無料ブログはココログ

« Baby driver : ベイビー・ドライバー | トップページ | 2017 Subaru Challenge at SIA »

2017年8月27日 (日)

アメリカでのスバルの聖地でクルマ三昧。

土曜日はSIA(Subaru Indiana Automotive)の開所30周年記念のオープンハウス。
で、行ってきました!
工場見学の対応も最高。群馬のスバル感謝祭のアメリカ版。
なんでスバルの工場って日米で古き良き感じがするのだろう。

前庭では小さなオートショー・コンテスト。

Sia30

スバルラリーチームUSA。

アメリカのラリーではスバル一強という感じです。

市販車でラリーポテンシャルのある車って世界でも少ないです。

Sia302

ターボ軍団。

日曜日はここで2017 Subaru Challengeがあるので、その参加車でしょうか。

なかなかのチューニングの車もあります。

でも改めて見ると、スバル車チューニングでは群馬ってどれだけ良い環境にあるのかよく解かりました。

Sia303

ここはアメリカ、ショーの華はやはりV8やV10軍団。

Sia304

その中で気を吐くDATSUN 240Z。エンジンはちょっと?違うようですが(汗)

Sia305

黄色の車はスチュードベィカー!

テールフィンがカッコいい!


楽しいイベントを満喫して帰り道。

駐在時家族でお世話になった方を訪問した後、地元のファーマーズマーケットへ。

Outback36rtmt

陽が傾く中、地元産の真っ赤に熟れたトマトを前にして。

ここの野菜や果物はスーパーとは一味違う。

何時間もかけてくる方々も多いようです。

ここがお客さんでいっぱいになってくるとそろそろ秋の気配。

 

 

« Baby driver : ベイビー・ドライバー | トップページ | 2017 Subaru Challenge at SIA »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

貴重なお写真を見せていただきありがとうございます。

これで水着の女性陣がたくさん居られましたらそれこそFast and FuriousのRace Warsですね。(^_^)

市販車、それも手の届く価格でラリーポテンシャルがあるのはスバルぐらいであろうと私も思います。

それにしてもこの240Zはエンジンもすごいですがコンディションも素晴らしいですね。

一体どんなエンジンを積んでいるんでしょう。
少なくとも「280」ではないことは確かですね。

ファーマーズマーケット、私も米国出張時にはよく行きました。
歩いているだけでとても楽しかった思い出があります。

3年ほど前にはスマホに取付けられるクレジットカード決済システムのSquareの普及でファーマーズマーケットでもVISAで支払いができてビックリしたものでした。

STELLA55さん、MABEさんこんばんは。
SIA30th楽しそうですね。アメリカにすっかり溶け込んだSUBARUたち。このVAB、YouTubeで見ました。240Z、奥のZ06?コルベットもロングノーズショートデッキ、スポーツカーの真骨頂。
MABEさんが仰るようにスターターガールが出てきそうな絵です。また、アウトバックに大きな紙袋一杯のトマトをラゲージに積んだらもうそれだけでカタログになりそうです。僕はアメリカには観光でしか行った事がありませんが(スミソニアン)機会があれば仕事で行ってみたいです。語学力はありません。(航空無線)の初歩的英語程度(汗)話題が変わりますが、日本国内の90年代のスポーツカーがどんどん流出しています。アメリカのように古くてもコンディションの良いクルマを大切にするような環境になって欲しいですね。ヴィンが言ってるように、Fast and Furiousの原点は’90年代の日本車文化。その製造国が大切にしていかないと…

MABEさん

残念ながら?このあたりには水着の女性も、スカート履いた女性もおりませんです・・・。

プライベーターが乗れるラリーベースは本当にBRZ(86)やWRXだけで、STIさんが地味にラリー用部品を供給してくれていることも大きな理由だと思います。

このあたり土地も家も広いので、クラッシックカーや改造車(アメリカンスタイル)が週末ごとに湧き出てきます。古い日本車は西海岸や東海岸がメインでしょうか。

240Z、エンジン極めて太い吸気管で隠れて本体見えませんでした。ターボ付き直6かもしれません。

トマト、農家の軒下売りという感じでキャッシュオンリー、まだまだ現金信仰のある土地柄です。

HAZさん

アメリカ、乗り物好きには最高の国だと思います。
お仕事で来られたら楽しそう?です。
西、中、東、北南、それぞれ文化が微妙に違って面白いと思います。

古い日本車、各家には断熱されたガレージが必ずあり、また古い機械への愛着もひとしおで保管環境は抜群に良いので、ちょっと悔しいですが日本にあるより長生きできる可能性が大。

少し寂しいですがアメリカに渡ったほうがよいかもしれません。

8~90年代の日本車文化、特に峠文化は今では自転車の進出により不可能となりました・・・。

群馬の山では朝早くでも夜遅くでも雪道!でも自転車は必ずいるので、私もアクティブな走りは封印してかなりの時間が経ちました。

保管の問題も含め、JDMのスタイルも変わってきそうです。

STELLA55さん
こんばんは。今日は品川の本体に用事があり新幹線で移動です。したがって飲みまくっております。断熱されたガレージですか⁈羨ましすぎます。アメリカはやはり、チップフースをうむ環境なのですね。自転車、ロードバイクは僕も好きですがヒルクライムするには自身のエンジンがスペック不足で持ちません。イタ車ですがもはや部屋のオブジェ…パワーウェイトレシオ最低です。ただ、ロードバイク専用のレーンでもあればとつくづく感じます。蔵王もシーズン中はかなり危険ですよ。ビンディングペダルは慣れないと怖いです。(クルマ)と呼ばれるものが全て共存共栄出来るよう行政にインフラ整備をお願いしたいですね。愛機にレプレイヤードゼロ飲ませたので回したいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでのスバルの聖地でクルマ三昧。:

« Baby driver : ベイビー・ドライバー | トップページ | 2017 Subaru Challenge at SIA »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29