無料ブログはココログ

« ヒストリカル シティ、新たな仲間たち。 | トップページ | アメリカの田舎から群馬の自宅へ。 »

2016年12月10日 (土)

祝い! 新型インプレッサ、カーオブザイヤー受賞!

驚きました。新型インプレッサ、カーオブザイヤー受賞。
関係者のご努力に心より敬意を表します。
実は、この情報を初めて知ったのは、いつもコメントを頂くMABEさんからのコメントでした。
転載させていただきます。
以下転載。

STELLA55さん、こんにちは。

スバル車のオーナーさんとこのブログでお話しさせていただけること、とてもうれしく思います。

ところで今週はスバルが日経新聞を賑わせています。

12月6日の日経朝刊
「5日に群馬製作所(太田市、大泉町)を報道陣に公開し、輸出強化のため建屋を増築せずにエンジンを2割増産したことを明らかにした。ベースは地道な改善の積み重ね。富士重が自称する「チョコット能増」が快走する北米販売を支える」

12月7日の日経朝刊
「富士重、米国販売9年連続最高」

いずれもかなり大きく取り上げられていました。

そして先ほどは今年の日本カーオブザイヤーにスバル インプレッサスポーツ/G4が選ばれたとの速報も。
スバル車のオーナーとしては誇らしい思いで一杯です。


転載完了。

富士重工業(スバル)の皆さんのご努力が、記事になり、スバルオーナーに知られ、さらなる愛着に繋がる。

スバル、大企業なのですが、なぜかそこに働く人々の人情味を感じることのできる稀有の会社だと思います。

Newimpus

写真はアメリカで見た新型インプレッサ。

« ヒストリカル シティ、新たな仲間たち。 | トップページ | アメリカの田舎から群馬の自宅へ。 »

コメント

STELLA55さん、お帰りなさいませ。

私の拙いコメントをご転載いただき赤面至極です。
それにしてもこの時代にガソリンエンジンの量販車ではフィット以来の受賞のようですからこれはもう快挙というしかないと思います。

先週末からディーラーさんにB4を預けておりまして、今日の朝、引き取りに伺いました。
でも日本カーオブザイヤー受賞についてのノボリもバナーも何もありませんでした。

担当の方に伺いましたらまだ準備ができていないのだそうです。
受賞の可能性があるということは社内でも噂になっていたがやっぱり受賞後の準備ということなんですよと言っておられました。
受賞を見越していろんなものを作っても万が一ダメだったら貴重な広告宣伝費が無駄になるわけでそんな感覚はとても良いな~と思います。

今日初めて新型G4を見ました。
トランクがB4並に大きくて驚きました。
これはとても大きな美点だと思います。

B4を預けていたのはコーティングした塗装のことで少し相談があったためです。
スバルさんの問題ではないと思われるのですがアドバイスがいただきたいと調査をお願いしていました。
ディーラーさんでは原因と対策が明確には判明せず一度工場から専門の方が来て見ていただけるそうです。
営業の方、サービスの方の真摯な対応にとても好感を持っております。

MABEさん

無断で転載、申し訳ありませんでした。
MABEさんのコメントが、今のスバルをよく表しているなぁと本当に感心させていただいたためです。
私も今日ディーラーに行ってまいりましたが、カーオブザイヤー関連のアド、何もありませんでした(汗)
この自然体のディーラー姿勢、私も実は結構好きだったりします。

コーティングは施工業者によってばらつきがあるようで、私は近くのガソリンスタンドで施工と日々のメンテナンスをやってもらうようにしたらようやく満足いくようになりました。

STELLA55さん、こんばんは。

私などのコメントがSTELLA55さんのブログの趣旨に沿うようでしたらどうぞ転載してくださいませ。
とても光栄なことだと思っております。

コーティングの件、情報ありがとうございます。
拙宅は大規模マンションで駐車場に屋根はありませんので週一度の水洗いは欠かしておりません。
自分ではこれ以上はできませんのでディーラーさんにアドバイスをいただいて適切にメンテナンスをしてゆきたいと思います。

私はこれまではブラック系かガンメタ系が多くシルバー系は初めてです。
アイスメタリックシルバーは見る角度で黒っぽくも見えて迫力がありとても良い選択をしたと思っておりますが、反面汚れの目立ち方も濃色系とは異なりますね。
でもB4への愛着は変わりません。(笑)

MABEさん

アイスメタリックシルバー、光の当たり方や昼と夜で随分印象の変わる色でよいですね。
ラピスブルーでは平板な感じになるときでも抑揚がはっきり出る。

MABEさんのコメント、本当に参考になります。
冷静に物の本質をつかめる方なのだと。
今後ともよろしくお願いいたします。

STELLA55さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

私は仕事ではずっとモノづくりに携わっております。
日本、米国、台湾、中国と製造拠点はどこであってもモノづくりは難しくまた楽しいものでもあると思います。

最近は企画や営業にも関係しているのですが「売れるもの」と「良いもの」の悩ましい関係に苦労します。
どちらかというと製造サイドにおりますのでどうしても良いものを創りたくなるのですが製造側の自己満足になる可能性もあり判断はなかなか難しいです。

その点スバルのクルマ創りには一本筋の通ったところがあり製造側、販売側ともに目指す方向のコンセンサスがうまく取れているのではないかなと感じます。
社内では当然喧々諤々の議論が交わされることと思いますが、モノを創って販売する組織としては羨ましいなと思っております。

私の職場もあと2週間弱でお正月休み入りとなります。
近場で良いのでブリザックを履いたB4が活躍するところに行きたいと思っている今日この頃でございます。

MABEさん

私も社会人になってからずっとモノづくり一筋です。
おっしゃるように市場やお客様のご要望を重視しながらも、先を読んだ一本筋を通した開発や生産能力の確保など結構しんどいですが、楽しいです。

B4にブリザックだと、氷雪路でもペースを少し落とすだけで本当に普通に走れてしまいますが、日陰の下りコーナーのブラックアイスにだけは注意してお楽しみください。

STELLA55さん、こんにちは。

モノづくり、しんどいけれども楽しいというご意見には誠に同感です。
私は未だに毎日が勉強です。

私にはブラックアイスは元より氷雪路もほぼ未体験ゾーンであります。
さらに日陰の下りコーナーとなると想像しただけで何だか恐ろしくなります。(笑)

横浜に住んでおりますとそんなところを走る必要はまずないのですが、B4ならわざわざ探して走りに行く価値があるかなと思っております。
運転に関してはとても臆病な性格ですので徐々に慣れて行こうと思います。

年末に米国の厳冬地へのご出張本当にお疲れ様です。
くれぐれもお身体をお厭い下さいませ。

MABEさん

ありがとうございます。

運転には”臆病”が大切だと思います。
物理原則は気力ではカバーできません(汗)

B4で冬の風情、お楽しみくださいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝い! 新型インプレッサ、カーオブザイヤー受賞!:

« ヒストリカル シティ、新たな仲間たち。 | トップページ | アメリカの田舎から群馬の自宅へ。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29