無料ブログはココログ

« 新型BRZの凄味。 | トップページ | 秋近し。 »

2016年8月28日 (日)

Red Suns 2

アクセル、ベタ踏み。
7000rpm目安にシフトアップ。
登りコーナー脱出。時に7500rpm超え。
繰り返されるリズム。
やはり赤城は面白い・・・。

Smbrakgtp

今回の主役はサンバー旅人。

赤城北側のヒルクライムも想像以上に楽しかったです。

基本3速ベタ踏み。コーナー進入、脱出で時々2速全開。

絶対的な速度は知れているのでフロントスタビライザー無し、VSC無し、145R12の商用車用タイヤでも不安ない。

濡れた路面。車のほうで無理はきかないので、ラインどり、荷重移動、トルクバンド維持等のドライバーの腕がより要求される・・・。

Smbrakgr

下りは旧道つづれ折り。

ここ急コーナーが90も続く。

流石に飽きてくる and ステアリング回す腕が疲れてくる。

サンバーでフル転舵繰り返すことが結構大変であることを発見。

ロック to ロックは何回転だろう、とにかく回す回す(汗)

Smbrakgtnnl

群馬の山奥。こんな隧道も。

車が小さいとどんな道でも躊躇なく入っていける。

素敵な小径。田舎の旧道沿いにはハッとするような風景がたくさん。

もしかしたら江戸時代から変わっていないような。

ナビじゃなくて地図を見て。

一般道の最短距離で繋いで。

サンバー旅人が通れない道は道路地図には(たぶん)ありません。

群馬の田舎も結構面白い。

/

まだいろいろ規制が緩かったその昔、スバルの車は赤城山で鍛えられたという話を地元で聞きます。

2サイクル二気筒エンジン、青白いスモークを吐きながら赤城を上るスバル360やサンバー。

凍結した小沼の湖上を全開で走るスバル1300Gやレオーネ。

サンバーのギヤ比がここにぴったりなのも、こんな歴史からきているのかも・・・とか思いました。

 

« 新型BRZの凄味。 | トップページ | 秋近し。 »

コメント

STELLA55さん、おはようございます。

スバル製のいろんなクルマ、しかも全く性格の異なるクルマを所有してそれぞれ楽しんでおられるSTELLA55さんに驚きます。
私はB4しか知りませんがどのモデルもそれぞれとってもいいところがあるんだなブログを拝見していて思います。

やっぱり日本で鍛えられた日本のクルマって感じですね。
それが国際基準でも十分に認められているのは凄いことだと思います。

軽自動車にもスーパーチャージャーが付いていたんですね。
ターボチャージャーを知り尽くしたスバルが選んだスーパーチャージャーはきっとサンバーにはベストマッチなんでしょう。

明後日からドイツへ出張を予定しています。
出張後半はベルリンからミュンヘンまでロマンチック街道も経由してレンタカーで移動予定です。
スバルのレンタカーを探しましたが残念ながら見つかりませんでした。

3人乗りでスーツケースが4個か5個ありますのでワゴン車が必要ですが、フォードは米国でのフュージョンがまっすぐ走らず懲りていますのでちょっと気張ってプレミアムにしました。
3シリーズかCクラスかあたりかなと思います。

アウトバーンをひたすら走るにはアイサイトが最適だと思いますが誠に残念です。

MABEさん

ドイツですか!世界中が舞台で素晴らしいです。
高速走行の本場での実体験、またご教授くださいませ。
道中お気をつけて!

スバル車、いろいろな個性があって面白いです。
レガシィB4は家族に貸し出し中(汗)

ある友人は「スバルは日本車でなくて群馬車。」と言い切っておりましたが、言い当て妙だと思いました。
車の世界も「グローカル」という言葉が通用するのかも。

STELLA55さん、おはようございます。

群馬車ですか。
確かに言い当て妙です。
でも群馬発の世界水準車って誠に痛快ですね。

ところで8月22日付の日経産業新聞に富士重工の社名変更に関するコラムが出ていましたので少しだけ引用します。。

「「重厚感があって良かったのに」「頼むからやめて」。
富士重工業が2017年に「SUBARU(スバル)」に社名を変更すると発表した5月12日、インターネットには同社の車を持つ人らの悲鳴があふれた。
吉永泰之社長(62)は「発表後にネットをチェックしたら8割方が『反対』でがっかりした」と言う。
社内はどうか。富士重が社員に聞いたアンケートでは「賛成」が6割、「どちらとも言えない」と「反対」が合わせて4割だった。賛成の理由は「世界で通用する」「航空機事業でも浸透している」など。
(中略)
6月28日の株主総会に出席し、40年来の株主という横浜市の女性(73)は「良い車を作っているのにトヨタ自動車などに及ばず悔しかった。変更は大賛成だ」。かつて「フジシゲ工業さんですか?」と聞かれ、「スバルです」と答える社員もいたというだけに、車のブランドに社名を合わせることで他の大手メーカーと肩を並べる感覚を持ったようだ。」

賛否両論のようですが40年来の女性株主さんのコメントを読むとわかっている人たちがたくさんいるんだなと思いました。

ドイツのレンタカーはスタブレックスの乗り心地に勝てるかなと今から興味津々です。

STELLA55さん、こんばんは。

サンバーでの走りもターマックラリーさながらですね(笑)
流石です。

555レガシーを見て思い出しましたが、先日今年のWRCフィンランドをテレビで見ました。
6000〜7000回転以上をキープしながらハイスピードコーナーをドリフトしてクリア、そして大ジャンプとWRCを代表するラリーに感動しました。
物凄いクラッシュも見る側としては醍醐味ですね。

私は若いころにバイクでダートを走るのが趣味だったので、オフロードレースは大好きです。
と言いながら、モトGPもF1もNASCARもインディカーも見ているんですが。

今はB4で安心、安定感のある中で、時々熱くなる心を少しだけ解放しながらの走りを楽しんでいます。

B4は今の自分が乗る車としてジャストフィットだなと感じます。

でもじゃじゃ馬?も楽しんでいるSTELLA55さんが羨ましい限りです(笑)

MABEさん

地元、街中に「富士重工業○○」が溢れている環境で育ってきたので、個人的には複雑な心境。
ビジネス判断としては最高だと思っています。

ドイツでドイツ車、群馬の赤城山や榛名山でスバル車という感じでしょうか。
お楽しみくださいませ!

tnさん

バイクでダートを楽しまれていたのですか、凄いなぁ。
WRC、楽しいです。スバルがいないのは寂しいです。
モータースポーツ、熱くなりますよね。

レガシィB4、大柄の車体が旧道碓氷峠で驚くほど俊敏にしかも安定して動いてくれてびっくりしました。
tnさんの「ジャストフィット」のペースってもしかしたらメーターとんでもない位置を指していたりするのでは。

STELLA55さん

WRCではヒュンダイが好成績を上げていることに驚きます。
やがては市販車でもその実績を生かしてくるのではないでしょうか?
スバルのように。

自分は自動車エンジン製造にかかわる仕事をしていますが、ある部分ではヒュンダイに負けているという話も聞きます。

日本の自動車メーカーもうかうかしてられませんね。

tnさん

WRCからのフィードバック、大きいと思います。
スバルもカルロス・サインツのような車と運転を言葉で伝えることのできるドライバーのおかげでかなりの進歩があったように思えます。

ヒュンダイもドライバーの意見を生かせれば大きく変わるかも。

自動車業界の競争、凄まじいものがありますね。
2000年ごろ勝ち組に見えたGMがその数年後には・・・。

奢らず、車としての魅力を一歩一歩途切れずに進めていくことが大切なのかなぁ、と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Red Suns 2:

« 新型BRZの凄味。 | トップページ | 秋近し。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29