無料ブログはココログ

« S207と13600km。 | トップページ | AKINA 2。 センチメンタル ジャーニー。 »

2016年8月15日 (月)

AKINA

急用でAKINAのふもとまで。
用事が済んで、久しぶりのAKINA(榛名山)。
ヒルクライム。溜まったカーボンを完全燃焼させるつもりで。
でもなぁ・・・ここ、こんなに狭かったっけ?(大汗)
それでもトルク、出力なるべく維持して。
コミックみたいにキンコンなんてとんでもないですが、フルハーネスとフルバケが欲しくなる程度の勢いで。
Vabaknr
ダウンヒル。コミックでのスタート地点。
前からヘッドライトの光芒。
涙目GDB。wrblue。
コミック主人公が勝負をかけた下りヘアピン連続、今では速度抑制舗装で波打っています。
S207、周波数がピッタリ合ってしまうようでジャンプするくらい揺れる揺れる。GRBやB4だとここまで揺れなかったのになぁ・・・。

Vabaknmtr

ふもとの街はお祭り。立派な山車が出ていました。
主人公たちがよくだべっていた(と思われる)ファミレス。

Vabaknfmrs

AKINA SPEED STARSのS13も85も、残念ながら?見ることはかないませんでした・・・。

Vabaknsd

帰りの高速。溜まったカーボンはしっかり燃焼したようでエンジンビートも軽やかに。
カーボン燃やしまくった山道燃費は6.0km/L。
速度制限内定速巡行を心がけた帰路は13.1km/L。
S207、ここまでタイトな山道はちょっと苦手風(ドライバーのせい)ですが、箱根周辺の峠は車の性格に合いそうです。
次は箱根遠征?・・・。
 

« S207と13600km。 | トップページ | AKINA 2。 センチメンタル ジャーニー。 »

コメント

STELLA55さん、おはようございます。

私はコミックは読んでいないのですが、中国に滞在していた際に香港映画の「頭文字D The Movie」をDVDで何度か観ました。
CGではなく実写だと言われている映像はなかなか迫力がありました。

主演のジェイ・チョウ、鈴木杏に加えて拓海のお父さん役のアンソニー・ウォンは香港映画には必ず出てくる大変味のある俳優さんでこれはこれでなかなか面白い映画でした。
オリジナルの北京語吹替えの海賊版でしたので鈴木杏がとても上手な北京語を話していました(笑)。

関東に住んでいても榛名山には行ったことがないんですが、拓海たちがAE86でのレースをスタートする場所が実在するのは感動です。
しかも夜のお写真ですから映画と同じですね。

映画にはAE86のほかにはFC3、R32と派手にブローオフバルブの音を鳴らしたランエボⅢが出ていましたがスバルは出ていませんでした。
あのバトルにWRXが出ていたら勝ったかもしれないと思います。

箱根ターンパイクや伊豆スカイラインなど楽しそうな道がたくさんありますね。
重量級FFでは楽しみで行くことは無理でご無沙汰していますが、B4でなら私もまた行ってみたいと思いました。

S207で、箱根新道、ターンパイクは最高です。
でも。レーダーに気をつけて。

MABEさん

映画私も見ました!結構面白かったです。
イニDは地元の見慣れた風景がよく書き込まれているので楽しいです。

B4、山道楽しいという点ではS207より勝っていると私は思います。本当に思いのまま動く。
スペック上は一回り以上上回っているクルマと一緒に楽しく走れます。いろは坂のぼりや旧道碓氷峠、楽しかったなぁ・・・。

B4、お楽しみくださいませ。

いっちゃん さん

箱根新道、ターンパイク!S207だと楽しそうですよね。
昔はなんとなく料金所の雰囲気でわかったという噂も(汗)
地元のチームの皆様にご迷惑にならないよう楽しみたいです。

イニDでも言ってましたが神奈川エリアは・・・レベルが高い・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKINA:

« S207と13600km。 | トップページ | AKINA 2。 センチメンタル ジャーニー。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29