無料ブログはココログ

« Test drive! SUBARU ASCENT. スバル アセントに乗れました。 | トップページ | memorial service. »

2018年8月 3日 (金)

アセント、助手席、二列目、三列目インプレッション。

会社の人と出張。
ASCENTとアウトバック。アウトバックが意外と大きい感じがします。

Ascentoutback

運転していただけたので、アセントの3列全部に乗ってみました。

Ascent3rdr

2列目。

最初は、「キャプテンシートにしては小さ目で硬いかなぁ・・・」と思いましたがある程度乗ってくると、どんどん快適に。

前列への足入れも良くて結構リラックスできます。運転席との会話も問題なし。静粛性高いです。

乗り心地も車自体が不快な揺れが一切ないので快適。ダンパーもサスもきちんと仕事をしているのがよく解かります。

3列目。

これが驚くべきことに?快適。乗り心地も2列目と同等。これは凄いことです。

2列目3列目と階段状に上がっていくので写真のように前方視界も広々。

閉塞感も全くなし。足入れ性も良好。

有効なエアコン吹き出しが各席につくのでそこも快適。

2列目との移動も簡単。

乗り味・座り味自体はエクシーガの3列目を思い出します。

エクシーガの三列目、実はかなり快適でその知見がフルに生かされている感じです。

運転席との会話も容易に可能。

Ascentams

アーミッシュワゴン。

多様性があるのは良いことです。

Ascentengn

2tのボディを楽々運ぶ2.4Lターボエンジン。

小さく見えます、埋もれてます。

こんな小さなエンジンでこの車が俊敏に動くのかぁ・・感動です。

ダウンサイジングターボは好きではありませんでしたが、これを見せられるとそれもありかと思いました。

インタークーラーへの導風はボンネット下のダクトを通して。

”郵便ポスト”はなくなりました。

レガシィやWRX乗り継いできた身からみると少し寂しいですがこれもありです。

187マイル走った結果の燃費は27.1マイル/ガロン。

11.52km/L。

Ascentnmp

これだけの大きさの車が高速道路を80マイル/h弱で巡行して10km超えたかぁ。

スバル最新2.4Lターボエンジン、名エンジンの予感。

Ascentmtr

表示切替で4輪の空気圧が出ます。

これはいいなぁ。オプションでも良いので日本でも導入してほしい装備です。

・・・

ASCENT、乗れば乗るほど”いい車だなぁ・・・”と思ってきます。

それと3列シートの開発においては、エクシーガの知見がかなり生かされたと思いました。

ASCENTに乗って、改めてエクシーガのシーティングの良さがわかりました。

« Test drive! SUBARU ASCENT. スバル アセントに乗れました。 | トップページ | memorial service. »

コメント

STELLA55さん
アメリカご出張お疲れ様です。ASCENT!なかなかお目にかかれない実車レポートありがとうございます。マイルメーターにガロン、華氏、アメリカンです。さすがに規格はミリでしょうけど(汗)僕の勝手なイメージですが…Ranger製のバスボート、船外機MERCURY付を引いたら絵になりそうですね!アメリカでのSUBARUの歴史に名を刻む名車になることでしょう!

STELLA55さん、こんばんは。

Ascentの三列目のシートのお話、新鮮です。

アルファードでも三列目はさほど良いとは言えません。

ひとつは座面の高さだと思います。

スバルはそこがうまいですね。

B4の後席が失礼ながら意外にもとても上席なのはその視界によるところが多いと思います。

空気圧センサーは必要だと思います。

私は空気圧と内部の温度をセンサーする機器をB4に後付けで付けておりますが、特に最近の大きな気温の上下による空気圧の変化は無視できません。

外気温35度で走行した後に基準値に合わせておいて、その後急に寒くなって20度ぐらいに下がって調整せずにいきなり高速走行をしたら危ないかもしれません。

空気圧センサーがあれば警告を出してくれますから安心です。

すべてのクルマに標準で必要なのではと思います。

今、NHKのニュースを観ておりますが、日本車に対する追加関税の話題を報道していました。

米国の消費者に対する影響は?ということで取材されていたのはスバルのディーラーさんとそこに来ていたお客様。

スバルで一台5,000ドルの値上げになる可能性があるそうです。

「Subaru」と「STi」が印刷されたポロシャツを着たセールスの方は「相当売り上げは落ち込む」と渋い顔。

お客様は「5,000ドル上がったら買えない。もっと安いクルマか中古を探すことになる。消費者の負担が増える政策は間違っている」と言っていました。

5,000ドル=55万円値上がりしたらやっぱり考えてしまいますね。

三太郎です。アセントの記事興味深く拝見しました。北米専用車という事で日本に導入は見込めないとの事。誠に残念です。ランクルが国内走るのですから問題ないと思いますが。実は10年乗ったエクシーガ、手放す事になりました。仕事上でも来客送迎に7人乗りは必要、でもミニバンは嫌!。アセントは見込めないという事で悩みに悩んで輸入SUV中古車購入となりました。とはいってもスバルから離れる訳でもなく日常で使うサンバー、父のインプレッサ、甥のインプレッサとスバル車に囲まれた生活は続きます。エクシーガの三列目は本当に秀逸です。

STELLA55さん、HAZさん、三太郎さん、こんにちは。

確かに規格は........ミリなんでしょうね。

以前USホンダのセイバーに乗っておりまして、日本ではすごくマイナーですので米国のAcura TLのフォーラムに参加しておりました。

いわゆるJDMのアクセサリに興味を示すメンバーが多く、両端に緑のLEDの付いたリアスポイラーなどを頼まれて結構送りました。

送ったアクセサリは問題なく使えたそうですからUSホンダもミリだと思います。

三太郎さんは輸入SUVということはきっと大型ですね。

ゆったりしたドライブを楽しめそうですね。

マイカーとしては三列シートには縁のない私ですが、我が家のマンションにエクシーガが2台もあるのがわかるような気がしました。

HAZさん

ASCENTでボート!いいなぁ。スバルでボート引いてフロリダ行くのが夢でアウトバックも3.6購入したのですが、なかなか行けません。
私のはLUNDとYAMAHAの組み合わせです・・・

MABEさん

各シートからの眺め、なかなか良くて良かったです。
空気圧表示見たときに「MABEさんが付けられていたなぁ。」と真っ先に思い出しました。冷間で36psiが40psiになるのですね、びっくりです。

関税はどうなるのでしょう・・・すでに実害がポチポチ出てきました。
この程度で収まれば良いのですが。

三太郎さん、MABEさん

日本車はSI単位ですが、アメ車は・・・(汗)

ASCENT、シーティングは大きいエクシーガという感じです。逆にエクシーガの素晴らしさを改めて理解できました。

三太郎さんのコメントいただいて、日本でも輸入車はASCENTサイズなのだから、ASCENT逆輸入でもOKかと改めて思いました。

スバルが「ASCENT、日本輸出!」と今公表したらトランプさんもペンスさんも喜ぶと思います!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アセント、助手席、二列目、三列目インプレッション。:

« Test drive! SUBARU ASCENT. スバル アセントに乗れました。 | トップページ | memorial service. »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31