無料ブログはココログ

« 新型インプレッサの内装よくなりました。 | トップページ | 新型インプレッサG4、これはNAのWRX。 »

2017年3月 2日 (木)

新型インプレッサIIHSテスト結果。たまげたなぁ、凄いなぁ。

新型インプレッサセダンのIIHSテスト結果。

http://www.iihs.org/iihs/ratings/vehicle/v/subaru/impreza-4-door-sedan

HPページのVIDEOをクリックでスモールオーバーラップ(全幅の運転席側25%衝突)の結果が見られます。

良いといわれる車でも衝突後はハーフスピンしてリアを外側に振り出しますが、新型インプレッサは衝撃をいなしてスピンしないで衝突後平行?移動。

これはすごいなぁ、ドライバーにかかる衝撃が全く違うと思いますし、実際の状況ではスピンしてたとえば右側の歩行者をはねる可能性も大幅に減少する。

これはたまげた。

« 新型インプレッサの内装よくなりました。 | トップページ | 新型インプレッサG4、これはNAのWRX。 »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

IIHSのビデオを拝見しました。
確かにたまげますね。

ざっと見たところ他車でこのような挙動を示している例はありません。

クラッシュ時にリアタイヤがほとんど浮き上がっていないのが印象的です。
B4は横を向いてはいますがやはりリアタイヤの浮き上がりは他車に比べれば最低限です。

インプレッサのSmall Overlap FrontのFull Reportの評価には「The dummy's position in relation to the door frame, steering wheel, and instrument panel after the crash test indicates that the driver's survival space was maintained very well.」とあります。

この最後の部分のvery wellですが、なかなかveryが付かずwellだけのようです。
欧州のM車、B車、日本のL車でもざっと見たところveryは付いておらず「survival space was maintained well.」なんですね。
(我がB4は2015モデルでのテストでvery wellでした!)

しかもインプレッサはMidsize Carより小さいSmall Carのカテゴリですから、これはカーオブザイヤー以上にすごいことではないかと思いました。

MABEさん

MABEさんの鋭い指摘に感服しました・・・。

レガシィB4、今でもトップランクの安全性能だと思います。乗っているときの安心感は特筆レベル。
その極めて高いレベルのレガシィをスバルの新世代プラットフォームSGPは別の解釈でまたレベルを上げてきた。
これは凄いなぁ。

それでもレガシィB4が劣っているとは全く考えられないオーナーとしての実感は正しいと思います。
新型インプレッサからB4に乗り換えると、なんとも言い難いリラックスした気持ちになれます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インプレッサIIHSテスト結果。たまげたなぁ、凄いなぁ。:

« 新型インプレッサの内装よくなりました。 | トップページ | 新型インプレッサG4、これはNAのWRX。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29