無料ブログはココログ

« 全然違う。TC380とS207。 | トップページ | TC380 1000km。 »

2019年2月19日 (火)

TC380 バックシートインプレッションと驚愕燃費。

今日は出張でした。
WRX/BRZヘビーユーザーの同僚に運転をお願い。4000rpm縛りで。
WRX STIを知り尽くしたその運転はとってもスムーズ。

Tc380bkst

バックシートインプレッションです。

シート・・・やはりセダンのシートは良いです。ちょっと包まれ感があって快適。

乗り心地・・・なんとレガシィB4と同じような感じでスポーツタイプの車を乗り継いできた人々には極めて快適だと思います。

WRX STI標準車のカヤバダンパー、ダンロップスポーツマックス18inchと鋳物ホイールの組み合わせだとビル足のWRX STI typeSより良いかもしれない・・・。

騒音・・・最初はHKSマフラーの音が大きめか・・・と思いましたが、快適なエンジンノートでしかも室内には全く籠らず。これは凄い。音がきれいに抜けていく

前席との話も普通にできます・・・。

しかもちょうど時速100km付近で本当に静かになるポイントがある・・・偶然か作りこまれたものかはわかりませんが、そのレベルでチューニングされているとすれば凄まじいノウハウです。

会社に戻った時の燃費・・・233km走って10.7km/L!!!燃費計は結構信頼できます。

チューニングカーですよ、380馬力ですよ。いくらドライバーが上手いといってもガソリン垂れ流しチューニングでは不可能な燃費。

Tc380107

TC380、Sモードでは低速から厚いトルクで簡単に車速が上がります。結果低回転で十分な加速が可能でそのためか。

Tc380nght

TC380、バックシートでのネガは私にはありませんでした。まあずっと柔らかい車に乗ってきた方には不評かもしれませんが、少なくともレガシィで慣れた人には全く問題なし。

TC380、馴らし中でこの実力。

MABEさんのコメントのように、本当の「羊の皮を被った狼」かも。

この車、もしかしたら全くいじらずこのままで乗る可能性大のような気がしてきました。

WRX STI標準車のもつ実力がチューンドエンジンによってさらに輝きだしている。

それほど完成度が高い。

富士スバルさんが限定50台とはいえ、ディーラー保証を付けて販売に踏み切った理由がわかります。

この車は雑誌の表紙を飾るためのチューニングカーでなく、アライモータースポーツの魂のこもった、これからのWRX STIの方向性を指し示す車であると。

またこのチューニングに耐えるエンジン・基本ボディ・サスを作り上げてきたスバルの長年の研鑚はすさまじいものがあると感じました。

ガンバレ、スバル。

« 全然違う。TC380とS207。 | トップページ | TC380 1000km。 »

コメント

STELLA55さん
いよいよ納車されたのですね。おめでとうございます。後席に乗って確かめられるとは流石です。TC380、タービンの感じはいかがでしょうか。後世に残る傑作名機になること間違いなしのようですね。

HAZさん

三菱重工エンジン&ターボーチャージャー製、HKSさんいうところの「CARA]凄まじい使いやすさと性能です。
低速からフワーと自然にトルクが上がります・・・。
まだ全開の実力は経験していませんが、凄いのだろうなぁ・・・。

TC380、売り買いの対象になるかはわかりませんが、車好きには最高の一台だと思います。

STELLA55さん
インプレありがとうございます。独バイエルンの有名な自動車メーカーもお得意様と聞きます。モジュール化が進む中、コア以外は内製化にこだわる時代ではなくなりました。TDタービンはHKSさんは昔から採用されているようです。

STELLA55さん、HAZさん、こんばんは。

TC380のバックシートのインプレッション興味深く拝見しました。

実は妻が以前はクルマに強かったのですが、ホンダセイバー、インスパイアの頃は結構酔うようになっていました。

いわゆる米国風の味付けの乗り心地が妻には合わなかったんだと思います。

ところがB4に変えてからはまた全然酔わなくなりとても気に入っているんですね。

仕事で乗るアルファードやクラウンと比較してもB4の乗り心地は確かに相当スポーツ志向ではあるのですが、乗り物酔いをする人にはB4の方がよほど良いのではと思います。

スバルのひとつの美点ではないでしょうか。

早いもので来週日曜から神奈川スバルさんで車検です。

スタッドレスは気候が不安定なのでもうちょっとそのままでと思っております。

HAZさん

タービン、凄いですねェ・・・。
コア部分を内製できる(している)事実が技術の正しい選択と集中が行われたということだと思います。

私も見習わないと・・・。

MABEさん

私もフレーム時代のクラウンでまだ小さかった子供たちと遠出してえらい目にあいました(汗)

水平対向エンジンのスバル車、三半規管に優しい?揺れ具合のような気がします。

もう車検ですか、B4これからが本来の性能が出る時期かもしれませんね。

今日は群馬の山間部ではいきなり雪が降りだし、サマータイヤのTC380はUターンでした(汗)


STELLA55さん、こんばんは。

昔は私もよくクルマ酔いしました。

幼稚園の頃は迎えのバスを見ただけで気分が悪くなり、もうお手上げでありました。(笑)

ところで今日は親戚の四十九日に参列しましたが、駐車場で会ったいとこがXVに乗っていました。

彼は米国生活が長かったのでこれまでずっと日本でも米国製SUVに乗っていました。

聞きましたら「もう安全なアイサイト付きにしなさい」と娘さんに言われたので先月買ったとのことでした。

当人ではなく周りにアイサイトを薦められてスバル車にスイッチするという例は元上司に続いて二人目で、アイサイト=安全という方程式は順調に浸透しつつありますね。

素晴らしいことだと思います。

先ほどはこんな記事を見つけて読んでおりました。

https://bestcarweb.jp/feature/column/58054

これでは他社はとても追いつけないなと改めて感心しました。

スバルってすごいです。

MABEさん

記事ご紹介ありがとうございました。

私は今でもバスに乗る時は緊張します・・・。
最近のバスは良くなってきたのでだんだん薄れては来ていますが(汗)

ご家族の勧めでアイサイト、二台目ですか!
私も義父と母に無理やり?薦めてしまいましたが、今では家族全員が良かったと言ってくれています。

スバルはアイサイトもAWDも真面目に走って検証している社風があるのだと思います。
それはやはり理論上構築されたシステムに比較して絶対性能もそうですが人間の感性に合うところがあると思います。

ある人が「スバルは日本車じゃないや、群馬車だ。」と良い意味で言ってくれましたが、コツコツとやる雰囲気があるのでしょうか。

「グンマー」まだ間面白いです(汗)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TC380 バックシートインプレッションと驚愕燃費。:

« 全然違う。TC380とS207。 | トップページ | TC380 1000km。 »

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31