無料ブログはココログ

« 86/BRZレースへの道。86RACERS講習 | トップページ | スタンドアローンの重要さ。 »

2018年9月 6日 (木)

北海道地震による大規模停電

北海道電力の電力需要のグラフ。

Screenmemo_share_20180906

地震も問題ですが、北海道全域で停電しているレベル。

これは危機的状態です。

携帯基地局のバッテリーも切れるころで通信の維持すら危うい状態だと思います。

電力の復旧が早急になされるように。

北海道の皆さんが無事でありますように。
///

追記:

2018年9月6日23:54のスクリーンショットです。

Screenmemo_201809062354

7万kwから76万kwになっています。復旧作業にあたられている皆様に感謝。

それでも四分の一以下で、このグラフは地震による電力供給の問題を一番あらわしている貴重なグラフかもしれません。(本日は見られなくなっています。)

昨今はあまり言えない雰囲気がありますが、震源地から離れた200万kw以上の発電能力(北海道の所要量の半分を発電可能)がある泊原子力発電所が稼働中ならこんな事態にはならなかったと思います。

核分裂型の炉は長期的には廃炉が好ましいと思っていますが、技術維持・蓄積、また廃炉を国内企業で行うためにも今ある設備は有効に使っていけば良いと思います。

« 86/BRZレースへの道。86RACERS講習 | トップページ | スタンドアローンの重要さ。 »

コメント

STELLA55さん、こんにちは。

こんな情報が取れるんですね。

これは送電さえ生きていれば融通が利く本土の地震ではさほど心配しなかった問題と思います。

病院なども非常用電源には限度があるでしょうし、心配です。

関西の大きな被害があってまだ二日、その前の西日本の豪雨の影響もまだ残る中での地震。

私たちにできることがあるかどうか考えます。

STELLA55さん、MABEさんこんにちは。
全く、地震、津波、豪雨、台風とどうにもなりません。
子供が今年から大学進学で北海道へ行っております。無事でほっとしました。会社の拠点は事務所、工場とも散乱…地震が発生しないように地殻改良したり、台風や雨雲を消滅させたりする技術が欲しいと切に思います。政府、関係省庁には行方不明の方の早急な救出と道内のインフラの一刻も早い復旧をお願いします。

MABEさん

15:00現在だと使用電力が35万kwで、発電所が1~2つくらいは復旧した感じです。

通常なら10倍は必要のようなのでまだまだ大変そうです。
今なら礼文島のように独立電源の地域のほうが安定していそうです。

復旧にあたる皆様の安全を祈念いたします。

もはや個別ではなく、被災地向け資金プールのような方式のほうが良いかもしれません・・・。

HAZさん

お子様御無事で何よりです。

おっしゃるように防災・減災の根本的技術開発に年2~3兆円突っ込むべきだと思います。
それは日本の技術開発を促進するし、世界的に貢献できる可能性がきわめて大きい。

稼働例もあるようですが、3D衛星デジタルマッピングで解像度50cm位で災害前後比較すれば相当役に立つと思います。

ともかく被災者の救護、インフラ回復にできる支援はしていきたいと思います。

STELLA55さん
ありがとうございます。まさにおっしゃるとおりです。JAMSTEC深海探査、気象関係、JAXA、GSI国土地理院、など予算は投入しなければなりません。今日は仙台港フェリーターミナルに警察、消防車両が集結しておりました。関空の復旧、新千歳の復旧、空路の確保も急がれます。クルマの話ですが、こんなときはDE、PHVが重宝されますね。DEは災害応援のトラックの関係で軽油が手に入りやすい事。PHVは燃費が良く電気を供給できる事。3.11後宮城県警でプリウスPHVが導入された理由です。災害大国、国土を守るうえで必要な予算は投入し研究する。結果的に技術が進歩していく。僕自身何かしら携わっていきたいと思います。

HAZさん

JAMSTECとJAXAは就活中の親族に薦めました。結局両組織を支えるものつくり企業に入社しましたが(笑)

DE、PHV本当に役に立ちます。
311の時は燃料缶積ませたプリウスが会社の初動部隊?の足となりました。

”温暖化!CO2削減!”などと言わずに”エネルギー効率の追求!”と言えばよいのにといつも思います。

私も国民を一人でも助けられる技術開発方面で貢献していきたいです。

STELLA55さん
さすが、優秀な御一族でいらっしゃいます。僕の時代はNASDAでした。僕は学力不足から諦めました(汗)きっとものづくりが好きな生粋の技術屋さんになられ、国益に寄与されるお仕事をされることと思います。エネルギー効率の追求!おっしゃるとおりです。名言です!火を焚べる内燃機関好きからすればPHVだらけになったらつまらない世の中になりますが、敵前適所で使いたいですね。

HAZさん

両機関、「研究成果は?」と聞かれ玉砕、レベルの高さをよく理解せず薦めた私は恨まれました(汗)

今の仕事内容はあまり教えてもらえませんが、まあお国の役には立てているような。

若いとき核融合実験設備を見学させていただき感動しましたが、核融合反応から使えるエネルギーを取り出すのはなかなか難しいようですね・・・。

都市圏はPHEVやEV、寒冷地や広大な大地では内燃機関大きめのHVが主流になるのかなぁと思っています。
-20度以下では”火”がないと大変です・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道地震による大規模停電:

« 86/BRZレースへの道。86RACERS講習 | トップページ | スタンドアローンの重要さ。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29