後輪が0.2程度、前後輪の温度の差は5度程度ありました。
後輪もしっかり仕事をしているのがわかりました。

アイサイトのすごさはそのソフトウェアにあると思います。
スバルのエンジニアやテストドライバーはこのセッティングを出すのに一体どれぐらいの時間と手間をかけたのかと思うと尊敬の念を禁じえません。

とにかく異次元のクルマで、それが私にも手の届く価格で売られていることに感動を覚えて無事にどころか楽しく軽々と1,000Km乗ってきました。
遠乗りが楽しくなるなと思います。

STELLA55さん、MABEさん、

みなさん、お忙しいようですね。
偶然私も今日、岩手県から神奈川県へ移動でした。
圏央道で10㎞ほどの渋滞に捕まりました。
初めて渋滞でアイサイトを使いましたが、アイドリングストップを解除すれば、足は全く何もすることがないですね。
前車への追従も安心感があり、任せておけばその内渋滞も解消しているという、イライラ知らずにはビックリです。

岩手県の山間部をSモードで走ってみましたが、運転が上手くなったと錯覚するくらい気持ちよく走れました。
楽しい!
ちなみに、S#モードはアクセルが敏感過ぎて、ほんとに気合い入れないとと使いこなせそうにありません。
このコーナーをこのスピードで曲がれるなんて、しかもほとんど恐怖感を感じない?
ある意味、危ない車です(笑)
サーキットまでは行けないけど、そこそこ走りを楽しみたい、しかも、安全性も高く燃費も納得できるという、夢のような車ですね!

WRXにも乗ってみたいですが、自分にはコントロールできそうにないですね。
ターボのドッカンパワーも直線しか使いこなせないでしょう?


MABEさん

素晴らしい詳細なコメントありがとうございました。
タイヤプレッシャー、温度の件など目から鱗で本当に勉強になりました。
MABEさんのコメントを拝見して、なぜ長距離が楽なのか等改めて理解できました。
レガシィB4、本当に良い車ですよね・・・。

tnさん

レガシィB4、楽しい車ですよね・・・。
スペック上は特に凄いとかないのですけど、トータルでは凄い。
B4本当に速いです。制限速度150kmまでで日本縦断キャノンボールやったらもしかして207より速いのではないかと思います。
ターボ全開、直線でしかできません(私には)。
一流ラリードライバーは・・・「あいつら人間じゃねェ」

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型レガシィB4とVAB 207との休日。:

« VAB(207)日記。207とはどんな車なのか。 | トップページ | B777、富士重工謹製 中央翼の上で、2016年5月版。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29