無料ブログはココログ

« 新型インプレッサG4で紅葉狩り in AKINA(榛名山) | トップページ | おめでとう。 »

2018年11月13日 (火)

飛行機とちょっと古いスバル in USA。

ファイルを整理していたらアメリカでの2007年の写真が出てきました。

たしかデイトンエアショーだったか。

P51sd

P51DとF4EとF15C。

気合いの入った編隊組んでます。

F15はさすがに低速飛行も余裕のよう。

F4は前縁スラット全開で、仰角もつけ苦しそうです。

P51brk

ブレイクは綺麗に決まりました。

お次はトップシークレットの二機。

B2ステルス爆撃機。

B2sd

横から見たら小さい!全翼機なので頭では解っていてもこれはショックでした。ビジュアルステルスでもあるのだなぁ。音もものすごく小さい。音響ステルスでもあるようです。

B2udr

逆光だと本当に真っ黒。しかしこの形を飛ばしてしまうのはアメリカの技術凄まじい。

F117ステルス戦闘機。

F117

第一世代のステルス戦闘機。実際は攻撃機?

これもこの形でよく飛べると今でも驚きます。

実用上は問題があったようで、この後すぐ退役したのにもビックリ。

V22r

V22オスプレイ。10年以上前に実用化されていたのですね・・・。

まさかこの機を日本が導入して、SUBARUが整備を担当することになるとは、この時は思いもしませんでした。

中に乗らせてもらって、狭さとむき出しの配管・配線の量に驚きました。

V22f

超信地旋回?したりお辞儀をしたりV22はとても人気でした。

デイトンから戻ってアメリカの自宅にて。

3subaruus

2007年夏です。

2008フォレスターLLビーン仕様・・・免許取りたての親族が運転していてビクビクものでした。ベースは2代目インプレッサでキビキビ走った良い車でした。

2005アウトバック2.5GTターボ・・・2.5Lターボの大馬力にオールシーズンタイヤ、VDCは無。夏は快適、冬はちょっと恐ろしい車でした。スタッドレスを購入してからは冬もOK。

2008トライベッカ・・・3.6L六気筒エンジンはトルクフルでしたが個性はB9トライベッカよりちょっと薄れたかな。でも良い車でした。

丸目WRXセダンとワゴンから始まったアメリカ生活も帰国間際にはこの体制に。

この後、フォレスターもアウトバックもサイズ拡大して大成功。トライベッカも間は空きましたがASCENTになり販売好調。

2018年現在この組み合わせでもほとんど不満はないだろうなと思います。

スバルって10年前でも素晴らしい。

SUBARU,

I'm always on your side!

« 新型インプレッサG4で紅葉狩り in AKINA(榛名山) | トップページ | おめでとう。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

貴重なお写真、ありがとうございます。

私は40年ほど前に飛行機、特に戦闘機に興味を持ちました。

きっかけはこの映画です。
https://eiga.com/movie/68638/photo/

今でも大好きなのはこのF4ファントムなんです。

拝見したお写真の一枚目と二枚目のアングルは共にF4の素晴らしいデザインの特徴が良く見えて素晴らしいです。

主翼と水平尾翼の大きな段差、低い垂直尾翼、大きな下反角の付いた水平尾翼とガルウイングっぽい主翼、いずれもこれこそ機能美だと思います。

塗装もこの迷彩が一番似合うと思っています。

米空軍、海軍、海兵隊すべてで使われて様々な大改良も施されて次々と最新兵器を搭載した歴史に残る機体ですね。

重量のある大型機でありながらサンダーバードでも使われていましたから運動性もかなりのものだったんだろうと思います。

ずいぶん前ですが韓国の戦争記念館に展示されているF4Cの実機を観て感動したのを覚えています。

オスプレイは配備されてもうそんなに経つんですね。
中に入られたとは貴重なご経験ですね。

オスプレイにしてもB2、F117にしても量産までこぎ着ける米国の底力はものすごいと思います。

スバルの6気筒エンジンは今は過去のものになっていますが、とても懐かしむ声も多く評価も高いですね。

先日のドラッグレーサーのBRZにもEG33が積まれていてすごく頑丈なエンジンなんだなと思います。

スバルの6気筒水平対向エンジン、いつかまた最新モデルに搭載されて日の目を見るといいですね。

STELLA55さん、MABEさんこんにちは。
マスタングとJET FIGHTER比較するとこんなに違うのですね!
無尾翼機、全翼機B2の真横の写真など貴重なもの見せていただきありがとうございます。フォレスターとの比較もトライベッカのアメリカンでグラマラスなテールが存在感を増しているような。MABEさんご紹介の世界の空軍!ぜひ見てみたいです。僕は日月で千歳へ行ってきました。相変わらずB747政府専用機とF15Jが訓練中、そこから一度家に戻り火水で東京へ出張でした。恵比寿SUBARUビルのショールームを訪ね、綺麗なお姉さん方に丁寧な説明を受けて満足!頑張れSUBARU!

STELLA55さん、HAZさん、こんばんは。

世界の空軍 Air Force '77は新旧多くの軍用機の映像があり非常に興味深い映画なんですが、残念ながらDVDもビデオも出ていません。

この映画で最新と紹介されたのが米国はF15、F14でした。

ですからF15ももう40年選手なんですね。

久しぶりの次期戦闘機はF35という話のようで、さらにF35Bを「いずも」に搭載?という噂もあります。

B型はSTOVLでハリアーⅡの後継のようですが、運用コストは凄まじいだろうなと余計なことも考えます。

しかしあんな複雑な構造の機体を設計、開発、試作、量産、そして開発途上に危険なテストをする勇気、米国ってすごいですね。

今日は半日お客様のFFのアルファードで出かけておりましたが、夜は久しぶりにB4で出かけました。

高速道路のランプでのB4のスピードと安定性はやっぱり素晴らしく、用がなくても乗りたくなるクルマでありました。(笑)

SUBARUの試練は必ず将来の糧になるはず、頑張ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機とちょっと古いスバル in USA。:

« 新型インプレッサG4で紅葉狩り in AKINA(榛名山) | トップページ | おめでとう。 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31