無料ブログはココログ

« 基本的なところで86/BRZは凄い。アライモータースポーツもやっぱり凄い。 | トップページ | 備忘。BRZ RA Racing チューニング内容。 »

2018年7月 8日 (日)

本当にタフなBRZ RA Racing。

本庄サーキット。コース長1120mのミニサーキットです。

Hjdy1sd

今日はちょっとウェット気味で始まってほぼ乾いたときのタイムは

49.945秒。ようやく50秒を切る程度。

第一コーナー前ストレートの最高速は119.205km/h。

まあ、これがコースを大体覚えた後のタイムで、あとはどう短縮するか。

タイムランキング見るとBRZで一番速い車は44秒切り。

私は48秒切りを最初の目標とします。

本庄サーキット近いので、練習するには良い環境です。

Hjengn

ミニサーキットは冷却系にきついのですが、驚いたのはエンジンのタフさ。

BRZ RA Racingはエンジンオイルクーラー標準のせいもあるのでしょうが、水温計はピクリともせず。

Hjbrz207_2

ナンバー横に見えるのがオイルクーラー。ありがたい装備です。GRBのノーマルでオーバーヒートに苦しんだのがウソのよう。

走行直後のアイドリングも落ち着いたもの。

ブレーキもパッドをアライモータースポーツ SS sportsのFRセットに交換だけ。

これもストリート用に近いので車重とタイヤのグリップにあっているようで思い切りブレーキペダル踏んでもABS作動は最小限でバランス良さそうです。

RA Racingに標準のブレーキダクトは日常にも使うので今は装着していません。

これで、GRBノーマルで(しつこくてすみません)悩んだブレーキが開いて抜ける現象など全く無縁。

86/BRZレース仕様車、流石にワンメイクの素材だけあって完成度高いです。

クラッチディスク・クラッチカバーはSTIの純正オプションで、クラッチ踏力が2~3割上がるだけ(207のセラメタ3PADより断然軽い!)で日常使いにも問題なし。

これはすべてのBRZオーナーにお薦めかも。


スバルのMT車って面白いです。

« 基本的なところで86/BRZは凄い。アライモータースポーツもやっぱり凄い。 | トップページ | 備忘。BRZ RA Racing チューニング内容。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

サーキット走行のご投稿、とても楽しく拝読させていただいております。

BRZ RA Racingはサーキット走行でもオーバーヒートやブレーキの問題がないのがどれぐらいすごいことか、GRBノーマルでのご経験との比較が大変興味深いです。

休日に横浜を走っておりますと、歴代レガシィ、特にツーリングワゴンをとても良く見かけます。

「ボボボボボ」というボクサーサウンドを轟かせているクルマもあって、きっとオーナーさんはレガシィが好きで仕方がないんだろうと思います。

あんなに大事にされているのもそのタフさがあってのことですね。

MABEさん

MABEさんが以前コメントくださったように、車って大切にされれば何十万キロも走れます。

元気に走っている古いレガシィはオーナーさんに大切にされているのでしょうし、そう思っていただける車だということなのでしょう。

スバル、タフさと同時に部品共用が結構できることも理由かもしれません。
初代インプレッサWRX STIに3代目インプレッサWRX STIのエンジン載せ替えなども比較的簡単にできるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当にタフなBRZ RA Racing。:

« 基本的なところで86/BRZは凄い。アライモータースポーツもやっぱり凄い。 | トップページ | 備忘。BRZ RA Racing チューニング内容。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29