無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月29日 (土)

新型フォレスター ADVANCEで思い切り走ってきた。

新型フォレスター ADVANCEで一日走ってきました。
これはフォレスター初のHVでe-BOXERと言われています。

Newforeb4

我が家で一番古い五代目レガシィB4 GT Sパッケージと。

セダンとSUVの差はあれど、B4が意外と大きいのに驚かされます。

ちなみにこのレガシィ、まだ新車の香りを残しています・・・

Newforehll

e-BOXERにはドライバーモニタリングシステムが標準です。

エンジンかかっているとき乗りこむとこの表示が出ます。

乗りこむとき一瞬で認識しているようでたぶん顔が斜めでも認識できるようです。

精度は大したもので、左右確認などで横を向いても警報はならず、たまたま「あれは何だろう?」と長めに横を見たら警告されました。最初からこの作りこみは凄いなぁ・・・。

Newforehv

完全な新車なのでタイヤの皮むきかねて高速で速めのペースを保ちます。

画面表示はハイブリッドの証でしょうか。

走りは、ものすごくどっしりしていて前モデルのXTより数段高級な感じです。前モデルにあった100km/h前後のピッチングとか突き上げ感は完全になくなりました。

ゆっくりでもかなり飛ばしても操縦性の変化はリニアで全く不安はありません。

アイサイトのクルーズコントロールは上限設定135km/hになりものすごく使い勝手が向上しました。

以前は114km/hが上限で実速度は107km/h、流れに乗るのに少し不足でした。

Newforetky

目的地にて。お付き合いいただいた方々に心より御礼を申し上げます。

新型フォレスター、結構迫力あるボディーになりました。

自分ではこの車が路上でどう見えるかわかりませんが、目立っているように思えます。

Newforebb

会合が終わって、新型フォレスターをいつものコースで試してみました。

ジャンクションのコーナーリングなど素晴らしいもので、走行帯中央を軽いアンダーで綺麗に回れます。ロールも最小限なのに悪い路面でも脚もばたつかず。

脚周りとボディ剛性がよほど高いレベルにないとこのような感じになりません。

Newforettm3

S207やBRZだとこのPAの先のほうに駐車しますが今日は手前側。

やはりバックドア側も点灯するのは良いです。

Newforetj

PA出て、「さて走るか。」と思ったら事故渋滞。最近事故渋滞に出くわすことが増えてきました。

全車速追従クルーズコントロールは、ステアリング操作まで全車速対応になっていて渋滞でも軽く手を添えているだけで追従とステアリング操作をかなりの精度でやってくれます。

ステアリングは200Rくらいまでは切ってくれるよう。

「新型フォレスター、ステアリング切り方うまいなぁ・・」と感心。

Newforennp

帰宅。飛ばしたりあれこれ試した燃費は13.2km/L。

ストロングハイブリッドほどの燃費ではないですが、結構良いと思いました。

スバルのe-BOXERは燃費より走り味がものすごく高級になることが大きなメリットだと思います。直噴2.5Lの軽快さに比較し、いい感じにしっとりと走れます。

2.5L直噴か、e-BOXERか新型フォレスター購入予定者は大きく悩むと思います。

恰好は同じですが乗り味は全く違うと思っていいです。

都市部にお住まいならe-BOXER、高速道路を長距離使う機会が多ければ直噴2.5Lモデルでしょうか。

新型フォレスター、チョイノリでも素性の良さはわかりましたが一日乗ってみて、改めて素晴らしさがはっきりしました。

これは本当にいい車です。

追記:

中も後席も広くて、前後シートヒーター、ステアリングヒーター、4か所の2.1A対応USB、リアラゲッジACアウトレットなど、装備も一流です・・・下剋上という言葉を思い出します。

2018年9月27日 (木)

新型フォレスター e-BOXERに乗ってみた。

新型フォレスター ADVANCEに乗ってみました。
e-BOXERのハイブリッドです。

Newforettm

しかしなぁ・・・フォレスターで首都高走る気になるとは思わなかった・・・。

SUBARUのSGP、SUVでも首都高楽しめるようにしてしまうとは、凄まじいポテンシャルです。

2018年9月23日 (日)

BRZ RA Racingで行く、YOKOHAMA。

久しぶりに懐かしい方々とお会いできて楽しかったです。
本当にありがとうございました。
卒業からずいぶん経ちますが、会えばあの時に戻ったようでした。

Brzrarykhm1

人工的に過ぎると思っていた”みなとみらい”も歳月がながれ、だんだんいい感じに落ち着いてきていました。

BRZもマイナーチェンジで灯火類が一新され、これはこれで結構良いです。

レギュレーションで外観フルノーマルのRA Racingでも、それゆえかえって古き良きクーペ風でなかなかこの場に似合います。

首都高事故渋滞でもあったのか、なぜかナビは第三京浜-環八-新目白通りー関越で帰宅のルート選択。

このルート懐かしい。首都高でちょっとBRZ RA Racingを楽しむ気だったのですが、ノスタルジーモード?突入でこのルートで。

Brzrar86s

都築PA。AE86が集まるPAとして有名(でした?)なPAです。この日は3台のAE86が。若い人が改造・チューニング談義。晩夏の夜長に車談義、いいなぁ。

ここはまだ何となく昭和の香りがするような。

Brzrarykhmstbcs

環八にて。

走ってきて環八のファミレスでだべって時間をつぶすとか青年のころ?はよくやっていた記憶があります。車はツインキャブ時代のレオーネでしたけれど。

時の流れかファミレスは急激に数を減らし、代わりにおしゃれなコーヒーショップが。

アップル製品で溢れる店内にはこざっぱりした服装の老若男女。

注文に緊張?しながら昭和のおやじはなんとか飲み物を手に入れました(汗)

BRZ自体は(オーナーとは違って)、サーキットでも、都築PAにもカフェにも似合うなかなかのデザインだと思います。

・・・

特に寄り道もしなかったので、257.7km走って20.52L給油。

燃費は12.5km/L超え。

最高速は抑えて発進加速の練習とか繰り返しての往復でこれは大したものだと思います。

軽快かつ正確無比なステアリング。

切った通りに曲がる非常に素直な操縦性。

必要なら躊躇せずに思いっきり踏めるブレーキ。

基本性能を重視した86/BRZのレギュレーションは結果として普段にもこんなに乗り易い、真のクラブマンレーサーを仕立ててくれたと感じています。

この仕様を可能にしたトヨタとSUBARUに感謝。

2018年9月18日 (火)

ガソリンは満タンにⅡ。

オオカミ少年に思われそうでいやなのですが、しつこく書きます。

ガソリン(燃料)は満タンに。
理由は以下:
太田市人口    22万人
自動車保有数  19万台
ガソリンスタンド数 68個所
想定液体燃料在庫量 30kl×68個所=2040KL=204万L
・19万台が液体燃料使用と仮定
・一台当たり平均タンク容量を40Lと仮定
・各車にはハーフタンク、20Lの燃料が残っていると仮定。
もし災害が起こって、19万台が一斉に満タンにしようとすると、
19万台×20L=380万L
在庫は204万Lなのであっという間に在庫0へ。
2040KLを満たすには20kLタンクローリーが102台必要。
・・・
自分の車が常に満タン近くになっていれば心理的にもパニックが発生しにくく、パニック心理で普段あまり使わない車まで満タンにしようと思えば平常でも燃料売り切れになって当たり前。
これが、”ガソリン(燃料)は常に満タンに” とこのブログで書く理由です。

2018年9月16日 (日)

カブとサンバー。

Cabsmbr

何か素敵です。

・・・

地元の本屋さん出たらたまたまこのシーンに出くわして、

スマホで撮影しました。

コメントでHAZさんが書いてくださったように、

”日本国内の商取引の最前線で戦ってきた2人?”だと私も心から思います。

サンバーはサンバーバンから派生した”サンバー旅人”、

カブは”CT110?(ハンターカブ)”。

二台とも最前線からRVよりのところがまた面白いです。

最近は二輪四輪共に国産車の旧車も地元で普通に見られるようになってきて、嬉しい。

もう少ししたら3Dプリント技術等の進歩で古い乗り物の部品も安く作れるようになる可能性もあるので古い車を手に入れたいです。

スバルff1とか5マイルバンパーのレオーネGTSとか昔家にあった車がいいなぁ。

 

2018年9月 9日 (日)

BRZ RAレーシングと週末1000km。

BRZ RAレーシングで週末1000km走行。
お会いした方々に心より感謝申し上げます。
また途中で楽しくランデブー走行させていただいた、見知らぬ方々にも感謝。

高速道路、速度は抑えめで決めたことが一つ。
速度=平均速度にすること。
直線も400Rも同じ速度。
この縛り、大変勉強になりました。
また2L NAエンジンではキビキビ走るためにはAWDターボの車より楽はできません。
常に有効なパワーバンドを維持し、走行抵抗を下げるために無駄なステアリング操作をなくすなど、路面との対話が重要で、それも愉しい。
同じ距離を走るとS207の3倍くらいクラッチを踏んでいる感じです。
///
帰路は533.7kmを一気に走りました。燃料警告灯点灯。
使用燃料はハイオク43.76Lで満タン法燃費は12.17km/L。
4速5速多用で回して走ったのに結構な良い燃費だと思います。

Brzrar1000sd

帰宅前に軽く洗車と満タンに。

BRZ RAレーシング、86/BRZレース仕様にも拘わらず長距離も大変快適(NVH除く・・・)に楽しく走れました。

これだけ走ってきてブログを書く元気があるとは、BRZレーシング仕様車のグランドツーリング性能、やはりスバル/トヨタの車だけあります。

車って本当に楽しいです。

2018年9月 7日 (金)

スタンドアローンの重要さ。

北海道地震で多くのPOS端末を持つ小売店がPOSから手作業で大変な苦労をされているらしいですが、普通のレジの小売店は車のバッテリーなどから工夫して電気を引っ張って通常のレジ作業が(現金なら)できるそうです。

ナビも地図をダウンロードしていくタイプはまだしも、通信依存型のスマホナビなどはネットワーク切れたら終わり。

今はまだ自動車は完全スタンドアローンで動けるので災害時は頼りになりますが、自動車までネットワークに組み込まれたらどうなるのでしょうか。
AM・FM・短波ラジオ放送が存続してくれていてうれしいですがやはり技術は古いものから最新までバランスをとっていくことが社会の安定性に寄与すると思えます。

2018年9月 6日 (木)

北海道地震による大規模停電

北海道電力の電力需要のグラフ。

Screenmemo_share_20180906

地震も問題ですが、北海道全域で停電しているレベル。

これは危機的状態です。

携帯基地局のバッテリーも切れるころで通信の維持すら危うい状態だと思います。

電力の復旧が早急になされるように。

北海道の皆さんが無事でありますように。
///

追記:

2018年9月6日23:54のスクリーンショットです。

Screenmemo_201809062354

7万kwから76万kwになっています。復旧作業にあたられている皆様に感謝。

それでも四分の一以下で、このグラフは地震による電力供給の問題を一番あらわしている貴重なグラフかもしれません。(本日は見られなくなっています。)

昨今はあまり言えない雰囲気がありますが、震源地から離れた200万kw以上の発電能力(北海道の所要量の半分を発電可能)がある泊原子力発電所が稼働中ならこんな事態にはならなかったと思います。

核分裂型の炉は長期的には廃炉が好ましいと思っていますが、技術維持・蓄積、また廃炉を国内企業で行うためにも今ある設備は有効に使っていけば良いと思います。

2018年9月 2日 (日)

86/BRZレースへの道。86RACERS講習

FSWで富士チャンピオンレース「86/BRZクラス」仕様のレーシングカーをレンタルして練習してきました。
タイムは2分20秒台・・・ん~いかんなこれは(汗)
86/BRZレースの為の練習なので恥を忍んでブログ上でタイムを公表いたします。
講師のプロレーサー竹内さんから数々のご指摘。備忘で書きます。
「速くなるよりうまくなれ。うまくなれば速くなる。」
「基本ができてくればタイムはついてくる。」
・・・プロはどのコースに行っても2~3周すればタイムを出してくる。それは基礎ができているから。
「プロは、99.9%は基本。残りの0.1%で競って結果を出している。プロは車の”動かし方”を体でわかっている。」

私個人へのアドバイス。
・「ブレーキは限界まで踏む。アクセルオフ、すぐフルブレーキ。第一コーナーの突っ込みで手前で速度が下がりすぎるようでもかまわない。アクセル全開から完全オフ、フルブレーキの流れを覚えて段々奥で踏めるようになれば良い。」
・「ラインどりはクリッピングポイントを通過するRを大きくとるように。インベタ風はダメ。高速ではステアリング操作は最低限。ビデオ見るとステアリング切りすぎ。」
・「逆にタイトコーナーでは大減速から速度最低の時大きく切って鼻を曲げる。」
・「ステアリングの持ちかえは絶対ダメ!180度までは持ち替えなくて済むドラポジをとる。」
・「アウトにコースアウトするのが怖くてインに寄ろうとするが、もう少しタイムが上がってくるとインで巻き込んで壁に当たる可能性高い。エスケープゾーンはミニマムですぐ壁。アウトなら広いコンクリート舗装のエスケープゾーンなので飛び出てもすぐ戻れる。必ずアウトに寄ること。」
・「今日は・・・をやる、と決めて課題を一つ一つクリアしていく。」
ログもグラフでいただけるので、自分の欠点がよく解かりました・・・。
次はラインどりを徹底的に練習しようと思います。
竹内プロ、ありがとうございました。

Fswdnlp

DUNLOPコーナー手前のフルブレーキングポイント前。

私でも175km/h出てしまいます。

ブレーキもノーマルブレーキ基本のチューンで不安定さは一切なし。86/BRZも凄いし、(株)SHIFTさんのチューンも凄い。

86/BRZは非常にタフな車でFA20エンジンもこれほど頑丈とは嬉しい驚きでした。
データ入りのビデオも頂けますし、FSWの86RECER’Sレンタルカー、お勧めです。
・・・
自車での目標タイムは2分10秒切りですが・・・86/BRZレース仕様では道は遠いなぁ・・・。
まずは86RACERSのN1仕様で2分15秒切りを目標とします。
・・・
FSWのペースカーにレヴォーグがありました。
このレヴォーグ、SUBARUやSTIの寄付?でなくFSWが自前購入されたそうです。

Brzrarlvrg

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29