無料ブログはココログ

« セーフ! | トップページ | 本年もお世話様になりありがとうございました。 »

2018年12月29日 (土)

TC380納車前日記 004「アライチューンドEJ20エンジンの耐久性」

何も心配しないでTC380を発注した大きな理由。
アライモータースポーツチューンEJ20エンジンの信頼性。

Impengine

以前所有のGRBはアライモータースポーツさんで現車合わせにて、ベアリングターボに交換、アライモータースポーツスポーツECU STEP2チューンを行っていました。

マフラーはなんと純正そのままで。

実車測定で330ps、48kgf・mの出力でした。

このエンジンで、こんなことをしたり

Nozawaturn

こんなこともして

Blog_036

何度もシフトミスをして(エンブレで)9000rpmまで強制的に回してしまったりしてました(汗)

走行3万キロ程度でタービン交換・ECUチューンして、現在新オーナーの下でODO13万キロですが、ノートラブル。

荒く使った(メンテはきちんとやりましたが)チューンドエンジンが10万キロ持ってしまう。

TC380のEJ20チューンもポッと出のチューンでなくアライモータースポーツのラリーフィードバックや私のGRBのような個人車現車合わせチューニング長年の経験からのチューンだと思います。

それに部品の進歩(HKS GTⅢ RSタービン、キャタライザー、マフラー)を取り込んだ結果が今回のTC380のエンジンチューン。

富士スバルさんがディーラー保証で売るという自信は、アライモータースポーツが培ってきた実績があってこそ。

TC380、思い付きでできたカスタマイズカーではありません。長年の群馬地域のクルマ好きの想いの結晶。

« セーフ! | トップページ | 本年もお世話様になりありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« セーフ! | トップページ | 本年もお世話様になりありがとうございました。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29