無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

空港再び。

日本での地元行事に参加できず、参加の皆様、申し訳ありませんでした・・・。
日米国際線、ここまでいっぱいだとは本当に驚きです。
はたして今日は無事飛べるのか・・・と空港へ。

Outback36rarprtmtr

満タンからチョコチョコ街乗りばかりだった燃費は20mpg。まあこれ以上悪くなることはありません。

最近の全面液晶メーターパネルの車、意外と一瞬の判断ができないことが多くて、私は好きでありません。最初の感動が二時間もすると苛立ちに変わります。

その点アウトバックのメーターパネルはオーソドックスで好ましいと思いますが、ディーラーでの試乗の印象で売れ行きが変わるこの国では上級グレードは液晶化が不可避でしょうか。

Outback36rarprt

アウトバック、かっこいいなぁといつも思います。

実は一回り大きく見えるSUVより車内やラゲッジは広かったりします。

実に使いやすいサイズです。

日産リーフも長く販売しているせいか結構見ます。

テスラはバレーパーキングの充電ステーションにいますが、リーフは通常パーキングにいることが多いです。

オーナーさんは空港のまあ近くにお住いの証拠ですね。

国内線、遅れてます・・・またしてもボンバルです・・・。

機体の塗装はメジャー航空会社のものですが、運行は他のローカル航空会社への委託となっていて、運行会社の整備能力が欠けている+ボンバル機でこうなってしまっているのかなぁ、と。

今回は無事に飛びたいです・・・。

追記:

無事帰国便に搭乗できました。

Jal

さすがに国際線は機体が見えれば運行される確率がきわめて高いです。


 

2017年7月29日 (土)

Big V Twin.

空港から会社に戻り、普段はあまり見ないところを集中して回る。

Vtwn

完成まじかの機械室に備え付けられたコンプレッサー。

イギリス製、Vツイン!

このタイプ、日本じゃあまり見ないよなぁ・・・。

なんだかんだ言って、イギリス・アメリカ・ドイツ・日本などはこういったものをきちんと作れる会社が続いているのは地味に凄いことだと思います。

 

夏でもアメリカ国内線には要注意・・・。

アメリカ国内線が遅れに遅れて国際線に乗れず。
冬の悪天候ならわかりますが晴天で。
国際線代替便もすべてフル。
NY経由もダラス経由もボストン経由もフル。
なんと翌日までフル。
他のアライアンスの航空便を使うにはフルフェアでもう一度払わないといけないとか。

おまけに国内線をキャンセルして車で行こうとしても、国内線をキャンセルすると乗り継ぎ便も自動的にキャンセルになるらしい(ほんとか・・・)

以前はフルフェアで払ってあれば何とでも融通が利いた気が。旅行会社かませているからかえって悪いのか。
個人的にはボンバルディアの航空機とは本当に相性が悪いようで大きなトラブル経験はほとんどボンバル機。故障のアナウンスの後、リカバリーがずるずる一時間、一時間と伸びていく。
エンブラエルは故障で遅れてもせいぜいリカバリーするまで一時間。

仕方がないので会社に戻って仕事しよう・・・。
 

2017年7月27日 (木)

アウトバック3.6R Limitedの佇まい。

忘れものを取りに家へ。普段はいない時間。
「ぎゃー、スプリンクラー作動してる(汗)」

Outback36rsprnk2

ん~、これずっとこの時間に作動していたのか・・・。
ご近所から「なんだこの家は・・・」とか思われていただろうなぁ。参りました。
機械室のスプリンクラー制御盤を確認。
「時計が狂ってる、バックアップ電源がいかれてる?」
とりあえず時計セットしなおして、明日は雨らしいので制御を切る。

アメリカ中西部、今年は雨が多いらしくスプリンクラーは必要なさそうです。

Outback36rsprn

それにしてもアウトバック3.6R Limited、アメリカの普通の風景に似合う。

華美でもなく質素でもなく。

INFINITIや他の高級車のような華はありませんが、古き良きアメリカを具現化したようなこのデザインを好きなアメリカ人は多いと思います。

2017年7月25日 (火)

2018 INFINITI QX30 Premium AWD。う~ん・・・。

なぜかいつも使っているレンタカー会社にINFINITIの車が大量に入ってきている気がします。
今回は2018 INFINITI QX30 Premium AWDにアップグレードされてました。
大きさとか見た感じはスバルXVの高級版。
乗り込むといきなり問題発生。パワーシートのスイッチがわからない・・・シート横にはありません。

Qx30pwrst

なんと?スイッチはドアにありました。「ベンツみたい・・・。」

なぜか操作系の理解に四苦八苦。他の日産車と全く違う感じ。何だこりゃ?と思いながら走りだします。

NVHはよく抑えられていますが、エンジンはラフ。「これでINFINITI?」と疑問が。前回のQ60とは比較にもなりません。

違和感全開で高速に入ります。スピードが上がると安定してきます。

「でもこれってさぁ、スバルXVのほうが全然上だよね・・・。」という感じ。

クルーズコントロールスイッチオン。

ドヒャー、前の車に近づいていく(汗)車間がどんどん開いていく(汗)

日頃アイサイトばかり日米で乗っているのでいろいろ焦ります。

iPodが有線で簡単につながるのは良かったし、BOSEの音も(私には)素晴らしくオーディオ関係は気に入りました。

Qx30isd

視界もあまりよくないしなぁ、なんでエアコンのダイヤルがこんなに下に。

シフトレバーもスイッチ方式、モード切替はレバー左下の小さ~いボタンを押す・・・。

Qx30f

恰好はいいです。高級感もあります。

トルコン7速ATも扱いやすくてスナッチも最小限。

Qx30r

容量は小さいですがスクエアな荷室は結構使いやすいです。

Qx30crg

車の許容範囲は極めて広い私ですが「これ欲しい?」と聞かれたら、久しぶりに「いらない。」と即答できる車でした。

先月乗ったINFINITI Q60とは大違い。あれは良かったです。

最後に驚愕の事実が。

操作系が日本車じゃない?と思ったらそれもそのはず、この車、ベンツGLAの姉妹車みたいなものでした・・・

エンジンも駆動系も足回りも同じ。

Aクラス、ベンツの中では評価が高くないのも納得。

横置き直4気筒のAWDの乗ってみて、スバルの水平対向エンジン+縦置きAWDの素性の良さを改めて感じました。

 

 

万国旗、Boeing 747、真夏のシカゴ。

またまたシカゴ。

Chicagoapt

いつもの各国の旗に戻りました。

やはりこちらのほうがよいです。

日本のマスコミから受けるトランプ政権の感じでは移民入れてない気がしますが、実際にはバンバン入ってます。

溢れる各国からの航空機。

Chicagonfc

送り出し国にプレッシャーかけながら実際には入れるというのはたいした策士かも。

Chicagoba747

BAの747-400がいました!ジャンボジェット、大好きな飛行機。

ヨーロッパの航空会社、まだかなり747を使っているようです。

Chicagodwntwn

再びシカゴダウンタウン。

夏真っ盛りという感じになりました。

搭乗している機体はエンブラエル175。これ結構良い機体で三菱航空機MRJの手ごわいライバルだと思います。

いつかこの路線でMRJに乗れるといいなぁ・・・。

 

2017年7月23日 (日)

そしてS207の素晴らしさ。

代車を返却してS207で空港へ。
やはりS207もいいなぁ。
圏央道を定速回転で。
遅いスピード、でもS207は自体はとても快適。


ただ東北道から東関東自動車道までの圏央道はほぼ片側一車線なので、新型レヴォーグやS4のアイサイトツーリングアシストは絶大な威力を発揮すると思います。
圏央道ならほぼ自動運転ではあるまいか・・・。

Vabaprt

S207にもレーンキープがほしいなぁ、と思いだしたころ(片側一車線の自動車道は結構疲れます。)空港に到着。

マニュアル車にも機能限定版のアイサイトあればWRX STIもっと売れるかも。

シフトはもちろん自分でやりますから。

週末、B4とS207を乗りましたが、スバルって同じようで全く違って、でも走りの基本(DNA?)はブレていない、本当に面白い車たちです。

新型レガシィB4、個体差ってあるのかな?

高原で会合。ご一緒いただいた皆様に御礼を申し上げます。
帰り時間は大雨。
車は新型レガシィB4、でも代車。
私のとちょうど作られた時期も同じ、グレードも一緒、空力オプション等なしなのでほとんど同じ車。
「車の個体差ってあるのか?」とふと思い、近くのお山を目指してみました。

B4hlnd

結構な雨の中急な山道を走りだす。

ドライブモードはS、時々パドル使用。

ヒルクライム。

2.5Lやはりパワーある。ギヤ比は常に最適。

大雨の中ぐんぐんと高度を稼ぐ。

思いっきり引っ張る。結構な速度。

左急カーブ、ブレーキ「ドン」で荷重移動させてステアリング切り込む。

広大なボンネットが望外の軽快さで入りこんでいく。

荒れた路面にもサス完全追従。

コーナー頂点通過アクセルオン。

大柄なボディのセダンが幾多のコーナーをひらりひらり駆け抜ける。

パワー、タイヤ、ミッションすべての組み合わせが最適。


ダウンヒル。

2速?固定。時々1速。

ミッション固定で構わずぶん回す。

コーナー手前でグリップ限界まで制動。

「この車、凄い、ABSが最後まで顔出さない。」

ABSが効くときは突っ込みが速すぎちょっと汗かいたときのみ。


一般路。渋滞気味。

さっきまでのスポーツカー然とした走りの車が一転してサルーンに。

高速道路。

速いペースを保って、マナーも守って。

車線変更してきた追い越しのトラック。

予測はしていてもちょっと強めのブレーキ。

B4、完全に姿勢保ちながらただ減速していく。

延々と続くトラック同士の追い越し。

アイサイトセットでストレスなく傍観。

車線オープン。

Iモードのまま全開。エンジン回転数と速度が同期しながらスムーズに上がっていく。

CVTの気持ち良さ。

走行距離が三分の一の同じ車。

私が所有するレガシィB4と個体差はほとんどなし。

全く同じ車に長距離乗れる機会はあまりありませんが、乗ってみてびっくり。

今の車、個体差って少ないのだなぁ。

レガシィB4、いろいろ無理をしていないであの性能を出している奇跡の一台なのでばらつきも少ないのかも。

レガシィB4の素晴らしさを改めて感じた一日でした。

 

 

2017年7月17日 (月)

久しぶりの新型レガシイB4。

B4、いいわぁ~。

さすがに2.5Lはパワーあるし、ミッションとの相性も最高。
サスもインプレッサG4と比較して硬派なセッティングでもの凄くスポーティー。
スピード感の少ないインプレッサG4(これは良いことなんですけど・・・)よりスピード感あります。
写真もなくてすみませんが、ちょっと感動をメモ。

2017年7月16日 (日)

盛夏!今日は太田祭りでした。

今週末は太田祭り、盛り上げてくださった皆様、本当にありがとうございました。

太田の神輿といえば欠かせないこの集団。
そうです、SUBARU神輿です!

Mkshsbr

SUBARU群馬製作所のVIPも法被着用で。

300人以上のSUBARUの方々が暑い日曜日に熱い神輿担ぎ。

これなかなかできることではありません。

SUBARUの地域への貢献姿勢、本当に素晴らしいです。

車もいいけど、作ってくださっている皆様もいいなぁ、SUBARU。

お次は企業神輿。下の写真は地元商工会議所会員各社からの参加。

Mkshkgs

若い人が一生懸命で、嬉しかったです。ベトナムからの研修生も担ぎ手に。

国籍問わずお祭り盛り上げてくれて。涙出そうでした。

他にも阿波踊りや多くのイベントなど、今年も熱い太田祭りでした!

 

2017年7月14日 (金)

凄いぞ、新型レヴォーグ/WRX S4、新型アイサイトツーリングアシスト

CARトップという雑誌のyoutubeより転載。

新型アイサイトツーリングアシスト、まだ乗ってはいませんが長足の進歩を遂げたことがこのビデオからも感じられます。各15分長で少々長いですが見る価値はあると思われます。

新型レヴオーグとベンツEクラスを比較

https://www.youtube.com/watch?v=lM2M3lL53y0

スバルアイサイトツーリングアシスト、停車時でもセットが可能になったようで、これは良いなぁ。0~60km/hの範囲でも前車と白線を認識しながら追従するのも凄い。

ステアリング操作をしないと30秒でコントロールが切れるのがもったいないくらい。

ベンツはステアリング操作をしなくても低速域ならコントロールが切れないようなので、安全上これが良いかは別として、販売面では有利になりそう。

ツーリングアシスト、アイサイトver.3からの進化かと思っていましたが、実際の使用上(特に渋滞時など)全く別物と考えたほうが良いかも。

かえってアイサイトver.3車を乗っている人のほうが(私も含め)欲しくなってしまいそうです。

新型レヴォーグとVOLVO、セレナを比較。

https://www.youtube.com/watch?v=HcHA5JrESVk
一長一短はありますがアイサイトツーリングアシストとベンツが良すぎてどうしても差を感じてしまいます。

おまけ土屋圭一がD型WRX STIとC?型WRX STIを比較。
プロが乗ってもEJエンジン、よくなっているそうです!
https://www.youtube.com/watch?v=d0x1CWLKFvg

おまけのおまけ、トミ・マキネン群サイ激走。
https://www.youtube.com/watch?v=zC1_apg2SrY
こういうモータースポーツの最先端技術の導入も必要になってきているころかも。
今のスバルの走りはWRCで得たものも大きいと感じており、そのころ学んだ効力もそろそろ切れてくるころのような。

*すみません、動画に直接飛びません、なぜなんだろう??

2017年7月13日 (木)

真夏の怪談? ETCカードが自然にイジェクト・・・。

普段高速を使わない母親の新型インプレッサG4にETCカードを入れる。

「ETCカードが認識されました。」

Etcblue

ダッシュのリッドを閉める。
ん?ETCアンテナの青いインジケーター消えてる?
ダッシュリッドを開ける。

Etcorg

????ETCカードがイジェクトされている。
以下、カード挿入、カード認識、リッド閉め、カードイジェクトを5回繰り返す。
なんでカードがイジェクトされるのか悩む、悩む。

やっと理解。ETC車載器の飛び出したイジェクトボタンをリッドが押してました・・・。
新型インプレッサ内装の精度が極めて高くなって余計なクリアランスが無くなったのだなぁ・・・。
ディーラーで取り付け位置を右にずらしていただいて問題は解決。
でもこれって、気が付かないでETCレーンに入ったら入れない→急停止で衝突の可能性あるし、結構まずいトラブルかも。
多くのオプション取り付けるディーラーさんも大変だ・・・。

2017年7月 4日 (火)

台風、太陽光パネルに要注意。

台風が接近中です。大きな被害がなければよいのですが。

Slrpnl

最近一番心配なのが道路わきの太陽光パネル。

実はこういったパネルは建築基準法関係ありません

写真のパネルなど、もしかしたら大雨で流される可能性も大。

山間部の崩れそうなパネル、幹線道路わきの足場で組んであるようなパネル、大雨や大風でどうなるかわかりません。

道路上に飛んできたりする可能性も大きいです。

台風の中、車や他の手段で移動せざるを得ない方々、十分お気を付けくださいませ。


2017年7月 2日 (日)

STAY BACK 200FEET。

私の住んでいるエリアに川があり、建築用砂利採取が盛んです。
というわけで通勤路にも砂利トラが走り回っています。
土木・建築の景気はまだまだ良さそうです。

Stybck200ft_2

このダンプ、以前はリアに”STAY BACK 200feet”と大きく書かれていました(今も右上に小さくあります・・・)。

丸目WRXのフロントウインドウにひびが入ったこともありますが、証拠出せなくて泣き寝入り。

この業界はまだ西部劇の時代のよう。

アメリカ中西部、西部劇の時代から未来まで混ぜこぜで、これはこれで面白いです。

 

2017年7月 1日 (土)

Blood Drive.

私の住む地域でBlood Drive(献血)が行われました。

Blddrv

献血車を待っているとインディアナ州のプロバスケットチーム、Pacersのバスが入ってきます。

「なんでPacers?」と思っているとこれが献血車でした(驚)。

献血スタッフの方に聞いたら、「我々はPacersを支援して、Pacersもこうして我々を支援してくれている。」とのことでした。地元プロアメフトチームのColtsのバスもあるとか。

アメリカのこういう感じは好きだなぁ。

献血自体も事前のアナウンスの効果もあり、結構順調だったようで嬉しいです。

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31