無料ブログはココログ

« スバル1300G Rally。 | トップページ | 今日はレガシィB4乗ってます。 »

2018年5月14日 (月)

STI/SUBARU、2018ニュル24h SP3Tクラス優勝おめでとうございました。

ニュル24hでSTIのWRXが数々の困難を乗り越えSP3Tクラス優勝。

本当におめでとうございました。

2018nbr

STIやSUBARU、ディーラーメカや関係者、応援してくださった皆様の力の結晶。

平川さん、辰巳さん、おめでとうございます。

こうして市販車に近い車で実績を重ねているということが、SUBARUのイメージ向上に大きな貢献をしていると思います。

「等身大のヒーロー」でしょうか。

« スバル1300G Rally。 | トップページ | 今日はレガシィB4乗ってます。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

WRXのクラス優勝、本当によかったですね!

昨日は仕事で切れ切れにしか情報を見ていなかったのですが、もうあと少しで悠々だな~と思ってしばらくしてLiveを見ましたら何とWRXがピットで停まっていました。

2位とはまだ差があるので何とかがんばれ!というツィートがたくさん流れていて、メカさんの動きからエンジントラブルかもと皆さん言っていました。

心配でしたがまたしばらく見られず、終わった頃にまたLiveにアクセスしたらクラス優勝していました。(^_^)

今年も予選、決勝ともにトラブルがあったようですが、それを乗り越えての優勝は価値がありますね。

また、雨に霧にと悪条件の中でのこの成績はやっぱり全天候型のスバルならではと思いました。

STELLA55さん
こんばんは。

ニュル優勝おめでとうございます!
悪天候に強いスバルを見事に結果で証明して見せてくれました。
昨年の雪辱+αの感激ですね。

ニュルとは全く違う次元の話ですが、自分も東北道の栃木あたりでかなり厳しい雨を何度か経験してます。
でもB4でのその経験は、その前の車とは全く違いました。
余裕とは言いませんが、自信を持って走れるレベルを確保してくれるのは、スバルAWDのおかげとしか言いようがありません。

等身大と言うのはおこがましいですが、その一端を経験できているという実感は、一般ユーザーとしてうれしい限りです!

STELLA55さん、こんにちは。

ニュルとは関係ないのですが、先ほどこんな報道を読みました。

http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1805/15/news033_0.html

経営者、しかも上場企業の経営者が数字よりも足元固めがしたいとはなかなか言えないことです。

好調な業績拡大に実力がついて行っていないとの分析が外部からではなく経営者自らによって行なわれたことの意義は非常に大きいと思います。

ドラッカーも言っているように企業には利益を上げることと共に社会的責任があります。

現代では当たり前の考え方ですが、幅広く長期的な視野を持たなければなかなか果たせない責任です。

短期的な利益を要求する株主の理解が得られず、自ら上場を廃止する企業もあるぐらい簡単ではないことです。

スバルは地に足のついた経営でクルマづくりを通して長期的に利益を上げて社会的責任もキチンと果たしていこうという姿勢と映ります。

そんな会社の造るクルマ、今後がますます楽しみになりました。

MABEさん

吉永社長、素晴らしい方だと思います。
良い意味きわめて普通の感覚をお持ちになっている気がします。
あれだけの大企業に育てた社長が、「普通の感覚」を維持されているということは稀有の例だと思います。

改めてSUBARUという会社の素晴らしさに気づかせていただいたMABEさんに感謝申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スバル1300G Rally。 | トップページ | 今日はレガシィB4乗ってます。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29