無料ブログはココログ

« TC380納車前日記 008「エンジン出力曲線」 | トップページ | Chrysler 300S AWD(V6 3.6L)とOutback3.6R Limited。 »

2019年2月 3日 (日)

サンバー旅人は万能車。

サンバー旅人で河原に行ってドローン操縦の練習。
ドローンはDJIのMAVIC Air。500gを切るくらいの中級機。
このあたり冬の河原はほとんど人もいないので安全を確保しながら練習できました。

Smbrdrn

性能的には私の用途「ブログ用写真撮影」にはこれで十分すぎるくらいで、泥沼に嵌らずに済みそうです。

Smbrisd

サンバー旅人の床高さは立って作業するにはぴったりで、ドローン基地?としても一級品。

4WDのため深い砂利道も確実に走行でき、サブバッテリーからはドローンのバッテリー充電も可能。

軽キャンパーなので、充電中や天候待ちで車内で寝ることもできます(笑)

この車のおかげで他はスポーツタイプの車だけでも暮らせます。

Smbrsnst

サンバー旅人、雪中キャンプからタイヤ・荷物運び、ドローン基地まで本当の万能車。

しかも8000rpm近くまで楽々回るスチール薄肉鋳造660cc4気筒スーパーチャージャーエンジンに5MTは極めてスポーティーなフィーリング。

燃費は現行レガシィB4に完敗しますが、(B4が良すぎます・・・)、今時珍しい40Lのガソリンタンクで実用上の航続距離は十分。

スバルの車って古いものは古いものの良さがあって、それぞれが個性的。

その時々の開発に、その世代の方々の全力が注がれた車たち。

スバルって、やっぱり良いです。

« TC380納車前日記 008「エンジン出力曲線」 | トップページ | Chrysler 300S AWD(V6 3.6L)とOutback3.6R Limited。 »

コメント

STELLA55さん、こんばんは。

このブログで何度か読ませていただいているサンバー旅人、変わらず活躍なんですね。

ドローンの基地としてはホント、最適と思います。(笑)

それにしてもこんなスペックの軽自動車があったこと自体がすごいですね。

タクシー仕様のY31などは雨で濡れた下り坂をバックで上がろうとしてもなかなかトラクションがかからず上がれないことがあります。

RRレイアウトは荷物を積むクルマが空荷の際のことを考えると誠に理に適っていると思います。

B4の燃費は相変わらず良いです。

先日1日半で1,117km走った際に入れたガソリンは82.47L、燃費は13.54km/Lでした。

昨年一年間は近所ばかりでほとんど高速には乗らない状況でしたから、オドメーター27,000kmあまりの走行での平均燃費10.44km/Lは十分好燃費だと思います。

B4はこれ一台で私とうちの家族がクルマを使う際のすべての要求を満足してくれています。

スバルは良いクルマを造ってくれたものだと感謝しております。

MABEさん

日本の軽箱バンはアメリカのピックアップトラックのようなものだと改めて感じました。
ジーンズのように気軽にバンバン何にでも使えて。

特にサンバーは、これほどお金のかかった(逆に言えばスバルにとって利益がなかった)車は珍しいと思います。4独のリアサスは鋳鉄一体の切削加工・・・。

高速燃費は12km/Lで完敗、チョイノリ燃費も11km/Lなのでほとんど一緒。

2.5LのB4の効率の良さ、本当に驚きます。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンバー旅人は万能車。:

« TC380納車前日記 008「エンジン出力曲線」 | トップページ | Chrysler 300S AWD(V6 3.6L)とOutback3.6R Limited。 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29