無料ブログはココログ

« 桜とスバル。 | トップページ | SUBARU of AMERICA 50th ANNIVERSARY. »

2017年4月17日 (月)

速報! スバル アスセント(アセントでした(汗)) in NYC. SUBARU ASCENT SUV CONCEPT Debut!

スバル アスセント見てきました。
インターネット上の写真より実物のほうが比較できないほど素晴らしい。

Nyshwascent3kids

最初の一枚はあえてこの写真。

大柄なご夫婦にお子さんが三人。

スバルを欲しくても初めから候補に入らなかったと思われるご家族。

欧州高級SUVでなくトラックベースの米国SUVでなく。

スバルの高い総合安全性を持った3列シートのSUVがリーズナブル(たぶん)に手に入る。これはアメリカの多くのファミリーにとって意義のある素晴らしいことだと心底感じました。

Nyshwascentf

フロントデザイン、日本人的感覚では「ここまでやるか!」と思われるかもしれませんが、実車(コンセプト)をアメリカで実際に見ると、「これは良い!ちょうどいい!街にでたら映えるだろうなぁ・・・」と感嘆。

Nyshwascentsd

欧州ぼったくり?高級SUVメーカーが結構焦ってくるのではないかと。安全・走行性能・デザイン、最近では内装質感まですべてにわたって肉薄(一部は上回る)してくる車をおそらく高いコストパフォーマンスとリーズナブルなランニングコストで上市されたら。

Nyshwascentinsd

子供連れの方々の人気が他社SUV展示車より素晴らしい。

Nyshwascentr

リアもスバルの共通コンセプトのデザインですが、大き目のSUVにもこれほど似合うとは。

アスセント、これで大きな燃料タンク容量で航続距離が長ければ最高。

私の感覚ではアメリカでのSUVはとにかく長い航続距離(車での遠距離家族旅行が普通)、燃費でかせぐだけでなく(高速通行止めで3時間とか普通にある・・・)エンジン回せる時間が長い車が欲しいです。高速インターでの十分な加速があれば、絶対的エンジン出力はそれほど大切でないかも。

アスセント、完全に期待を上回る3列シートSUVでした。インターネット写真より10倍良かったです!

そうだ、B9トライベッカを買いたくて結局あきらめた4人の平均身長190センチを超える近所のご家族もASCENTなら買っていただけそう(笑)

« 桜とスバル。 | トップページ | SUBARU of AMERICA 50th ANNIVERSARY. »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

ASCENTの情報ありがとうございます。
フロントもリアも紛れもなく私のB4の流れをくんでいて感激至極であります。

フォードのFシリーズにも負けないフロントの押し出しの強さは米国では大きな武器になりますね。
「IIHS Superior」の大きな掲示も第三者のレポートに敏感な米国人への訴求としては非常に効果的と思いました。

5メートル超えの全長に2メートルの全幅をSGPに載せて水平対向ターボにAWD、さらにアイサイト付きなら是非日本でも見てみたいのですがきっと個人輸入する人が出そうですね。
報道写真で見たところ21インチタイヤの後ろに見えるブレーキローターはリアのほうがフロントより大きく、紛れもなくスバルだな~と思っております。

この展示に関するCar and Driver誌の記事によりますと「The Ascent makes a bold visual statement highlighted by a front end that features the brand’s “Konoji” daytime-running-light design and a massive grille, while the overall proportions remind us of the recently introduced Volkswagen Atlas.」と書かれていました。

「コの字」のライトは英語でもスバルのアイデンティティとして認知されているんですね。
でもAtlasとは似ても似つかぬプロポーションだと私は思います。(笑)

こんばんは。

アスセントはどこから見ても凄い迫力ですね。
海外ではこのくらいのインパクトがないとアピールできないのかもしれませんね。
見た目だけでななく、安全性と走る愉しさを高いコストパフォーマンスで実現するのがスバルの素晴らしさなのだと思います。

先週の土曜日に、お台場で行われたモータースポーツジャパンフェステバルに行ってきました。
ラリードライバーの新井選手、奴田原選手のトークショーやデモ走行なども見られてすごく楽しかったです。
デモ走行では新井選手が、ドリフトしながら最後にバックで入退出ゲート内に収まるという離れ業を実際に見られて感動しました。

トヨタのWRCカー「ヤリス」はヴィッツとは思えない迫力でした。

昨年型のF1マシン(マクラーレンホンダMP4-31)のコックピットに試乗?できたのも貴重な体験でした。
閉所恐怖症の自分にはとても我慢できるスペースではありませんでしたが(笑)

これで無料のイベントとは、日本のモータースポーツ振興のためにみなさん頑張っておられるんだなぁと感じました。

日曜日の朝はその勢いのまま?B4で箱根に。
素晴らしい晴天で、富士山の絶景を楽しんできました。

MABEさん

ASCENT、良かったです。3列SUVの中で一番のように思いました。
シート配列が2・2・3にはびっくりでした。VW Atlasは2・3・2なので大きさが違うのでしょうね。
リアローター、そうなのですか!気が付きませんでした。
日本でも乗りたいですが、流石に日常使いにはきつい大きさです・・・。

tnさん

アスセント、良い雰囲気の車でした。いかつそうでいかつくない・・・。

お台場行かれましたか!F1に乗られたとは羨ましいです!
新井選手は・・・異次元のドライビングで日本人離れされたますよね。グンマーは恐ろしいところです(笑)

「その勢いのまま」箱根、いいです、車の楽しみ全開ですね。
帰国したら久しぶりに箱根いきたいです。

tnさん、STELLA55さん、おはようございます。

WRCヤリスは映像を観ていても大迫力ですね。
市販のヴィッツとWRCヤリスはまったく違うとわかっていてもシルエットが残っているのでとても身近に感じます。

マクラーレンホンダのコクピットに乗られたんですね。
羨ましいです。
きっと今のF1はB4並にいろんなスイッチが付いているんでしょうね。(笑)

マクラーレンホンダは今年も苦労していて、最高速測定でトップに20Km/hも劣るのはどう見てもパワーユニットの劣勢と思われます。
量産車とは桁違いのレベルの技術競争ではありますがメルセデスもフェラーリもルノーもこれまで何度もホンダが圧倒的優位に立ったことのあるメーカー、がんばってほしいです。

「グンマ―」は恐ろしくて凄いところと改めて認識しました。(笑)

こんばんは。

今年のホンダF1エンジンはかなり厳しいみたいですね。自分は中島悟さん参戦依頼、F1を見ていますが、今年ほどの辛い開幕はなかったと思います。
厳しい意見が多い中、何とか挽回して汚名返上してほしいところです。

米国でのホンダインディカーは快調のようですが。

WRCのヤリスも快調ですね。
復帰初年度としては素晴らしい活躍。
ヤリスは後ろ姿がド迫力です!

F1マシンのコックピットからは、あの大きなフロントウイングさえほとんど見えませんでした。
あれであのきわどいバトルができるなんて...。

スイッチ類はステアリングにうんざりするほど。
さらにモノコックの両サイドにもありました。
B4以上です(笑)

2020年頃にはF1の音も良くなる見たいですね。
水平対向12気筒なんてないんでしょうか?

MABEさん

tnさんがご覧になったWRCとF1の車、面白いです。なんだかんだいって国内メーカーが頑張ってくれるのは嬉しい!
ブランクを取り戻すのはやはり大変なのですね、ここであきらめずに踏ん張ってほしいです。

「グンマー」という言葉、すぐ廃ると思っていましたが、今度は映画にまでなるようで・・・(汗)

tnさん

あのウイング、見えないのですか!
F1パイロットって凄い。
おっしゃるとおりインディーカーは強いようですが、やはりF1とは大きく異なるのでしょうか。
ヤリス、期待以上の活躍ですばらしいです。

水平対向12気筒・・・正確にいうと180度バンクのV12だったかも知れませんが・・・懐かしいです。

アセントと読むんじゃないかな。

STELLA55さん、こんばんは。

STELLA55さんが投稿してくださったAscentの写真をじっくり見て、さらにCar and DriverのAscentの記事の写真も見て気づいたことがありました。
ルームミラーがないように見えますね。

コンセプトだとは言えルームミラーを付けるのは簡単でしょうからこれはきっとミラーレスではないかと。
Car and Driverの記事にシャークフィンアンテナを後ろから写した写真がありました。
カメラが付いているように見えました。
これはバックビューモニターではなくミラーレスのルームミラー対応かもしれないと思います。

またサイドミラーもスバルにしては小さく見えました。
もしかしたらこちらもミラーレスかも知れませんね。

Ascentが発売される来年にはミラーレスのクルマは珍しくないのかも知れません。

__さん

すみません!
アセントですね、やっちまいました。
MABEさん、tnさんすみませんでした。
表題のみ修整かけます。
ご指摘ありがとうございました。

MABEさん

さすが!鋭いご指摘です。
シャークフィンアンテナにカメラ入っているようです。真後ろ向いているように思えます。

サイドミラーも含め、また実車を見る楽しみが増えました。ありがとうございました。

三太郎です。
ついに出てきましたね。コンセプトモデルなので量産型はもう少し変わるのでしょうが、ネットでもザワツカセテいるモデルなので是非日本に・・・・と思います。
他のネット記事では恵比寿本社のタワーパーキングに収まる事は確認済みとありましたから、ひょっとしてと期待が高まります。

三太郎さん

量産モデルもカッコよさそうです。
恵比寿本社のタワーパーキングに収まるのですか!恵比寿に行けばみられるかもしれませんね。

日本で走っていたらインパクトありそうですよね。
私も、もし買えたら乗りたいですが、日常使いはちょっと無理かなぁ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 桜とスバル。 | トップページ | SUBARU of AMERICA 50th ANNIVERSARY. »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29