無料ブログはココログ

« S207日記。S207と40450km。 | トップページ | トイドローン、Telloの実力。 »

2018年8月14日 (火)

お盆とSUBARU。

お盆。
家族がみな揃う貴重な日々です。

Newg4bn

100g足らずのおもちゃのドローンを購入し、撮ってみました。

斜め後ろ上方から見る新型インプレッサG4、カッコいいなぁ。

空力とかも相当考えられているよう。

窓には最年少の親族が。写真に写っていない手前にはひいばあちゃんが手を振っています。このあとすぐにチャイルドシートに座らされて帰っていきました。

アイサイトver.3もついて、家族を安全に遠くから連れてきてくれるインプレッサG4。

青い二台はスバルの象徴ではありますが、実際には普通のインプレッサが多くのファミリーを安全に支えているのだなぁと実感。

なんか、SUBARUっていいです。等身大の生活をしっかり支えてくれる。

« S207日記。S207と40450km。 | トップページ | トイドローン、Telloの実力。 »

コメント

STELLA55さん、おはようございます。

お盆で皆様が集合=スバル車が集合、すごいですね!

安全なクルマに皆さんが乗っておられることは何よりSTELLA55さんも安心されていることと思います。

さて、ちょっとびっくりでうれしいお話です。
西海岸に住む高校の同級生の昨夜の投稿です。

「先週の木曜の夜、表に止めておいたスバルにトラックが激突、それからとなりのバンにもぶつかって止まった。酔っ払い運転からと思ったがそうでもなかったので、居眠り運転だろうなあ。この状態では廃車だろうね。これだけ激しくぶつけられても、ドアはちゃんと開く。さすがスバル。」

写真では車体前部が吹っ飛ばされてフロントアクスルもバラバラでした。

トラックと言いますが米国のトラックはヘビー級ですから無理ないかなと。

どうやらクルマはフォレスター。
「さすがスバル」というところがエライ!と思いました。(笑)

お話はずれますが、私はほぼ毎日横浜から東京へアルファードで来ております。

平日は渋滞を避けるために、横浜から羽田までは高速湾岸線、一旦高速を降りて空港西から横羽線に入ることが多いです。

羽田の国際線の横を走っている時に左に見える多摩川を挟んだ対岸にいくつかのビルにあり、あそこからなら空港が見えていいな~といつも思っておりました。

先週ひょんなことでそのビルのひとつが6月にオープンした東急REIホテルキングスカイフロントだということを知りました。

その最上階の5階にはCaptains Grill & Barがあるとのことでした。

羽田空港が国内線専用だった頃、例外的に中華航空だけのために国際線ターミナルがありそのすぐ横にあったのが羽田東急ホテル、その中にあったレストランがCaptains Grill & Barでした。

その頃、私は毎月台湾への出張がありいつもクルマは羽田東急ホテルに停めて行っており、時には前泊して食事をしたこともありました。

懐かしいので昨日予約して復活したCaptains Grill & Barに行ってきました。

思った通りの眺望でレストランはB滑走路に正対し、A滑走路をC滑走路とは平行、D滑走路は残念ながら見えません。

B滑走路は現在着陸専用なので前から降りてくる航空機しか見えませんが、それでも飛行機好きには十分で特に夜は最高でした。

もしB滑走路から離陸があればレストランに向かってくることになり、それはそれはすごい眺めだと思います。

ホテルは川崎の殿町というロケーションで現在はクルマ以外ではアクセスが大変です。

でも2020年にはホテルの東側に羽田空港への全長840mの橋が多摩川にかかるそうです。

そうなるとこのホテルから羽田は5分でしょう。

今度また訪ねて航空機の発着をゆっくり見ようと思っております。

STELLA55さん、MABEさん、こんにちは。
ガレージに鎮座するWRブルーのS207、BRZ RA racingまた、出立するG4を撮影するドローン!先のブログ写真も良かったです。STELLA55さんはドローンパイロットとしても腕がたつのですね!僕は、仙台から山梨の家内の実家まで行ってまいりました。BRZ で走りたかったのですが、猛烈に反対されCX-5で慣らしを兼ねて走りました。常磐道、三郷経由で首都高、中央道の経路です。全車速追従クルーズコントロールとディーゼルターボの豊かなトルクで大変楽なクルーズとなりました。ガス満で出発向こうへ到着して燃料計約半分切ったくらい。20数年通ってますが、片道約500㌔弱、無給油でしかも半分近く燃料残ったのはこのクルマが初めてです。フォレスターのe BOXER も走りそうですね。アイサイトVer.3はもちろんマツダより進んでいるでしょうからもっと楽でしょう。B4のジェントルかつスポーティな走りにも惹かれます。アイサイトVer.3付車で同じ道を走ってみたいですね。

MABEさん

車が安全なのは本当に安心できます。

”さすがスバル”、スバルファンとしては本当に嬉しい言葉です。97年ごろからのスバルは衝突安全の基本ができたようで規制達成のための安全だけでなく、実際の衝突安全もトップレベルだと思います。

行きつけだったお店が復活するのは楽しいことでしょう。おめでとうございます。
しかもそれが空港近くで離発着の航空機が見えるとなると・・・最高ですね!

MABEさんならBarの雰囲気に溶け込んで素晴らしい時間を堪能できると思います。

HAZさん

親族皆が満足してスバルに乗っているのは逆に驚きます。
価格はおもちゃレベルのドローンがここまで使えるのはびっくりしています。中華ドローン恐るべし。

CX-5、良い車だと思います。500kmで半分とは素晴らしいです。
欧州で乗用車ディーゼル廃止とか騒いでますが、「ほんとかいな?」と私は非常に懐疑的です。
結局エネルギー源としてガソリンも軽油も電気も併存するのだと思います。

CX-5とB4の走り比べ、楽しそうですね。
どちらも一級品のクルーザーだと思いますので、車の本当に大切な資質とはなにかが比較によりわかる気がします。

STELLA55さん
コメントありがとうございます。ご親族皆様満足で何よりです。まさしく、スバリストファミリー!かつて欧州はディーゼル推進地域、NOX PM法制定で一時、乗用系ディーゼルが消滅した日本で販売の欧州輸入車大半がディーゼルって不思議ですね。日本は初年度登録から起算した悪しき自動車税割増やら乗り入れ禁止措置で黒煙を吐くディーゼルなど田舎でしか見なくなりました。ネット記事での情報ですが、欧州地域は日本のような強制措置が無いためユーロ3クラスの排ガス規制対応車がわんさか走っているとか…昔は北海油田の冷たい海底から産出される油を使用しているから欧州製ディーゼルは硫黄成分が少なくPM排出が少ない。と聞いておりました。内燃機関をやめるではなく現状の解決が先ではないかと勝手に考えております。
昔RCヘリやっていたもので、ドローンは僕も欲しくなりました!WRブルーに塗って飛ばしたいですねー!持論、乱文失礼致しました。

STELLA55さん、HAZさん、こんばんは。

CX-5、噂に違わずいいクルマなんですね。

私はディーゼルエンジン車とはほとんど縁がないのですが、一昨年、ドイツで借りたA6 Avant Quattroがディーゼルエンジン車でした。

展示会のための移動で、3人乗車、サンプルやカタログを数十キロ満載してベルリンからミュンヘンまで走りました。

ほぼ1,000kmの走行で給油した軽油は70リッター強。
無給油でも走れたかも知れません。

アウトバーンでの平均速度は150km/hほどだったと思いますから燃費の良さには驚きました。

ディーゼルエンジンは積載量が多く負荷の高い状態での高速走行でも高燃費が出せるのかなと思います。

高いトルクのなせる技でしょうか。

マツダが挑戦している内燃機関のさらなる進化。
応援しています。

HAZさん、MABEさん

適材適所?で技術は使えば良いと思います。
既存技術もまだまだ開発課題はたくさんあってそれをクリアしていくことでまた脚光を浴びる時期もあるとおっしゃるように考えます。

ディーゼル、会社のハイエースに乗ったことがあるくらいでよくわからないのですが、最新のものは凄いようですね。
可能なら一度長距離乗ってみます!

HAZさん

RCヘリですか!
よくあれだけ難しいものを…凄いです。
しかし少し前までГヘリだけは電動はムリ」とラジコン誌などに書かれていましたが今は…。
電動技術の進歩は早いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆とSUBARU。:

« S207日記。S207と40450km。 | トップページ | トイドローン、Telloの実力。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29