無料ブログはココログ

« WILBUR WRIGHT R/C FLYING FIELD. | トップページ | STI/SUBARU、2018ニュル24h SP3Tクラス優勝おめでとうございました。 »

2018年5月11日 (金)

スバル1300G Rally。

子供のころ、家にはスバル1000とff1がありました。
チェーンは前輪に巻くもの、スペアタイヤはボンネット内にあるのが当たり前だと思っていたあの頃・・・。
懐かしい車に遭遇しました。
モータースポーツジャパンの展示。
東京大学のプロジェクトで復元され、欧州のクラシックカーラリーに出場したスバル1300G。

1300gsd

隣はレオーネのサファリ出場車。

1300gr

今見てもなかなか味のあるデザインです。

1300gin

中はなかなか本格的なラリー仕様。

10年ほど前、スバル1000シリーズが欲しくてあちこち探しました。

蔵出し?(納屋で長期保管)の程度の良いスバル1000バンを見つけましたが、縁がありませんでした。

1300gbnt

ガバッと開くボンネット。懐かしいです。

1300gengnl

水平対向4気筒OHVツインキャブエンジン、ツインラジエターに、インボードディスクブレーキ。ラックアンドピニオンステアリング。

トーションバー、世界初等速ジョイント。個性の塊のような車でした。

1300gengnr

国産量産車初のラジアルタイヤ装備もこの車だったような。

1300gengnf

量産車スペアタイヤは運転席前のボンネット内。そのため広大なトランク。

この車も、東大のプロジェクトで復活させて海外でレジェンドドライバーが走らせてきたとのことで驚きました。

2018年モータースポーツジャパン、スバルが地味に?目立っていた気がします。

他メーカーと比較してスバルは「等身大」という感じでWRカーでも非常に身近な感じがしました。

やはり市販車ベースでのモータースポーツ参加の実績がこの雰囲気を作っているのではないかと。

いいなぁ、スバルのモータースポーツ車。

次回は3代目レオーネの記事を書いていきたいです。

« WILBUR WRIGHT R/C FLYING FIELD. | トップページ | STI/SUBARU、2018ニュル24h SP3Tクラス優勝おめでとうございました。 »

コメント

STELLA55さん
こんばんは。BRIDEのフルバケ、フルハーネスがノスタルジックなレオーネに似合ってます!ああ、おっしゃるようにスペアタイヤはENGの上に載ってました!思い出しました…

また、このエアクリーナーボックスも独特な…懐かしいです。
ありがとうこざいます。

HAZさん

初代レガシィ以前のスバル車はいろいろな意味で個性的でした。
レオーネはサイドブレーキがフロントにかかったので(荷重の大きいタイヤにかけて駐車ブレーキ効果を増すためとか・・)サイドブレーキターンなど不可能だった思い出・・・。

STELLA55さん
1300Gの誤りです。失礼致しました。
サイドが、フロントだったのですね!尾輪式航空機の前輪に駐機ブレーキをかけるイメージでしょうか。
勉強になりました。レオーネ。もう一度運転してみたくなりました。EAのメラメラ音懐かしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバル1300G Rally。:

« WILBUR WRIGHT R/C FLYING FIELD. | トップページ | STI/SUBARU、2018ニュル24h SP3Tクラス優勝おめでとうございました。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29