無料ブログはココログ

« 地元スバル大商談会。 | トップページ | 頑張るスバル その2。手弁当のラリードライバーズ。 »

2018年12月 3日 (月)

頑張るスバル その1。 国際航空宇宙展

2018年度国際航空宇宙展に行ってまいりました。

スバルの目玉はもちろん「UH-X」と民間型の「SUBARU BELL 412EPX」。

Uhxsd

ミッションのオイルが無くなっても30分以上飛べるという、非常に安全性に優れた機体で、

パイロットの2名の他に13名搭乗可能、または担架なら6床乗せられるそうです。

写真の機体は、ホイスト、サーチライト、IRセンサー、消火用水タンク装備、着水時展開浮き袋付きで、様々なアタッチメントが用意されているようです。

最近の機体では珍しいスキッド方式ですが、これはダメージがあっても簡単に交換できるように作られているようで、車輪式に比較して運用コストの低減に大きく寄与していると思われます。

自衛隊も150機ほど導入するようで、昨今の多発する災害から多くの人々を救う救世主のような存在になる気がします。

スバルの展示には多くの人々が来場し、皆さん明るい顔をしておられるのが印象的でした。

スバル航空宇宙カンパニー、頑張っておられます。

777、787、777Xの技術的に非常に難易度の高い中央翼も着実に開発・生産されておりこれも素晴らしいことだと思います。

///

また提携会社のBELLは面白いドローンを展示していました。

Belldrn

これは海兵隊向けとのことですが、同様の技術でヤマト運輸と貨物運搬ドローンの実験をされています。

このドローンは、離着陸は垂直で行い、飛行時はまるで四発の複葉機のように高速で飛びます。

これは画期的だなぁ・・・。

こういう技術はスバルは得意だと思いますので、このあたりも発展していくと良いです。

スバルブースの雰囲気は明るくて、説明員の方々も一生懸命でとてもよかったです。

頑張れ、スバル。

« 地元スバル大商談会。 | トップページ | 頑張るスバル その2。手弁当のラリードライバーズ。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。
懐かしい!20数年前に幕張で開催されたときに見学しました。当時大学4年生で、就職も決まっておりましたが、学校で研修視察ということで行きました。企業名は忘れましたがHMDのデモをやっているブースがあり体験させていただきました。今では実用化されていますね。ヘルメットをかぶったら視界に様々な情報が映し出され興奮!右手のスティックのボタンを押したら、SHOOTの表示とともに矢印がターゲットへ、ますます興奮。エアバスのブースではフランス本国の方でしょうか、AIR MANを目指すなら英語が出来ないとだめだ、と強く教えられた事を思い出しました。こちらは私自身実用化出来ておりません(汗)BELL412のような大柄な機体がノーズを下げて加速する様は圧感です。回転翼航空機大好きですね。
現在は自動車や空調に関係する分野に身を置いていますが、国際航空宇宙展の話、懐かしくあの頃を思い出す事が出来ました。STELLA55さん、ありがとうございます。

STELLA55さん、HAZさん、こんばんは。

私もこの貴重な情報に感謝です。

今や日本の技術なくしてはボーイングの旅客機も作れないのではありますが、なかなかそのベンダーさんの社名は一般の方々が見えるところには描かれることがありません。

ですから「SUBARU BELL」はやっぱりすごいことですよね。
道路を走るモノももちろんですが、空を飛ぶモノにはクルマとはまた違った大きな夢がありますね。

BELLのドローン、検索してみました。
APTと呼ぶんですね。
https://youtu.be/jiXY-iMWPe4

それにしてもこれはすごい。
STELLA55さんがおっしゃるようにまさに画期的です。

NASAも開発に加わったというのも頷けます。

オスプレイのようにエンジン部分が可動なのかと思っていましたが固定、基本的には見せていただいたお写真の姿のままで垂直に離着陸して90度向きを変えて高速で水平にも飛んでいます。

こういう大胆な発想とスバルの日本企業ならではのきめ細かい技術が融合して民間用にも軍事用にも技術が発展してゆくといいですね。

日曜にスバルのディーラーさんにB4を預けてきました。

スタッドレスへの交換と夏タイヤの保管依頼です。

いつもなら結構混んでいる時間帯だったんですが、残念ながらガラガラでした。

聞くのは躊躇われましたが顔なじみの営業の方も少し疲れた顔をされていました。

やはりお客様に直接接するディーラーさんにはいろいろ影響が大きいようです。

ところでディーラーさんでカタログを見ておりますと今のスバルのラインナップは私などには十分すぎます。

しかし、日本で売れるクルマのほぼ半数を占める軽自動車からアル/ヴェルまで大小問わずトールタイプのクルマが溢れる状況となればディーラーさんとしてはやはりOEMではないトールタイプの車種がほしいところかもしれないと思いました。

SGP採用のAWDの小型ミニバンがあったらいいだろうなと思いますが、スバルファンの独り言に留めておきます。

走るモノも飛ぶモノも作れるスバル。

きっと着実に成長する道を歩んでくれるものと信じております。

HAZさん、MABEさん

国際航空宇宙展は本当に楽しいです。
別記事また上げますね。

WW1でデビューした航空機がWW2で主役になり、そして今、実用に近いAIまで搭載してきて・・・希望とともに恐れも出てきました。

多くの新技術は抑止力や平和利用で収まってほしいです・・・。

私の英語はネイティブにはよく伝わらず、ドイツや台湾の方にはなぜかよく伝わりました(汗)

スバル作る余裕もラインもないようですが、7人乗り車は欲しいところですよね。

エスティマが生産終了のようですので、トヨタと組んでエスティマ後継のミニバンを水平対向エンジンRRで、なんて夢想してしまいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張るスバル その1。 国際航空宇宙展:

« 地元スバル大商談会。 | トップページ | 頑張るスバル その2。手弁当のラリードライバーズ。 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31