無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月28日 (火)

真面目で真摯な株主総会。

今日は「富士重工業株式会社」の株主総会。

Vabrain

窓の外は雨。

Sgp

会場ではSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が。

Levorgsti

もう一つレヴォーグ STI。これカッコいいなぁ。内装もブラウンレザーで素敵。

株主総会開始。

「株主を大切にしてくれてる・・・」。

本当に真面目で真摯な運営で、スバルのクルマと共通するものがありました。

富士重工業、いい会社だなぁ・・・来年4月からは「株式会社 スバル」。

Subaru360ylllw

会場の地下パーキング。黄色いスバル360。

これを乗ってきて株主総会参加とは。なんか素敵。

経営陣の皆様、関係者の皆様ありがとうございました、とお礼を言いたくなるくらいの良い雰囲気の株主総会でありました。

 

 

2016年6月26日 (日)

VAB(207)日記。ある日常。

普通の日曜日。久しぶりに207で。
シルバーレガシィGTのオーナーが撮ってくれました。

Vabiphnv

スマホでさらっと撮ってくれたのですが、いつもの私の視点と微妙に違って面白い。

Vabiphnh

やはり写真は道具はなんでもセンスが大切だなぁ。

Dogrun

お返し?にレガシィGTオーナーの愛犬を撮影。

速い・・・久しぶりに一眼レフ持っていたのですが、それでも奇跡の一枚。トリミングありでこの程度・・・。

ゆっくりと時間が流れた田舎のありふれた日曜日。

 

 

 

新型レガシィB4。バレーパーキング。

家族の大きな行事。
参加してくださった皆様、ご配慮いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Legacyb4htl

ここはバレーパーキング。

レガシィを持ってきていただきました。

新型レガシィB4、どんな場面でも違和感がありません。

華美なデザインはなく、あくまで機能を重視しながらも品の良い造形。

大荷物もしっかりトランクに飲み込んでくれました。

帰路。アイサイトver.3 フル活用でゆっくり安全に帰宅。

新型レガシィB4、家族をしっかり守ってくれて結構複雑な日本の社会的慣習にも完璧に対応。

等身大の生活を安全にしっかりサポートしてくれる新型レガシィB4。

これは・・・いい車です。

 

 

 

 

 

 

2016年6月22日 (水)

和みの新型レガシィB4。

新型レガシィB4、乗った瞬間に和めます。
なぜなのでしょうかね・・・。
S207はもちろん、レヴォーグ 2.0GT-Sでももう少し緊張します。
こんなに和める車なのに、その気になればいろは坂登りでスポーツカーをパスできるほどのハイペースを維持できる。

Legacyb4bcmrf

この車、街中でも快適です。

Legacyb4bcmr

ライン装着ナビと比較すると表示ラインはいい加減なものですが、ミラーをメインにバックカメラを従で使えばバック駐車でも切り返しなしの一発駐車できる時が多いです。

ボディ見切りが本当に良いし、ステアリングも結構切れる。

28000km超えましたが、いまだ新車同然。約2万キロ走行の純正タイヤの路面ノイズが多少大きくなってきた程度。

タイヤ空気圧等簡単なチェックとディーラーメンテナンスだけで乗りっぱなしができる。

アイサイトの機能含め、車がパッセンジャーを守ってくれている感覚が凄い。

いつの日かこの車を手放すときがきたら寂しいだろうなぁ・・・。

「お紺」ってニックネームを付けたくなりました。

2016年6月20日 (月)

レヴォーグGT日記。 レヴォーグのデザインって。

デビューしたころより、現在のほうがデザインに対する評価が高い気がするレヴォーグ。

デビュー時は「昭和の香り」とか言われたこともありました。

Levorgbm
国内専用車として開発されたはずですが、マーケットの要求から欧州輸出等も始まったようです。

こうして欧州車と並ぶと結構個性的で良いなぁ。

これなら欧州の販売会社も欲しがるわけです。

日が経つにつれカッコよく見えてくるレヴォーグ。

スバルのデザインって、奥が深い。

2016年6月18日 (土)

戦闘?準備 その1。

S207の気になっていたネガつぶし開始。

Vabbo1

首都高速など、夜間明るいステージで気になるのがこれ。

Fウインドウやサイドミラーに映りこんで時々ドキッとなります。

mtブランドのマットブラックマスキングテープでメッキ部塗り?つぶし。

Vabbo2

反射といえばウインドウサッシュも。

Vabbo3

wrblueが夜は結構反射する・・・。

Vabbo4

ここもマットブラックで処理。これで気になった反射2点のネガつぶし完了。

これが走りの集中力強化1次対策。

Vabbo5_2

細かいところも新車に簡単に戻せる範囲で徐々にチューニング中。

少しずつ本来の「戦闘機」的雰囲気が出てきました。

S207の最大の魅力は、328馬力を7200rpmで発生し、レヴリミット8000rpmのSTIチューンEJ20エンジンを強固な6MTで味わえること。

こんなエンジンは一部のスーパーカー除けば世界でも絶滅危惧種。でもガソリンエンジンはこうでなけりゃ。

こんな車を途切れずデビューさせ続けている富士重工業に感謝。

スバル、やっぱりわかってる。

 

2016年6月16日 (木)

180万アクセスありがとうございました。

アクセスカウンター、181万アクセス突破。

ここに来ていただいている皆様に心より御礼を申し上げます。

Vabandsmbr
保有車現況。

2011年式 サンバーディアス SC 4WD 5MT 旅人スタンダードパッケージ。

富士重工業 本工場での軽自動車生産終了間際のサンバー。

5年目ですが、まだ新車のよう。自動車用品量販店で「査定だけでも・・」ということでやってもらったら驚愕の査定。でもこの車は売りません、下取りにも出しません(笑)

旅人仕様なので、近郊の山や川で自然の音を聞きながらボーとするのは・・・最高。

・レヴォーグ 2.0GT-S。

快速ワゴン。主に家人が使用。大荷物運んだり実用で使い倒して大活躍中。

・Outback 3.6R Limited。

アメリカでの個人車。アイサイト利用でインターステートゆっくり流しても、ちょっと急いでも最低地上高220ミリあるとは思えない走り。

6気筒3.6Lエンジンは古き良き感じもあり、始動時はちょっと迫力あって好き。

・レガシィ B4 Limited。

過給エンジン至上主義だった私にNAエンジンの素晴らしさを教えてくれた最高の車。

地味に走行距離を伸ばし中。

・S207

なかなか手ごわい(汗)。1万2千キロ走破した後も、理解したと思ったらまた「俺のことまだわかってねェだろ。」という感じで悩まされる。山坂道を思い通りに走れるのはもうちょっと先かなぁ。

普通は夜の一般道を窓全開で60km/hで流しても・・・最高。

購入当初はなぜか煽られたけど、最近は全く煽られません。なぜなんだろう?(ぶっ飛ばしているわけではありません(キッパリ))

///

スバルって同じような基本レイアウトですが、各車全く違う。

楽しくて楽しくて仕方ない。

今後ともよろしくお願い申し上げます!

アイサイトver.3ってやはり凄いなぁ・・・。

休日。曇りでもなくカンカン照りでもなく。バイク日和。

Newlegacyb4bike
新型レガシィB4のアイサイトver.3は割り込んできた前方のバイクをしっかり認識して追従。

先代レガシィGTのレーダー式 SIクルーズではこのような状態では追従走行切ってました。

ステレオカメラ方式のアイサイトver.3は不安定な動作など微塵も見せず。

不意のバイク転倒に備えながらもシステムには絶対の信頼をおいて走れます。

逆光状態も含め、アイサイトver.3の完成度はMABEさんや皆さんおっしゃるように素晴らしいです。新型レガシィB4での28000kmで想定外の反応をしたことがない・・・。

Bnzcmr
駐車場で前のベンツを見ると、「ステレオカメラ付いたんだ・・」とびっくり。

たしか以前は「レーダー方式の優位」を喧伝してなかったかと。

フロントガラス密着のこの装備方法はドイツ的だと思いました。合理的。

ただカメラ間の間隔が狭く、またこの装着方法だとガラス内側曇りの問題はないでしょうが、逆光時などの信頼性はどうなのかな・・・。

スバルのカメラ装着方法は一眼レフカメラのレンズフードのように逆光などに強い効果をもたらしているように思えます。

ベンツの形式ではレーダーは外せないと思います。

Newlegacyb4cmr
それにしてもアイサイトver.3、ステレオカメラだけでこの信頼感のある制御ができているのは本当に凄い。

レーダーやレーザーセンサーなど光波を発信するアクティブ方式の車では、装着車が激増した時に本当に信頼性が維持できるのかどうも疑問。

また将来、ECCMとECM組み合わせると交通関係の大きな混乱を誘発できるのではないかと。

完全なパッシブ形式のアイサイトのステレオカメラ方式には電波干渉とかは無縁なので、個人的には将来もパッシブオンリーの車に乗りたいです。

2016年6月 5日 (日)

6月第一週。

珍しく体調ヨレヨレの第一週。
シカゴ オヘア空港。

2016jun1

ここ10年ほど大拡張続けていますが、いつも混雑。

西欧の、船や飛行機が小さくても大きくても同じ扱いする習慣は好きです。

2016jun2

成田空港混雑の為、30分ほど遅延。

成田空港はいろいろと難しいのでしょうが真剣に第二滑走路の延長を考えないといけないと思います。

都市対抗野球北関東2次予選。

2016jun3

太田市は選手・関係者のご努力にもかかわらず今年は東京ドームに行けませんが、来年頑張ろう!

夕方、VAB S207を手洗い洗車。

2016jun4_2

チッピング塗装剥がれをさらに一か所発見。まあ走っていれば仕方ない・・・。

2016jun5

STIや関係者の皆さんが本当に本当に頑張って手に入れたSP3T二連勝。

このエンブレムに負けないように綺麗な運転を心がけましょう。

体調戻ったらいよいよサーキットデビューも考えて。

サーキットでは固めた脚になれた私が、この柔らかい中にも芯のあるサスセッティングのこの車をどう扱えばよいのか試行錯誤するのも楽しそうです。

 

 

2016年6月 1日 (水)

ニュル24hレース クラス優勝おめでとうございました。

凄い。数々の逆風に耐えて二連勝。
関係者の皆様、本当に大変だったと思いますが心より二連勝のお祝いを申し上げます。
 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29