無料ブログはココログ

« 新型フォレスター ADVANCEで思い切り走ってきた。 | トップページ | アメリカで86/BRZが売れなくなってきた理由。 »

2018年10月 4日 (木)

備忘。9月度スバル車アメリカ販売台数。

備忘です。

スバル車アメリカ販売台数。
                   Sep-18   Sep-17
                     MTD      MTD
Forester      13,453   13,262
Impreza          6,186    6,324
WRX/STI        2,383   2,510
Ascent           5,859         0
Legacy           3,608    3,902
Outback       12,895  16,330
BRZ                 285       301
Crosstrek     12,376   12,491
TOTAL         57,044   55,120 +3.5%
アメリカ市場、SUVの強さが際立ってきました。
多少AscentがOutbackを食ったきらいはありますが、それでも前年同月比で3.5%増やしたのは大したものです。
Ascent導入を促したアメリカディーラー、それを許可したスバル経営陣の素晴らしい連携の賜物だと感じます。

« 新型フォレスター ADVANCEで思い切り走ってきた。 | トップページ | アメリカで86/BRZが売れなくなってきた理由。 »

コメント

STELLA55さん
MTD、month to dateと言うのですね。月初から今日まで…本日現在と言わずMTD!大変勉強になりました。今度の会議で早速使い、威厳を保ち尊敬されるように努めます(笑)
ところで国内自販連の統計と比較してもアメリカ市場がいかに巨大なのかよくわかります。インプレッサクラスは別にしてもフォレスターってアメリカで相当売れてますね。びっくりしました。確かに企業は一部のコアな需要層より実益を取らなくては成り立たないと言う事でしょうか。とは言えSUBARUはコアな需要層も大事にしている方だと思います。また、日本国内はリコール→欠陥→すぐ直せと捉える風潮がありますが、このあたりもどうにかしなくてはなりませんね。思いつき乱文失礼致します。

HAZさん

レポート自体はSubaru of Americaから10月2日に出たもので、MTDはそんなに厳密に運用されていないかもしれません。

この数字を見ると、スバルが大きくなってくる理由がわかります。年々厳しくなる衝突安全も大きいほうが楽ですし。

日本国内でのリコール問題は・・・語るのが難しいです。

WRX系が2500台前後売れているからこそ新モデル開発が続くわけで、アメリカ人のエンスーに感謝です。

STELLA55さん、HAZさん、こんばんは。

販売データ、こちらにもありましたので見てみました。
AscentのSeptember 2018 MTDは5,859台で同じでした。

http://bit.ly/2pFGYCp

YTDでは16,580台です。

このデータはMTDでの並べ替えもできるのですが、月販で5,000台から10,000台のレンジには多くのSUVがひしめくものすごい激戦区ですね。

ここから頭ひとつ抜けた12,895台のフォレスターは健闘していると思います。

もちろん月販30,000台を超えるRAV4やRogue、CR-Vは別格ですが、2018年のYTDでSUVのトップ3が日本車とは知りませんでした。

別のご投稿にありましたが、米国ではSUVがセダンより断然売れるようになっているんですね。

SUVのYTDはほとんどが前年より良いのとは対照的にSUV以外はほとんど前年割れです。

http://bit.ly/2pDwu6o

ドライブスルーのATMは日本にもあるとは聞いていますが見たことはありません。

高さがSUVに合わせてあるのもこの販売データから見れば合理的ですね。

日本の洗車機の注文画面のように上がったり下がったりすればいいのになとのんきに思いますが構造上難しいですね。(笑)

米国では86とBRZの販売数が拮抗しています。
これも興味深いです。

SUV以外での唯一の成長株はやはりテスラモデル3。

月販20,000台超えで日本車に割って入って4位はすごいなと思います。

面白いお話を教えていただきありがとうございました。

STELLA55さん、MABEさん、こんにちは。
MTD、YTD勉強してみます。なるほど、衝突安全ですか。アメリカの考え方と日本国内での考え方違ってくるものですね。アメリカメーカーは日本国内の市場動向に合わせる気はないようですが(汗)WRX 系、随分出ますね。アメリカではゴルフGT I、ゴルフRもMTモデルが一定数出ると聞いた事があります。リコールの件は、僕の業界でも自主改善対策だとか、無償作業はよくあります。そうですね、何とも言えません。MABEさん、の詳細なデータ分析、勉強になります。いつも的確なコメント拝見するの楽しみです。STELLA55さんのブログファンでかつMABEさんのコメントファンかも知れません(笑)

MABEさん、HAZさん

生データを見るのは大好きで、また生データを生かせるように勉強しなければといつも思います。

MABEさんとHAZさんのコメントから多くを学ばせていただいております。
多くの実体験や、深い考察からのコメントを拝見すると、やる気が出てきます!

このブログを続けていられるのも、MABEさんHAZさんや、アクセスしてくださる皆様のおかげです。

スバルというブランドのおかげでこうした愉快な展開をさせていただいていることにも感謝です。

STELLA55さん、HAZさん、こんにちは。

過分なお言葉恐縮です。

私も様々なデータを探したり、検証したりするのは大好きです。
データからはとても多くの興味深いことや意外なことがわかります。

しかし私の拙い経験からも物事はデータ通りには動かないことも多く、特に商品開発の方向を決める際のデータの使い方はとても難しいと思います。

ところで昨日はタクシーの乗務しておりました。
パシフィコ横浜で歯科関係の大きなイベントがありみなとみらいは大混雑しておりました。

タクシーはそういうところに偏るので私は意図的に離れてタクシーを探している方がいるかも知れない坂道の多いところ、バスしか交通手段がないところを走ることにしています。

しかしそれでも「パシフィコ横浜まで」というお客様何組かにパシフィコに連れ戻されました。(笑)
お送りしてすぐに離れようとしましたら、三人連れの若い方が手を挙げられまして「新横浜まで」とのことでした。

車内でお話を聞いていますととても景気の良い話。
「パナメーラそろそろ買い替えようかな、やっぱりちょっと大きい」
「そうだね。だったらGTSがいいよ。カイエンとかマカンは嫌いでしょ」
「ああいうのは趣味じゃないな。どうせならカレラ4にするかな、前に乗ってたけどやっぱり四駆はいいよ」

隣をレヴォーグのSTiバージョンが抜いていきました。
「あれ、レガシィでしょ。四駆だよね」
「そうそう、なんか700万ぐらいの限定車があってなかなか買えないんだって。中古車でも高く売れるって話」
「ふ~ん、でも国産じゃ結構高いよね」
「でもね、ほらアメリカ映画に出てくるようにポルシェといい勝負するらしい」
「へ~、そう言えば時々ブルーのを見るけど確かに結構速そうな感じだね。あれでノーマルなのかな?」

レガシィもレヴォーグもWRX STiもS207も一緒くたではありますが(笑)、少なくとも「スバル」「四駆」「速そう」「限定車あり」とは理解してくれているんだなと思いながら聞いておりました。

それにしても景気のいいお話でありました。(笑)

MABEさん

商品開発などは最後は”こうしたい、こうあるべき”の人の想いでしょうか。利益を先に考えるとうまくいかないような・・・。

景気の良い話も増えてきて、懐かし?のバブル時代を思い起こすことも時々あります。

お話伺って、スバルがある程度は認識されているのが興味深かったです。

中津スバルの社長さんは”1000万円で売れるスバル車!”と書かれていますが、その方向のマーケットはあるのかもしれませんね。

これこそ”本当の生の情報”で勉強になりありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備忘。9月度スバル車アメリカ販売台数。:

« 新型フォレスター ADVANCEで思い切り走ってきた。 | トップページ | アメリカで86/BRZが売れなくなってきた理由。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29