無料ブログはココログ

« 今日。 | トップページ | 飛行機とちょっと古いスバル in USA。 »

2018年11月11日 (日)

新型インプレッサG4で紅葉狩り in AKINA(榛名山)

母にせがまれG4で榛名山へ。
今は亡き父との思い出の場所。

G4

伊香保の源泉に近い河鹿橋付近は紅葉真っ盛り。

Hrnky

老若男女が楽しんでいます。

ここの雰囲気は数十年間全く変わらないです。

Hrnkywd

母も今回は満足そう。

Hrnkymthr

伊香保市街の渋滞を避け逆に榛名山へ。

Hrn3sbr

湖畔の食堂で美味しいお切込みの昼食を終えて出てみると、スバル3台。

背景は榛名湖と榛名富士。

さすがイニシャルDの聖地で、FC・FD RX-7やスープラ、直6GT-R、シルエイティなどたくさん走っていました。安全運転で。

このエリアは、平成の30年がなかったような昭和の雰囲気で古めの国産車が本当に似合います。

最新の外国製スポーツモデルも多かったですが、はっきり言って浮いていました。なぜだろう?

帰路は伊香保に戻らず、裏道で前橋へ抜けました。

山間のラリー車が駆け抜けるような裏道を、同乗者が酔うような挙動は全く見せず、ドライバーの意のままに駆け抜ける新型G4、そしてSGPの凄さを改めて認識しました。

新型インプレッサG4は、群馬にジャストサイズで狭くなく大きさを持て余すこともなく、普段の生活をしっかり支えてくれます。

山道、雨の高速、雪の急坂。スバルのAWDは生活四駆でありスポーツ四駆でもあり。

シンプルな構造故の信頼性の高さとメンテナンス費用の少なさで、世界中のスバルユーザーをしっかり支えているのでしょう。

スバルがんばれ。

« 今日。 | トップページ | 飛行機とちょっと古いスバル in USA。 »

コメント

MABEさん

受信ありませんでした。大丈夫です!

STELLA55さん、こんばんは。

間違えて書きかけのコメントをお送りしていなくてホッとしました。

改めまして。(笑)

ホントにきれいな紅葉ですね。
お母様、喜ばれたことと思います。

横浜では登録台数以上にスバルをよく見る気がします。

贔屓目かもしれませんが「ちょっとそこまでだけど」や「せっかく出てきたんだからもう少し遠出を」、「特に用はないけど今日も乗るか」などスバルのオーナーさんは駐車場に停めておく時間が少ないのかななどとも思っています。

「秋名山」ですね~。
InitialDは香港の実写版が私は気に入っていまして今でも時々観ています。

実は頭文字Dは読んでおらず、中国に居りましたときに海賊版のDVDで観たのが最初です。

あのコースには確かにAE86、FC、ランエボⅢなど古いクルマが似合いますね。

フェラーリもAMGも似合わない気がします。

現行G4はサイズが絶妙ですね。

G4はB4やアルファードより65㎜ほど幅が狭いのですが、これは狭い道や駐車場ではとても大きい利点です。

アルファードでも狭い道にも入らねばなりませんが60㎜狭かったらずっと楽に通れますし、駐車もきっと楽でしょう。

シビックがクラウンと同じ全幅1,800mmになりましたが、日本では1,800mmは普通のドライバーさんにはやはりちょっと大きいのではと思います。

G4はそんな取り回しの良さに加えてAWDでアイサイト付きなんですからセダン好きファミリーには最適なクルマですね。

他社ではアイサイトレベルの運転支援装置はオプション扱いが多いのですが、スバルでは「なくても困らない」機能とは考えていないのでしょう、標準装備であるところがすごいと思います。

メンテナンス費用も以前のクルマに比べると確かに少ないと思います。

ディーラーさんの点検パックに入っていることで、2年半、25,000kmでかかったのはオイルのグレードアップ分とスタッドレス関連ぐらいです。

今後年数が経過し、走行キロ数が増えてゆけばブレーキパッドなど当然交換すべきものは出てくると思いますが、フラッグシップのB4でもスバルのメンテナンス費用はリーズナブルだと思います。

車両価格、メンテナンス費用面では決して特別なクルマではないのに機能面、性能面では相当特別なクルマなのがスバルのような気がします。

会社ですからマーケティグサイドからの要望も多々あるとは思いますが、スバルには今後も今の美点を引き継いだクルマづくりをしてもらえればなと思います。

厳しい時こそブレることなく頑張って欲しいと思います。

MABEさん

ここは手が入っているようで毎年綺麗です。
高崎市内電線地中化するなら、こここそ地中化してほしいです。

AKINA?いろいろな車がいて本当に楽しかったです。黄色いFDとかガンメタ32GT-Rとか。
残念ながらAE86はいませんでした。

映画良かったです、拓海のお父さん役の俳優さん、最高でした。

インプレッサのサイズはおっしゃるように世界的にジャストサイズだと思います。
ファミリーの味方です。

スバルは万人に安全を提供したいというポリシーがあるようで世界トップクラスの安全性をリーズナブルに提供してくれて本当にありがたいです。
このG4も歩行者エアバック、ボディ強度等安全性能は1000万円クラスにも負けていません。

真面目なスバルに頑張ってほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インプレッサG4で紅葉狩り in AKINA(榛名山):

« 今日。 | トップページ | 飛行機とちょっと古いスバル in USA。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29